タグ:庄原市 ( 7 ) タグの人気記事

お大根を求めて

「美味しいお大根がほしいわね~。」
ということで、やってきました高野町。

c0325278_11271685.jpg

わーい。

『道の駅 たかの』です。
さすがの人気。
週末は混んでいますね。

c0325278_11275260.jpg

c0325278_11295277.jpg

c0325278_11301996.jpg

c0325278_11304121.jpg

ランチは、隣のレストラン『sorara 』で、
地元野菜たっぷりのバイキングを。
優しいお味。
大根入りカレーも good!

少し肌寒かったので、レストランにしましたが、
お総菜やお弁当、出店ブースの蒟蒻煮、
アップルパイも、あげたてドーナツも
めっちゃおいしそう。

c0325278_11310488.jpg

次は、お外の椅子席で、MYセレクトメニューに
しちゃおうかな?
尾道⇔松江 道路が、無料だから 行きやすい。
高野町に近くなった気がする。

リンゴと大根で有名な高野町。

里山に秋の訪れて、家の軒先が白く。
大根が干してありました。


c0325278_11395686.jpg
山は木の畑



c0325278_11422344.jpg

誰に見られずとも、色鮮やか。
風吹けば、とりどりに散り、
繰り返して 山里。




今日もお読みいただき、ありがとうございます。

楽しく綴って参りましたが、
実はわたくし、年明けに とある試験がありまして、
お勉強が・・・(;´Д`)

なので、終わるまで しばらくお休みします。
なにか佳いことがあれば、たまに更新させてください。

静かなら、
『勉強進んでないのだな。苦労してるんだな。』
と…。






More
by Taseirap | 2017-11-18 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

高野町のいちょう

広島県庄原市高野町。
県境で、隣は島根県。

いちょうを見に行きました。

c0325278_11080194.jpg

c0325278_11130326.jpg

神社の鳥居のむこうに、黄色い絨毯。
こちらにおわしましましたか、
樹齢千年の銀杏さま。

c0325278_11083300.jpg

天然記念物だそうですが、変わった名前なんですよ。
『乳下り大銀杏樹』。

???

c0325278_11103765.jpg

あっ、分かった!

c0325278_11110725.jpg

枝が母乳が垂れているみたいだから?

正解は、
イチョウのこの垂れ下がりの部分を
『乳柱(乳房状突起)』というらしい。

(母乳ではなくて、乳房と見立てていた。)

このようなイチョウの古木に見られる乳柱は
細胞が軟らかく、デンプンを多量に含んでいて、
局部的な栄養過剰に起因するといわれている。
栄養の供給を必要とする実(み)(種子)がならない
雄株に多いといわれるが、
この樹のように、実(み)のなる雌株でありながら
乳下りの著しい木も少なくない。
昔から乳柱の部分は乳不足の婦人に効用があるとされて、
「乳出しイチョウ」と呼んでいる地方もある。

― だそうです。


周囲は、秋の山里の佇まい。

c0325278_11155645.jpg
この建物はなんていう名前?


稲を天日干しするときの木材を入れておく
屋根付きの建物。

木材は、『稲架木(はさぎ)』とか、『はで』
というらしい。
稲木(いなぎ、いなき、いのき)ともいうみたい。
しばらく調べて、『稲木小屋』という名にあたる。
『稲架(はさ)小屋』も。
 
おそらく、各地で違うでしょうね。








備北丘陵公園では、ライトアップも始まったそうですが、
熟年夫婦には無縁です。

いと かなし。





『みのり』で、お蕎麦を食べて、帰りました。

c0325278_11170643.jpg

c0325278_11175905.jpg

大根おろしの汁が、辛い。
辛味大根でしょうか?
美味しかった。

いと おかし。


by Taseirap | 2017-11-14 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

JR 庄原駅

初めて、JR庄原駅に行きました。
芸備線です。

c0325278_14034328.jpg

駅前は、こんな感じ。

c0325278_14042001.jpg

タクシー乗り場ではなく、タクシー会社がある。
昔は、西条もそうでした。
『駅の近くにタクシーの会社』が、定番の街づくり。
今は、駅からは離れています。

c0325278_14052303.jpg

c0325278_14055113.jpg

懐かしい。
昔の国鉄の駅の造りだ!
綺麗にしてある。

JRの駅は、昔も今も、
どこも同じ様に造る決まりがあるのかな?
安全上の措置なのかな。

広島駅行きは、1日に1桁の便数。

c0325278_14100169.jpg

駅の待ち合い室は、部屋を扉で締め切る型。
とても 広い。
飲み物の自販機とストーブが置いてある。

ガラガラと扉を開けると、
ぷーんと カメムシの臭い。

駅舎に『子育て支援センター』があるのね。

c0325278_14083344.jpg

庄原は広いから、移動の足は、
もっぱら自家用車みたいです。

でも、自然は豊かで、家屋は大きい。
家の前の休耕田を、柵で囲い草原にして、
犬を遊ばせている人もいる。
広くて良いな~。
地元定着型の大企業もあり、病院も立派。

欲しいものは、通販で買える時代だしね。
三次市も近い。

問題は、冬場の雪。
東北ほどではないにしても、
広島も山間部は大変。

空き家バンクに、素敵なお家もあるみたいだから、
若い世代が来てくださったら、うれしい。

・・・のではなかろうか、と勝手に思います。




by Taseirap | 2017-11-03 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

念願のミッキーに

ずっと行きたかった『ミッキー』in 庄原。

c0325278_10214204.jpg
ホルモン定食ですよ


これを見たら、在メキシコの日本人の
限られた何人かは、きっと泣く(はず)。

早く帰ってきんさいや。
(出張を作りんさい。)

c0325278_10232878.jpg
ミニラーメンとミニ丼セット


今でも、ちゃんとラーメンに牛乳ついてるよ。
ご飯は新米の庄原産コシヒカリよ。

ミッキーの前には、畑のベンツ
軽トラのお姿。
普段着で食べられる『ミッキー』。
庄原は最高。

c0325278_10245371.jpg

なぜ、ラーメンに牛乳がつくのかと言えば…

c0325278_10282011.jpg

もとは、牛乳屋さんだったからなのね。

c0325278_10291747.jpg

長く、ユーシンさんの前で商売されている。
そして、今はNSWさんになっている。
お店の歴史と家族愛に、なんだか感動してしまった。

「牛乳は、栄養豊富。
カルシウムもあるし、体内の余分なナトリウムも
排出してくれるから、血圧に良い。」
と、お店に張ってありました。

牛乳屋魂ですね。
品物を売るのではなく、健康を売ってこられたのね。

c0325278_10371702.jpg

怒濤のお品書きに、次は何にしようかな?
食いしん坊の血が騒ぐ~。





by Taseirap | 2017-10-31 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

お米が美味しい!

新米の季節到来。

c0325278_07440610.jpg

最近の我が家のブームは、パリパリの海苔に
少な目にご飯をのせて

c0325278_07444704.jpg

巻く!

c0325278_07460578.jpg

力をいれない おむすび。
息子は、もつ鍋と一緒に 5個食べた。

お米は、庄原の道の駅の自販機で。
「えーと。1番のコシヒカリを、3キロ。」

c0325278_07472945.jpg

プラステック容器に入って出てきたのを、
隣の精米機に入れる。
3分、7分、普通から、お好みの引きかたを
選んで GO。

ガガガガ。


c0325278_08062818.jpg

出た!

c0325278_07482047.jpg

た、たのしい。

最近は、お米の消費量が減ったので、産地では
ブランド米を作る方向に進んでいるらしい。
東広島では長く
『中生新千本(なかてしんせんぼん)』が
作られていたが、
これからは『恋の予感』を作るんだって。
公募で選ばれた名前。
チョコレートじゃないのよ。

広島県中南部地域で作付けされている
ヒノヒカリの
高温障害による品質低下をうけ、
耐暑性に優れた代替品種として導入されました。
品種の特徴として、背白・乳白が少なく
整粒歩合が高いです。
また、丈が低く倒れにくく、いもち病に
かかりにくい為、多収です。

― だそうです。


新潟の新ブランド『新之助』。
人気の『ゆめピリカ』、『つやひめ』。
『皇室新嘗祭献穀米』なんてのもある。
奥出雲の仁多米。持ち麦も人気です。

広島だったら『あきろまん』とか。
『カープ応援米』なんてのもありまっせ。
応援米の中身は、あきろまんやらコシヒカリやら、
時に替わるみたいです。


お米は、もはや 贅沢品。

メキシコで食べた『コシヒカリ』。
エクアドル産だったっけ?
粒が小さく、硬めで、じつのところ
味がよくわからなかった。

生産者に、粒を大きく作るという発想が
なかったんだろうか?

でも、ありがたかった。
『コシヒカリ食べてる!』
と、それだけでとても嬉しかった。








by Taseirap | 2017-10-28 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)
庄原市に出掛けました。

庄原カントリークラブにほど近い
『すけあくろう』。

c0325278_21165943.jpg

"かかし"という意味ですが、
ジーン・ハックマンとアル・パチーノの映画の方を
思い出す人も多いのでは?


庄原市は比婆牛で有名ですが、なかなか高級です。
黒板のメニューに、
『限定 比婆牛ハンバーグ・ステーキセット』(880円)

c0325278_21173408.jpg


いただきましょう!

こちらでコンサートもされるそうで、
店内の音響が良い。

c0325278_21182146.jpg

BGM の音がとてもきれいに響く。

c0325278_21184440.jpg


c0325278_21191214.jpg
冬枯れの木立がきれい



時間をかけて食事が出てくるので、
音楽をゆっくり聴ける。


なんだか、すごく遠くに来たみたい。


あ、きた!
c0325278_21193987.jpg
じゃがいもの熱々グラタン


c0325278_21201129.jpg
ハンバーグ・ステーキ


目玉焼きがのっています。

c0325278_21203602.jpg
ほどよくグリル



オーブンで最後に焼いているのかな?
お肉の旨みが閉じ込められている。

家のハンバーグとは全く違う。
お肉の味が、ガツンとあって、
ソースの味がきちんとハモっている。

プロの味。

お肉も油っぽくないのに、旨みがあって、
さすが比婆牛。



☆『すけあくろう』
広島県庄原市一木町1758

11:00-14:30
17:00-21:00
(月)はお休み






by Taseirap | 2017-01-17 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

日曜日の温泉

たまにはゆっくりお風呂に入りましょうかねぇ?
どうせなら、温泉がいいな。
さて、どこに。

雪は消えたから、御近所の奥さまご推薦
庄原まで行ってみる?
三次、三良坂を過ぎて、さらに県北へ。

c0325278_21570677.jpg

春の山は、木々の芽吹きで少しふくらんでいます


c0325278_21584751.jpg

かんぽの郷庄原


日帰り入浴料は650円。
源泉加温ながら、なかなかのお湯。
タオルさえ持っていけば、あとは全て揃っている。
寝湯にねころべば、空を行く雲。
山里の春です。

こちらは、お土産コーナーも充実。

c0325278_17050247.jpg
ピオーネのまるごとジャム

c0325278_17055536.jpg
三次人形


近くに、

c0325278_22060755.jpg
食彩館しょうばら 『ゆめさくら』


c0325278_22083738.jpg
こんにゃくの里 総領町の生芋蒟蒻


色々あるある。
特産品のお肉。お豆腐。お酒。
お買い得。

そして、私にはとても驚きの

c0325278_22130856.jpg
お米の自販機(玄米)


c0325278_22135325.jpg
隣にはサタケの精米機


c0325278_22152377.jpg
ひとめぼれ、7分づき いけー!


c0325278_22170481.jpg
すごい‼ できてる‼


『ゆめさくら』楽しい(笑)

c0325278_22095035.jpg
地元の新鮮野菜

c0325278_22103077.jpg
枝ものに、生花、山野草まで


パン屋さんとアイスクリーム屋さんも入っています。


久し振りにアイスクリームを食べた主人は
「あっさりしてる。あんまり甘くない。」
あなた、前に食べたのは もしかしてメキシコ?

随分 甘さが違うよね。
それに ここのアイスはかなり美味しいよ。


帰り道は、ここに寄ろう。

c0325278_22184210.jpg
一寸(いっすん)そば


c0325278_22194549.jpg
割り子そば(650円)2段



あー、のんびりした。
「庄原はいいのー。」

桜が咲ききったら、またすてきよ。



☆かんぽの郷 庄原
庄原市新庄町281-1
℡:0824-73-1800


☆ 一寸そば
庄原市一木町533
営業は、土日だけ。
10:30-17:00



《おまけ》


c0325278_17203801.jpg

西条の鏡山公園の桜は咲いています。

c0325278_17215724.jpg

今年もきれいね。

by Taseirap | 2016-04-04 07:30 | Hiroshima | Comments(6)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap