Tea's room あっと Japan


メキシコと日本の暮らし
by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:こども ( 66 ) タグの人気記事

イギリスのガーデニング

先日、テレビでイギリスの『イエロー・ブック』の
選考ドキュメント番組をしていました。

『イエロー・ブック』は、イギリスの個人の素晴らしい庭を紹介した雑誌。
The National Gardens Scheme(NGS)という団体が発行。
3700軒くらいの素敵なお庭の場所・特徴から見頃の時期、
一般公開の日時まで網羅しているそうです。

イギリスにガーデニング旅行なさる人には、必携の1冊ですね。
ツアーで回るのも効率的でしょうが…。


そこで、ふと思い出した話。

十数年前、
イギリスで働いていた弟夫婦に赤ちゃんが生まれ、家族で会いに行きました。

赤ちゃんは病院で生んで、翌日には退院。
そのかわりに、退院の翌日から毎日自宅まで保健師さんが来てくださり、
育児のお手伝いやアドバイスをされるそうです。

(今もそうなのかしら?)

弟たちはロンドン郊外にタウンハウスを購入して
住んでいました。
二軒長屋というのか、屋根だけをお隣と共有。
部屋と庭は完全に別々。
左右対称の2世帯住宅みたいでした。

「まだ新しいんだ。築30年(うろ覚え)くらいかな?」
と言ってました。
旅行雑誌に出てくるような、綺麗な小さい村のほんとに可愛い家でした。

お庭は、バックヤードというのかな?建物の裏。
「忙しいから、芝を張っただけ。」の庭でした。
冬が厳しいので、耐寒性のある芝をストライプに張っていました。

「めんどくさい人は、枯れた芝に緑のペンキを塗ってごまかしてる。」

「えー!イギリスでもガーデニング嫌いな人いるの?」

「いるよ! お隣さんち見てごらんよ。」

お隣さんは中年男性の一人暮らし。
シテイで働くバンカー(だったっけ?)。
見事に何もない庭の中央に、造花のユリがグサッと1本挿してある。

その横には、もう一本かざぐるまが挿してあり、
ときおりカラカラと回る。

・・・。

近所のガーデニング好きから、
「庭がさびしいから、なにか植えろ。」
と言われたんだって。
「そんなの俺の自由だ!」って、怒ったらしく
弟曰く
「あれは抵抗のユリ。」

うーん(-_-;)

その後、弟一家は日本に帰ってきた。
家は買った時より高く売れたみたい。

あのとき生まれた赤ちゃんは、もう高校生。
ニユージーランドに留学中。
夏のニユージーで、元気にサッカーボール蹴っているみたいです。



イギリスのガーデニングのタイトルに期待しておられた皆様、
すみません。
このブログはちょっとヘンなんです。


旅行中は時差にやられ
バッキンガム宮殿で、お馬さんが糞をポトポト落として行進。
小3の長男が
「ここはバッフンガム宮殿だね。」
と言ったことくらいしか覚えていません。




by Taseirap | 2016-02-15 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

ひとり暮らしビギナーズ講座(朝食2)

ひとり暮らしをスムーズに。
朝ごはんの第二弾。
(お昼は、お外で食べてね。夜ごはんは自分で考えて。)


『簡単なのは~? 楽なのは~?』
と、考えて・・・ありました!
大学一年生のころの my breakfast。
コーンフレーク! 牛乳さえかければすぐに食べられる。

外国風にオートミールを買って、コトコト炊いても良いですが、
しないでしょ?

今はいろいろな種類もあって、選べる選べる。
うれしい。

c0325278_15361999.jpg
地産地消の牛乳も一緒に


今回のチョイスはフルーツグラノラ。
”おいしさそのまま脂質は50%カット”。
2倍食べられる。(←違うゾ)

鉄と食物繊維、6種類のビタミン(B1・2・6、E、葉酸、ナイアシン)入り。

ヨーグルトやバナナも朝食に便利です。
(ヨーグルトは、夜のご飯の時に食べた方が腸には良いそうですが…。)

でも、あるデータによると
朝ごはんにシリアルやヨーグルトを食べると
太りやすい・・・らしい(?)

おなかもちは良いから、学生さんやお昼ご飯が
遅めのひとにおすすめね。

c0325278_15380241.jpg
とても簡単 朝ごはん ( 〃▽〃)



あと、わが家の人気者は『エッグベーカー』。
http://www.hibinokurashi.com/jp/item/342

c0325278_15395136.jpg
黄色が可愛い



島根県、湯町釜。
三代目 福間琇士さん、四代目 庸介さんの作品。

わが家には、家族分の大2、小2あります。
よく作ったのは、下にベーコンをひいた目玉焼き。
蓋付きなのでほどよく蒸せて、良い感じ。

c0325278_15412160.jpg
シンプルに塩と黒こしょうで


ガスで直火で加熱。半熟から固めまで自由です。


島根。
大好きなところ。
力のある温泉と個性的な窯元。
行きたいけれど、うちの車は冬用タイヤではないので
今は行けません。

雪が溶けたら、また遊びに行きたいな~。

本屋さんでときどき見かける『島根本』。
(正式名称は『島根自虐伝』。)

「いいえ、砂丘はありません。」

「人口は70万。神様は八百万(やおよろず)。」

「県のスローガンが『リメンバーしまね』・・・すでに後ろ向き。」

「島根は日本の領土です。」

めちゃくちゃインパクトのあるネガティブな感じがとても良い。







More
by Taseirap | 2016-02-10 07:30 | 独り暮らしビギナーズ講座 | Comments(0)

旅の目的

ずいぶん前の話になりますが、息子たちが高校生のころ
二人で東京に旅行したことがあります。

地方に住んでいると、首都圏の大学を受けるときに
『受験の日に初めて見る』というケースもありがち。
そうなると、ムダに緊張してしまうので、
受験にまだ余裕のある時期に見学がてら遊びに行ったりするのですよ。
(アウェイ受験対策のひとつ。)


最近では私学は地方受験会場を設けてくれたり、センター試験の併用も
できます。ありがたいことです。

地方に住んでいると、就活もそうですが、旅費や宿泊費など まま
結構な出費です。


さて、息子と東京旅行。
当初の目的はつい忘れ、遊んでしまいました。
反抗期の息子たちです。
母親が嬉しがれば、なぜか険悪な表情に。


長男の時は
『いまは分からなくても、大人になったら何かに気が付く。』
と、信じて冷たい視線に耐えました。

次男の時は、本人に東京に進学する気が全くなかったせいか
概ね友好的。

「月島にもんじゃ食べに行く?」
「おう!」

話が早い。
「なぜ?」とか聞かない。

もんじゃ焼きのお店で、隣のテーブルのお姉さんたちが
「彼氏と別れる。別れない。」
という話を始め、次男と二人 耳をダンボにして聞きました。


店を出て、
「母さん、都会じゃね。」

「うんうん!」

と言ったものの、よく考えたらどこにでもある話でした。


先日お会いした友人は、ご家族との東京旅行は

築地 (これはわかる)
読売新聞本社前 (駅伝のゴール)
箱根 (これも駅伝のカラミ)
月島 (小説に出てきたところで佇む)

などなど、とても個性的。

我が家は食事をメインに計画してしまうので、たまに
「旅行中の食事はいつもの『牛角』か、『和民』。」
という猛者に会うと驚きます。


BSの吉田類の『居酒屋放浪記』をこよなく愛する夫は、
放浪したいみたいです。

長男の下宿の近くの居酒屋もテレビで紹介されていましたが、
そこに行く勇気はまだないようで、商店街の中津からあげを
喜んで食べていました。

ん? 中津からあげ?

大分県じゃん。





by Taseirap | 2016-01-26 07:30 | 日本の旅 | Comments(0)

高分子ポリマーシート

旅好きな友人と話していて、

「変な話するけど、ごめんなさい。

あのね、旅行するとすごく歩くでしょ。
足にあった靴でも疲れるわよね。
でね、娘が教えてくれたの。
生理用のナプキンを靴底に貼ると、足が疲れないよ。」

「△○×♪¥%★◎」

「剥がすときに、中敷きまではがさないように気をつけて。」

「それは・・・夜用?」

「あまり分厚すぎてもダメ。普通の昼用かな。」


砂漠の緑化活動に紙おむつを使う、とか
アメフトやラグビーの選手が、ヘルメットの汗止めに
女性用のナプキンを使う は、聞いたことがあるけれど。

モノを決められた用途にしか使えない、頭の固い私。
びっくりしましたよ。

インターネットで調べたら、汗止めシート売ってた。
3枚で100円。

高い。

そりゃあ、生理用の転用に軍配上がるわ。


「靴の中って、汗もかくし蒸れるよね。
お父さんたちも使ったら良いのに。」



ううう。

どなたか商品開発してくださったら良いのに。

靴の中用の高分子ポリマーシート(?)。
色は黒か、ベージュで。

男性だけでなく、女性に流行中のブーツにしろ、ハイヒールにしろ
スニーカーでさえ、脱いだら強烈よ。


でも、一番強烈な匂いは 幼稚園児&保育園児世代。

車の後部座席で靴を脱がれると、運転手瞬刹。



by Taseirap | 2016-01-21 07:30 | 日々の暮らし | Comments(4)

大宰府天満宮

暮れに、九州 福岡の大宰府天満宮に
行って参りました。

菅原道真公をお祀りする学問の神様。

c0325278_18442064.jpg

参道から三本の鳥居が見えます。
(自撮りしておられる外国の人の真似。)

参道はアジアの言葉が飛び交います。
昔から九州は韓国や中国からのお客さまが多いところ。
団体旅行も見かけます。

と、お店の人から
「いらっしゃいませ、オモニ。」

私は先祖代々日本のいなか育ちです。国際性ゼロ。
どうしていつも… (-_-;)


c0325278_18452596.jpg
大宰府さん



向かって右に"東風吹かば"の『飛梅』。

c0325278_15494077.jpg



今年、受験なさるこどもさん。
受験だけでなく、試練を受けるご予定の皆さま。

きっと大丈夫。

毎日のひたむきな努力は、幸せな結果につながりますよ。
自分を信じてがんばって。

我が家にも、お正月もないような年がいままで結構ありました。
でも、遅れてでも春は来ました。

(あるいは、多少の温みを春だ!と思い、ヨシとしました。)


天満宮の上には飛行機雲。
自分の目指すところに向かって、一直線に飛んでいました。



by Taseirap | 2016-01-02 07:30 | こどもたち | Comments(0)

これからの家庭の在り方

『夫婦別姓』が問題提起されて久しい今日この頃。
実は、『夫婦別世帯』というのも、普通にあるそうですね。
結婚して、同じ家に住んでも”世帯主はふたり”。

そもそも『世帯合併』とは、
『住民票の上で、1つの住所に2世帯があった場合に、
その2つの世帯を1つの世帯にする手続きのこと』だそうです。

それをしない(=夫婦別世帯)。

例えば、昔なら
結婚したらほとんどの場合、奥さんが旦那さんの世帯に入る。
世帯主はご主人。
奥さんやこどもは”世帯員”となります。(=世帯合併)

なんだか 戸籍とごっちゃになりそうですが、
戸籍ではなく住民票の問題なのね。

例えば、同棲をしていた二人の場合は
住民票上は同一の住所に、1人世帯が2つある状態です。
同居人の関係ね。

そして、めでたくご結婚された場合、まずは
住所地の役所に『婚姻届』を提出。
そして『世帯合併の手続き』もあわせてする、
もしくは しない。

結婚したんだから、
役所で自動的に何かしてくれそうなものだけれど、
『あー。この人たち結婚したのね。ハイよ!』
と、自動的に世帯を一つにはしないそうです。

理由は、実態と異なった時にいろいろな問題が起きることもあるから。

問題?
いったいどうなるのか?

たとえば、同じにすると
選挙の案内は世帯主宛に1通だけくる。
(だから、別居婚の場合とても不便。)

国民健康保険や国民年金などに入っていた場合、
世帯合計の収入に応じて保険料が決まるので、
どちらかの収入が下がったら 損をする場合もある。

ふうむ。
分かるような 分からないような。


30年前は、家庭科の時間に
『家庭は、社会の最小の”経済単位”である。』
『同じ家に住むものは、みなで協力して家庭を営まねばならない。』
『夫婦の収入はそれを合わせて、家庭を運営する。』
『祖父母や子どもも同居していれば、同じ経済単位。
 家族は相互に扶助しあう。』
などなど習いました。

今は、どのように習うのでしょうか?

若いお嬢さんをおもちのあるお金持さんは、
「いまの時代の結婚はね、
婚姻前の財産は個人のものだから、まずそこははっきりするのよ。
そして、お互いに健康である証明も準備。
結婚後は、それぞれのお給料はそれぞれで管理。
例えば、あなたは家賃と光熱費。わたしは食費と雑費。
で、いくらずつ出すと決めて、お給料の金額で出せるお金は変わるから
その分、”家事は多めに負担する”とか、決めるの。」

「こどもができたらどうするの?」
「もちろん、また負担率を話し合うんじゃないの?」
「病気になったり、会社をクビになったら?」
「結婚前の貯金から出すように言われることもあるみたい。」

「・・・。結婚という名のM&A。」


西欧の同棲カップルのようですね。
お二人が仲良く納得しているのなら、外野の出る幕ではありませんが。

お給料から自分の負担分をひいたら、残りは自由。
うれしいような気もします。

でも、うちの息子なんてムダ遣い大魔王だから
将来 さて家を買おうとしたときに、
「さあ、あなたの貯金から500万だして。私も出すわ。」
なんて言われても、
「え?ぼく1円も貯金ないよ。」
とか言いそう・・・。

こどもが大学にいく時など、一度にたくさんお金も必要ですが、
それも相談して決めるのかしら?
『夫婦の共通の積み立て金』とかするのかな。
離婚するときはそれを分けるのかしら。

なかなかシビア。


c0325278_15170349.jpg
なでしこ








More
by Taseirap | 2015-12-27 07:30 | 日本からの便り | Comments(4)

年末大掃除

お掃除。
楽しい時もあるけれど、原則 面倒です。
(あ、いけない。こんなクロいことを書いては…。皆さまは、違うはず。)

こどものころは、大みそかは大忙し。
畳をあげ、障子を張り替え。
子ども達も張り切ってお手伝い。
日が暮れて、NHKの紅白がはじまる頃には、
あちこちピカピカになって(なった気がして)いました。

でも、テレビでしていましたが
”シニア世代の大掃除は、何日かに分けて行う。完璧を目指さない。”
ことが、大切だそうです。

ところで、シニア世代って、何歳から?
A.65歳。
フィギュアスケートでは、シニアは15-18歳overだから、迷ってしまった。

(と、どうしてこんなに脱線するかなー?集中力がないのよね。)

さて、大掃除。
万人がイメージするのは、換気扇と風呂掃除。

でも、換気扇掃除は、夏にするのがベスト。
油汚れが自然と垂れてくるので、とても簡単にできるそうです。
お風呂掃除も、冬場にすると風邪をひきます。

これからは、夏場の大掃除=換気扇、お風呂
冬場の大掃除=その他
と分けて考えましょうか?

窓ガラス、玄関の下駄箱、ベランダ、お庭、物置。
カーテン洗い、お布団類。
押入れ、衣類の片づけ。不要な書籍、書類の整理。

これに、親の家・子の家まで入れたら、命あってお正月を迎えることが奇跡。

昨今は、お歳暮として、お掃除屋さんに『親の家の片づけ&掃除』を贈る人も
増えているそうです。親孝行ね。

さてさて、お家は片づけやすい・掃除しやすい状態に普段からすることが
大切だそうです。

日常の雑貨は適材適所に。
家族みんなでお片付けのルールを決めてね。
できれば、定期的に要・不要の分別をして、不用品はさっさと捨てる。
(人には言える。)

パッと見が少しすっきりしたら、それだけでも達成感がでます。
一番じゃまなのは、ゴミと埃と汚れなので、ふつうの掃除だけでもかなりのデドックス。

また、広い面積を占めるところ(テーブルの上)が何もないと、
それだけで
「あら♪片付いたお家ですわね~。」

(自分とお客様をだましているわけです。)


海外駐在から帰り、
「どんなに新しく見えても、2年は経過しているのよ。」
と、自分に言い聞かせ、せっせと捨てた時もあったけれど、
すっかり中だるみ。

だってね、
シニア世代の人が、救急搬送されるのが多い月はいつだと思われますか?
夏?脱水で?
違います。12月なんですって。
がんばりすぎは危険なのよ。(いいわけ)

お掃除中に、コードでひっかかる。
床に置いてある箱につまづく。
新聞紙ですっころぶ。
神棚を拭こうと台にのって、転がり落ちる。

お湯のみの茶渋をハイタ―で漂白していて、間違えて飲む。

コントのような出来事が、シニアのお宅では起こっています。

”年寄り笑うな、行く道じゃ”

("こども叱るな、来た道じゃ"
とも言いますが、私はしっかり叱ってほしいです。
いま、叱るタイミングを逃すお母さん多すぎ。
誰の言うこともきかない子どもに育てたら、先で苦労するよ。)


普段は夫婦二人暮らし。
「帰ってこい。」とは言うものの、そこに
帰省する家族の居場所はあるでしょうか?

居心地の良い家は、やっぱりホテルか旅館のような家。
とりちらかった生活感、がない。
お掃除が行きとどき清潔。
整理整頓されて安全。
自分(お客)の居場所がある。自由がある。

などなど、分かってはいるけれど
掃除するそばから、散らかる気もする。

そして、突然オーブン電子レンジが動かなくなる。
年の暮れのこの時期に!

ーどうしよう?

電子レンジなしの生活をしばらく送るものの、
やはり不便。

え~ん。
お金だけがすっきりと片づけられていく~。

貯金を断舎離?

悲しすぎる。





by Taseirap | 2015-12-16 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

喜怒哀楽

昨夜のNHK杯、男子の羽生結弦選手すごかったですね。
『なんかいいもの見た~。』
美しい夢のようなスケーティングでした。
自分でも
「血のにじむような練習をしてきた。」と言われていました。

目標に向かってひたむきに進む力は、ヒトのどこから生まれてくるのか?


生まれたばかりの赤ちゃんは、『快』と『不快』の2つの感情しかない
と、聞いたことがあります。

成長するにつれて、もっと複雑な感情が育ち、大人になります。

感情というと、大きく言えば喜怒哀楽。
喜怒哀楽ももっと細分化できるはずですが、忘れてしまいました。



人間は自分の感じた気持ちを、生きるエネルギーに変えて、日々を生きています。

"喜びを生きる力に変える!" 
これはものすごく実感できますね。
同様に、"楽しさを生きる力に"。
これも、その通り。

悲しさはどうでしょう?
悲しいと、力が抜けちゃうよね。
『さすがに、これはちょっと無理かな~?』と思います。
でも、なかには悲劇のヒロインを嬉々として演じてしまう人もいなくもない。
ということは アリ?

最後は、怒り。
実は、好むと好まざるとにかかわらず、怒りをエネルギー源にしている人、
います! 
あなたのまわりにもいませんか?

これもひとつの体質なのかもしれません。
不正に怒り、人を憎み(?)
良いケース『こんなことで負けるものか!』
いまいちのケース『あいつ不幸にしてやる!』

怒りはすごいエネルギー。
上手く使えば相当な仕事量。


ところで、
私は今でも未熟な人間ですが、
実際にもっと未熟なこどもの頃、
家族や友人とケンカして無性に腹が立ったとき、
決まってお腹が痛くなりました。

おそらく、自律神経かなにかが過度に震えて、腹痛になったのでしょう。

そんな私に、賢い方の祖母が
「人を呪わば穴ふたつ。きれいな心で生きないといけませんよ。」
と、いつも呪文のように言っておりました。

もう少し腸が丈夫なら、俄然立派なファイターになれたはずですが、
腹痛に苦しむうちに
『怒りをエネルギーに変えるのは、私には難しい。』
と、諦めました。残念です。


もしも、自分が今まだ子どもで、学校に行っていたら
上手くやれていただろうか?と、時々思います。

はっきり自己主張するクラスメイトたち。
勉強も運動もできず、顔も可愛くもなく・・・。
負けるものか、とも思えず。
学校カーストの最下位に置かれて、どうやって生きていたかしら?


やっぱり、たとえ少なくても、生活の中の喜びや楽しみを、
生きるエネルギーに変えていたことでしょう。

自分がどのタイプの人間なのか、よく考えて
別人に生まれ変わろうとせず、良いところを伸ばすしか道はないですね。


もしも、貴方がとても負けず嫌いのファイターだったら、
どうぞ元気に突っ走って下さいね。

ただ、時々周囲を見渡して、うっかり誰かを傷つけていないか
気をつけて下さいね。

かく言う私も、愚かで人を傷つけたことはいっぱいあります。
人と付き合うのは怖いことですが、人のそばでないと得られない幸せもあります。

若い人には、なんとか がんばってほしいですよ。


でも、ムリして大事な心を傷つけないでほしいですよ。
たとえば学校とか、職場とか、家庭とかでね。




by Taseirap | 2015-11-29 07:30 | Comments(0)

講演会に行きましたよ

広島、初雪です。
山にうっすらと白いベールがおりているので、夜半からでしょう。
ずっと
「今年はいつまでも暖かい。」
と言われていましたが、ついに冬が来ましたか・・・。


お友達のご厚意で講演会に行ってきました。

c0325278_11454560.jpg
フェニックスホールにて

c0325278_11470414.jpg
となりの平和資料館は足回りを工事中(?)


演題は『学び続ける力』。

いくつになっても、学びたいことができたときが始めるとき。
知的好奇心は精神の若さ。
こどもや孫に勉強させたい人は、
「勉強しろ。」
と言葉でいうのではなく、自分がする姿を見せなさい。

長男が中1の時、担任の先生に
「どうしたら家庭で学習する子になるでしょうか?」
とお尋ねしたら
「勉強を教えるのではなく、勉強することの大切さを教えてください。」
と仰ってくださったのを思い出しました。

ところで、池上彰さん。
上の演題に関することを述べられたのは最後の10分くらい。
その前は、勝手にタイトルをつけさせていただくなら
”情報伝達技術の発達(メディア)と歴史”。

もちろん、とても面白かったです。
詳しく話すと、何日もかかるので、周辺のことを

Q.「ヨーロッパEUへのアフリカや中東からの難民が、この夏以降激増した。」
は、よくニュースで伝えられるけれど、なぜこの夏が契機になったのか?

A.スマートフォンが100%普及したから。

Q.電池の消耗が激しいスマートフォン、難民たちは充電はどうしているのか?
A.沿線地域の住民が、ボランティアでスマホの充電ステーションを作ってあげている。

Q.電話の通信料は?
A.プリペイド式で払っている。

ニュースのそばの伝わらないニュースがとても面白く、
視聴者の側は、文章の行間を読むように
ニュースの側面なり裏側なりを察する力もいるかもしれないと思いました。

現在、東京工大で講義を持っておられる池上さん。
初年度は、260名の定員に900名を超える申し込みがあったそうですが、
単位認定の合格点60点に満たない学生をD判定にしたら4割も落っこちちゃって
年々希望学生が減少したそうです。

理系の学生は、どちらかというと国語が苦手で
実験結果(真実)を端的に表現する訓練ばかりをしているので、
有象無象の魑魅魍魎が跳梁跋扈しているような現代社会から、
これだ!というルールを見つけ出し、
他人が納得するように説明するのは、大変難しいことでしょう。

同じく理系のうちの息子なら
「説明するのはムズいです。ムリぽ。ギブ。」
かな?
ことばの貧困さに母は泣いております。
ラインの返事は、既読スルーか「わかった。」

試験の解答が
「とてもよくわかった。」じゃ、D判定ですよね。


c0325278_11451310.jpg
雨の広島

c0325278_11481954.jpg
街はクリスマスです







More
by Taseirap | 2015-11-27 07:30 | Comments(2)

ことばの危機

「あれとって、あれ。」
「あれじゃ分からん。」
「それよ。」

とか。

「メキシコのスープ、美味しかったな。」
「なんだったけ?」
「・・・。」
「ソパだっけ?」
「違う。それはスペイン語に替えただけだ。」

しばらくして
「ポソレよ!」
「ああー。」
「グアダラハラのあのお店美味しかったね。」
「おお、ばあさんが鳥をむしってた。」
「(もうちょっと言い方ないんかい。)名前なんだっけ?」
「・・・」

しばらくして
「ラ・チャタだ!」

何もかも、頭から出にくくなった。



祖母はいつも
「まあ、こないしてもろうて、ほんま あんさん"いたせりつくれり"でんな~。」
何か作ってました。

主人の母は、ドライブスルーをいつもシースルーと言います。



息子の幼馴染みの可愛いナナちゃん。幼稚園の頃に、
「ナナちゃんは動物は何がすき?」
ときいたら
「う~ん。コブラ!」

えらいきっついなー、と思いお母さんに聞いたら
「あれねえ、間違えて覚えてるんよ。コアラなのよ。可愛いから直さないの。」
あー、そうなんだ。

「ねえ、ナナちゃん。コブラの(^_^)どこがすきなの?」
「お腹で貝を割るところ。」
「貝???」

ラッコでした。

ラッコ→コアラ→コブラ?
それとも、コブラ→コアラ→ラッコ?

ナナちゃん、どの道を通ったの?


ナナちゃんは高校生のときも。
学校に政治家がきたそうで、
「お母さん、○○さんは偉いのね。そばでスパイが補聴器つけてた。」

SPがインカムつけてたのね。

耳の遠いスパイ。
・・・がんばってる感があって、心が温まるね。映画ができそう。


ナナちゃんは、本当は賢いお嬢さん。
そして今ではお母さん。
赤ちゃんになにを教えているのかしら?

お母さんもおばちゃんたちも、あんまり可愛いから間違えていても
笑うばかりで直してあげなかったね。


でも、最近は立場逆転で、直してもらえないわね~( ;∀;)


by Taseirap | 2015-11-26 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧