Tea's room あっと Japan

メキシコと日本の暮らし
タグ:ホテル ( 29 ) タグの人気記事
縁結びの旅 宿の晩御飯
さて、お楽しみの晩御飯。


c0325278_13481319.jpg
先付け

鮪の燻製 好きかも… ( 〃▽〃)


c0325278_13483625.jpg
お造り

さすがのモチモチ感


c0325278_13490042.jpg
炊き合わせ


c0325278_13491740.jpg
松葉がには、かに酢で


c0325278_13502419.jpg
鍋物 鰻と冬野菜

牛蒡が面白い食感。


c0325278_13504980.jpg
これはすごく面白い一品
雑穀麺(トマト風味)

今まで食べたことのない味は、嬉しい



c0325278_13515013.jpg
島根牛


c0325278_13522616.jpg
鯛茶漬け


c0325278_13555654.jpg
デザート 



お腹がいっぱい どころか、3倍。


朝ごはんも、卓上コンロで干しカレイが焼けたり、
品数も多く、素晴らしい。

(飲み物は、ちょっとお値段張りすぎの気がしますが…。)

大満足です。


玉造温泉には、人気の星野リゾート『界 出雲』もあります。

旅館やホテルが多いので、選択によって
様々な表情が楽しめそうです。


by Taseirap | 2016-12-26 07:30 | 島根県 | Comments(0)
R・マーティン 婚約おめでとう
R・マーティンが結婚するらしい。
(日本では、郷ひろみがカバーした♪アチチ♪が有名。)
同性婚だそう。

なんだ、そうだったのか。

(CDをかけた時の、メキシコの若い人の
あの微妙な反応は、もしや それ由来?)

クィーンと一緒に世界ツアーをしている、
ボーカルのアダムもそうだって。
なんとなくそんな感じね。
男性にも女性にも、好かれそうよ。

生物学的に、一定の%は必ず生まれるそうだし、
個人の問題だから 別に他人が言う事ではない。


ふと思い出したのは、
メキシコでお世話になった優しい先輩ご夫婦。

どこやらに旅をされた際に、
「とても居心地の良い隠れ家ホテル」
「また行きたい!」
「最高だ。」
と、やたらと評判が良いから、そこを予約。

普通の民家に見えるくらい
街並みに溶け込んでいてるホテル。

探すのに一苦労。

ナビは何度も『ここだ!』と言うから、
こわごわ行くと、正解。

部屋に通されたら、なんだか
めちゃくちゃロマンチック。
・・・なような、なんだか違う?

後で分かったそうです。
ここはゲイの宿。
お忍び(?)の宿。
ラブラブなカップルだらけ。

メキシコは、カソリックだから風当たりが
まだ強いみたいで、貴重なお宿。

「ベットサイドにタオルの白島があって、
『あら、可愛い。』
と、持ち上げたら、下に何かあって、
びっくりしたわ~。」

ホテルの人も、びっくりしたのでは?
「帰ってや。」とも言えず。

「まぁ、良い経験よ。お土産話がひとつできた。」

『奧さま!めちゃくちゃ気が合うかも~。』
と、僭越ながら 勝手に思ったけれど、
住まいが遠くて、お近づきになれなかった。

思えば、仲よくなりたい人はたくさんいたのに、
なかなかお友だちにはなれなかった。

残念だったなぁ、メキシコ。

人生は短い。
好きな人には、好きと
・・・言わないまでも、少しは仲よく
してもらえるようにしなくちゃね。

リッキー・マーティンは幸せなのね。
よかったこと。



by Taseirap | 2016-11-20 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)
シェラトングランドホテル広島『雅庭』
懐かしい集まりがあって、広島駅北口(新幹線口)
シェラトングランドホテル7階の
和食の『雅庭』に。

シェラトングランドホテル広島は、少しややこしい造りで
7階のお店に行くには
まずは、6階のロビーまで上がって、
それから別のエレベーターに乗って7階まで。
客室は、さらに上の階。
外国の人が多い印象です。

『雅庭』は、個室を予約してもらったので
遠慮なくお話の花が咲きます。

お楽しみの葉月のお昼のランチ。

c0325278_16414231.jpg
一の膳


"広島サーモンを牡蠣醤油で"など、
地元の食材を生かすメニュー作り。


c0325278_16423009.jpg
二の膳


c0325278_16430247.jpg
さすが綺麗にできています



そして、ご飯。
とろろご飯です。
食事前にアレルギーを聞かれ、
「山芋が…。」
と言ったお友達は、ご飯セット(?)になっていました。

c0325278_16434703.jpg
とろろ美味しい




c0325278_16443331.jpg
しっかり炊いたご飯


デザートは、わらび餅。

c0325278_16454456.jpg
黒蜜たっぷり




夏を満喫する贅沢ランチ。
たまにはね。



広島駅北口は、長く工事中。

c0325278_17120001.jpg

もう少ししたら、アクセスも良くなるはず。

c0325278_17134087.jpg

広島駅の回りは、やたらと工事中が多いです。



それにしても、駅はすごい混雑。

花火大会があったから、浴衣姿の人。
キャリーバックの旅人、
バックパッカー。
カープのユニホームを着たファンの人。
(つい誰のファンか見てしまうわ。)

広島市内のホテルが足りないわけね。






by Taseirap | 2016-08-25 07:30 | Hiroshima | Comments(0)
エナ・チョチョッ (Ena Cocok)
滋賀県の "エナのタルト工房"『Ena Cocok』。
私はこちらのタルトが大好き。

c0325278_10593514.jpg

フルーツタルトは、
サクサクのタルト生地とみずみずしいフルーツの
かけはなれた感を、
しっとりフィリングがどうつなげるか
が、キモだと思う。

日によって多少のあたりはずれがあるけれど、
合格。

なによりも、こちらのタルトは、
上にのっている果物が スゴくおいしい。

c0325278_11372616.jpg


上から、
3種のベリータルト
西洋栗と木の実のモンブラン
蒲萄とサワーチェリーのチーズタルト。

南草津駅近くの『アーバンホテル南草津』の1Fに、
『チョチョッ カフェ』があって、コーヒーといただきます。


『アーバンホテル南草津』は、京都にホテルが取れないとき
利用します。
新快速で京都駅まで15分だから 便利。

c0325278_11484185.jpg
列車が来る 来る!


眺めも!
遠くに琵琶湖も見えます。

c0325278_11500923.jpg
琵琶湖の夕暮れ




☆『エナ・チョチョッ』
滋賀県草津市野路東6丁目1-10
TEL:077-565-7729


☆『アーバンホテル 南草津』
滋賀県草津市南草津1-1-5



by Taseirap | 2016-07-25 07:30 | おいしいもの | Comments(0)
ホテルが取りにくい
日本のホテルの予約が取りにくいです。
特に京阪神と東京。

外国からのツアー客が多くなり、噂では
アジアの旅行社は、同時に三つのホテルにブッキングして
解約金の発生直前に2つをキャンセルする、とか。

主にビジネスホテルが取りにくい。
京都市内に取りたくても、京田辺など
結構なところまで行かなくてはいけません。

(受験時期は大変かも?)

会社にもよりますが、『1泊12000円まで補助』
など規定がありますよね。

私も女性のはしくれですから、豪華なホテルは大好き。
泊まってみたいなー、と思います。

でも、日本のビジネスホテルは綺麗で安全。
その上安い!
充分に満足です。

ただ、そう思うのは万国共通なのでしょう。
いざ、用事のあるときにホテルがない!

いっそ、どこかのホテルの会員になって
予約を取りやすくしようかと思ったりもして…。

雑誌『DIME 』7月号に
『進化するビジネスホテル 20チェーン比較』
があり、なになに?

c0325278_21473484.jpg

うーん。どこが良いかなあ?
探してみよう。

c0325278_21492940.jpg

このなかでは、コンフォートホテルが好きかも。
リッチモンドも良かった。

広島のサンルートは、泊まったことは無いけれど
入っているレストランが好きです。


旬のビジネスホテルの3条件は、
「朝食」「設備」「風呂」だそうです。

そうなんだー。
知らなかった。

気持ち良い展望ぶろ付きなら、疲れも吹っ飛びますね。








by Taseirap | 2016-06-16 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)
愛媛のお味噌
私の大好きな愛媛県内子のB&Bの宿
(内子の町屋別荘こころ)
http://uchi-cocoro.com/cafe.html

出されるお味噌汁は、少し甘めで美味しい。

愛媛に行くたび、
『お味噌買って帰ろう。』
と、思いながらいつも忘れて…。
近所のお店でふと見たら、あった‼
愛媛のお味噌。

c0325278_06555929.jpg


合わせ麹
合わせみそ
色はベージュ

この前まで食べていた『島原みそ』も
なかなかおいしかった。
お味噌で、日本旅行です。

さて、こちらのお味噌は。
あれ?
『こころ』の味とはちょっと違うなぁ。
もっと甘かったはず。
次はいりこ出汁でやってみよっと。


以前、お友だちが
「まぁ、ちょっと食べてみて。」
と、下さったお味噌。

しょっぱい‼

どうした? ってくらい塩を感じる。

「どうだった?」
と、嬉しそうに聞かれたから
「その辺にない、初めてのお味でした。」
と、言ったら
「でしょ!私が作った。この度はうまくいったよ。」

そうだったんだ!
…危なかった。
手前味噌だったわけね。

でも、馴れたら だんだんおいしく感じるから、
日本人の 対みそDNA はすごいです。



by Taseirap | 2016-04-23 07:30 | おいしいもの | Comments(0)
博多の夜
二男と一緒の福岡旅行。
夜は、飲み会です。

一軒目は、念願の『かわ屋』(薬院)。

ここに歩いていくために、泊まるホテルも
『タカクラホテル福岡』。

c0325278_17445559.jpg
節約(?) 親子3人で1部屋


さて、歩いて出発。

c0325278_17312780.jpg
たかが焼き鳥、されど・・・

c0325278_17324387.jpg
まずは、とりかわ10本

鶏皮というと、白くてブヨブヨしたイメージ。
でも、カリカリに焼いたらおいしいですよね。

こちらの「とり皮」は、串に巻いて6日間かけて
7~8回焼くそうです。
だから、パリッとしながらもモチっとしています。

c0325278_17373821.jpg
生ビールでぐいっと


「だれがこの店を知っとったん?」
と、息子。
「お母さんです!テレビで。」
「テレビばっかり見たらダメで。」

むかしと立場が逆転です。

いくつか注文しましたが、お店のお兄さんが
「つぎは、ささみのシギ焼きはどうですか?」

味の変化が楽しめるようです。
「お願いします!」

c0325278_17412924.jpg
わさび醤油がかかっています

c0325278_17420286.jpg
なかはけっこうレアです


家でのご飯は、美味しさも大事ですが
健康が一番大事。
鶏のから揚げも、結構時間かけて揚げる家です。

ほとんど初めてのお味です。

続々と運ばれる焼き鳥。
おいしいです。

大満足して、
「お会計を。」
というと
「ちょっとまってください。」

c0325278_17475415.jpg
〆のスープ


外に出るときに、お店の若い方が
「今日はそと寒いですよ。
コート着てから出たら良いよ。」

息子
「あの人、すげーモテそうな感じ。 
実際、かなりモテるじゃろう。」



愚息は、京都のお寺で紅葉の観覧者へ
チケットを渡して拝観料をいただく
アルバイトをしたらしく
女子と二人組で1日働いたにもかかわらず、
恋も芽生えず。

それどころか、憎しみが芽生えた様子。

「女子は細かいわ、うるさいわ。
10分ごとにお金のチェックしたり、
観光客がドーッと押し寄せたら
『どうして10部ずつチケットまとめて、準備しておかないのっ?』
って怒りだす。
ふたりでやっとるのに、なんで勝手に
リーダーになろうとする?
なんで勝手にルールを決める?」

「お母さんもあなたと働いたらキレるかも・・・。」

「客も客で
『紅葉はどうですか?』
って聞くんよ。
お金払って可哀想だから、正直に
『ほとんど終わりました。』
って言うのに、
『あらそう。』
って入るんよ。」

「入るよ!せっかく そこまで来たんだからっ!」

「じゃあ、聞くなや。
勝手に『どうかな~?』
思いながら入ったらよかろう。
こっちは、落ちたモミジ
くっつけるわけにもいかんのじゃ。」


親にだけ話す与太話だと思いたい。
まさか、本気でバカじゃあるまい。

いろいろ不安な息子。

主人と息子はまだ次の店に行くというが、
私はお腹いっぱい。
「じゃあ二人で軽く行ってくる。11時には帰る。」
と言って、中洲へ。

帰ってこない。

いろいろ不安なふたり連れ。



☆『かわ屋』
福岡県福岡市中央区白金1-15-7 
ダイヤパレス1F
℡:092-522-0739
(予約した方が確実)
営業時間:17時ー24時
年中無休







by Taseirap | 2016-01-07 07:30 | 日本の旅 | Comments(2)
宮津 『旅館 高島屋』
鯖街道をひたすら走ったら、日本海のそばで泊まりたい。
ということで、地理がよく分からないまま宮津に宿を取りました。

宮津 『旅館 高島屋』
http://www.takasimaya.net/

宮津は京都府。
日本三景天橋立の近くです。

『海の近くだからご飯がおいしいかな?』
くらいの淡い期待でお邪魔しました。

c0325278_15375379.jpg
すごい晩御飯

c0325278_15382928.jpg
日本酒の飲み比べ

c0325278_15365925.jpg
翌日のすごい朝ごはん
(メキシコで食べたかった)


お食事も素晴らしかったですが、
こちらのいちばんの売りはマンパワー。

中居さんというか、スタッフさんの会話力が凄い!
宮津の紹介から料理の紹介、スタッフの人間関係までざっくばらんにトークできる。
メキシコに戻ったかと思うくらいのフレンドリーさ。

「梅干しがしっかり辛いね。久しぶりに昔の梅干し食べたよ。」
と、あるお客さんが言うと
「宮津の人は、減塩なんてことば 知らないの。」

お盆が近い時期で、お客さんに聞かれるまえから

「宮津のお盆のお墓参りは3日間毎日行くんですよ。
 よそは違うんですってね。
 ぜんぜん知りませんでしたよ。

 朝5時前からお墓に行って、ついでによそのお墓参りもして
 お墓に名刺置いて帰るんですよ。
 だから自分ところの墓の名刺をみて、次に町で会ったらその人に
 お礼を言うのですよ。
 一瞬も気が抜けませんよ。」

大爆笑。

宮津の暮らしは昔ながらの上品さがあるのですね。


ホテルと旅館は、どう違うのか?
旅館に期待するものは、まずは食事とお風呂ですよね。
それにプラスして”人間力”という新しい魅力も開発できるのだと、
とてもおもしろい気がしました。

会社でもそうですが、個性を殺して型に当てはめていく管理では
人は病みます。
第一、つまらない。

仕事の能力はひたすら研鑽するほかありませんが、
性格の長短の部分については、
ありのままの性格を認め合ってお互いに活かせたら
仕事のストレスは少ないでしょう。
今からの若い人は特に、自分ではないものにはなれない気がします。


海やお庭の見えるお風呂。
全館畳敷きでスリッパの要らない建物。
すっきりと清潔なお部屋ももちろん良かったです。
お花が生花だったのも、心意気を感じました。


☆『旅館 高島屋』
京都府宮津市魚屋1001‐1 
℡ 0772‐22‐2627




by Taseirap | 2015-08-27 07:30 | 京都方面 | Comments(0)
夏の旅とこども
島の旅行で、たくさんのこどもたちを見かけました。

お父さん、お母さん。
おじいちゃん、おばあちゃんがご一緒のときもありますね。
皆さん楽しそうです。

親世代は、普段から若いファミリーの子育てを
応援なさっておいでなのでしょうか?
それとも 旅の間だけ ゆっくり会えるのでしょうか?

おばあちゃんは、うれしそうに赤ちゃんを抱っこしておられました。
可愛いですね。


ホテルのプールから、マライア・キャリーの一番高い音が
聴こえてきたりすると、
『あの音が出せるって、凄いよね。いつまで出るかな?』
と、ふと考えてしまいます。

食事をしているときに、周りのテーブルに家族連れがおられると、
なかなか賑やか。
とても懐かしいです。

赤ちゃんがぐずって泣いたり、こどもが遊び食べして
「ちゃんと食べようね。」
と、注意されていたり・・・。

『うちもこうだった。』

今どきのお母さん達は、感情的に激怒することなく(笑)
落ち着いて世話して偉いな~、と思います。


主人は大浴場で、男の子ふたり連れた若いお父さんと
一緒になったそうです。

5歳くらいのお兄ちゃんは、聞き分けができて、大人しく洗って
もらっていたそうです。

が、3歳くらいの弟はとても浮かれていて(笑)
「パパ、見てみて!」
が、口ぐせのようで、お父さん大好きっ子全開パワー。

「お兄ちゃん、体からシャボン玉出てるよ!飛んだ!」
「静かにしなさい。」(父)

「パパ、見てみて!プールみたいだね。広いね。」
「泳いだらダメだよ。」(父)

「パパ、見てみて!自分で洗えるよ。」
「・・・。」

静かになったと思ったら、
「パパ。お腹が痛い。」

お父さん、下の子抱えて急いで退場。


「自分でオチまでつけて、まあ達者な子だったぞ。」
と、古いお父さんが感心していました。

若いお父さん。
お見事です。

個性を怒ってもどうにもならないものね。
淡々と可愛がってあげてね。
絶対お兄ちゃんみたいないいこになるよ。
(そしてなぜかお兄ちゃんが弟みたいに・・・。)


関東から"ちびっこ冒険ツアー"のような団体旅行で
来ていた小学生は
「今晩はゲームし放題だよ。寝なくても良いんだよ!」
と、ひそひそ話していました。

なんと。
一晩中ゲームするの?
ほんと夢のような夏休みだね。

c0325278_12430766.jpg
小豆島の夕暮れどき



旅行して、素敵な思い出と貴重な体験、
ついでにちょっぴり社会性も身につけてくれたら
他人の私もうれしいです。

ときには、親子で波長が合わず、あんまり楽しくない時間が
あるかもしれません。

こどもは疲れるとワガママが出ますし、甘えも出ます。
旅という設定が普段と違い、ただでさえ薄い平常心が消えます。

でも、時が過ぎればそれも楽しい記憶。

気にせず、日々練習・日々本番と思って、おおらかに
子育てなさってくださいね。

見てないようでこどもたちは親を見ています。
お手本マナーを実践してあげてくださいね。


と、自分 できもしなかったのに、人に言う・・・。




More
by Taseirap | 2015-08-15 07:30 | こどもたち | Comments(0)
TOTOシーウインド淡路
淡路島のホテルは、『TOTOシーウインド淡路』。
安藤忠雄さんの建築で、TOTOの保養所だったところです。

山の中の細い道を行くと、コンクリート打ちっぱなしの建物。
周囲の緑に溶け込んで、見つけにくいくらい。

c0325278_17291109.jpg
エントランス

c0325278_17462624.jpg
大きな一枚ガラスの自動ドアに漂う贅沢感


c0325278_17331145.jpg
受付から1階降りたらロビー

c0325278_17372795.jpg
客室への移動は戸外のエレベーターで


c0325278_17391873.jpg
海がみえる


c0325278_17283035.jpg
お部屋はメゾネットタイプ(定員6名)


c0325278_17424983.jpg
リビングにキッチン

c0325278_17433009.jpg
畳の和室

c0325278_17364599.jpg
バスルームにはテレビも完備

c0325278_17354253.jpg
洗面台はシンプル


c0325278_17512801.jpg
もちろんTOTO製

c0325278_17345264.jpg
インフィニティ・プール


ピクチャーウインドウから見る青い海と自然の緑が美しく、
華美ではなく清潔で優しい雰囲気。

海が見たいと思って旅行に行っても、ものの10分もすれば飽きてしまいがち。
でも、建物を移動中に磨かれた窓からちらちらと見える海は飽きません。

c0325278_18145135.jpg
島影は青く映る


下の海岸沿いにマリンスポーツの施設があり、
早朝から誰かパラセーリングしている。

このホテルは主人の大好きな感じだったらしく
「可能な限り泊まりたい。」
と、急に言いだす。


でも、私は気がついてしまった。
インターネットで調べると、私が行きたかった醤油屋が
なぜか淡路島(Awaji-shima)にはない。

実は、小豆島(Syodo-Shima)と間違えていたのだ!

『小豆島、どこ~?』
と、探したら隣の島だった。
でも、フェリーでないと行けません(笑)

「というわけで、ここは終了。また来ましょうね。」


c0325278_18052871.jpg
このトイレに俺たちの居場所は、ない。
By ビックベン&リトルベン



しばしのさらば、ベン親子。
いかにもTOTOらしくて好きです。

無事に話も落ちました。





☆TOTO シーウインド淡路

 1997年完成
 RC構造 地上8階建
 メゾネット8室、洋室2室、和室2室。
 製氷機、飲み物自販機、ランドリー機有り。


by Taseirap | 2015-08-08 07:30 | 島への旅 | Comments(0)


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
長男の友だち
at 2017-08-17 07:30
東広島プラザ
at 2017-08-16 07:30
夏の大掃除
at 2017-08-14 07:30
1-0
at 2017-08-13 11:42
『リュラル』のパン
at 2017-08-11 07:30
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧