Tea's room あっと Japan


メキシコと日本の暮らし
by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:滋賀県 ( 5 ) タグの人気記事

野洲のおっさんやでー

野洲(やす)のおっさん。

c0325278_18103685.jpg

屋台を引きながら、雪のなかを歩く。

c0325278_18112303.jpg

c0325278_18114628.jpg
スパッと2色の後部ヘッド



大雪の日だったらしく、あまり人に会えない。


c0325278_18121273.jpg

よ、良かったね。

普通の風景が、とてもきれいな日本。
雪景色になると、墨絵のよう。

そこに、おっさん。
引き込まれて、つい見てしまう。


「野洲のおっさんは、ただ歩くだけなんよ。」
息子が言う。

よくわからない。

カイツブリらしい。



More
by Taseirap | 2017-02-04 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

お盆の準備

滋賀県草津市の『イオンモール草津』で、見かけました。
何でしょう、これ?

c0325278_09073528.jpg

蓮の葉を乾燥させたもののようです。
この上に、お供え物を置くみたいです。

こんなに大きなもの。
お仏壇に入りきるかしら?

c0325278_09102815.jpg


何でしょう?
燃やすのかしら?


c0325278_09111070.jpg


お人形の馬まで。
こちらは、茄子や胡瓜のあれですね。


どうやら、全てをお仏壇にのせるのではなく、四角い飾るスペースを別に作って、そちらにお供えするみたいです。
納得です。


説明書によると...

『盆棚』という四角い台に、まこものゴザを敷き、
四隅に竹や麻がらを立てます。
(上の麻がらね。燃やしちゃダメでした。)

その上部に、縄を張って結界とします。
(け、結界?)

縄に鬼灯(ほおずき)、桔梗、ヤマユリ、盆花等を吊るします。

まこもの上には、位牌(!)、ローソクたて、お供えを置きます。

位牌の前には、きゅうりや茄子、もしくは
まこもで作った馬や牛を置きます。

注意:
最近では、簡略化して、仏壇の前に机を置き
むしろを引いてお供えを供える程度にすることもあります。

だそうです。
なるほど。

まこもってなに?

イネ科の大形多年草。水辺に群生。
稈(かん)の高さ約1.5メートル。
葉は長さ約1メートルの線形。
秋,円錐花序上半に雌花穂,下半に雄花穂を多数つける。
葉で筵(むしろ)を編む

ふむふむ。

昔は、琵琶湖周辺の植物など、身近にあるもので
ご先祖さまをお迎えされたのでしょうか?

懐かしい水辺に、ご先祖さまが
「よっ。ただいま!」
(あ、このフレーズはメキシコの『死者の日』でも使いました。)


広島県は、浄土真宗の安芸門徒が多く
お墓参りに持参する盆燈籠はとてもカラフルです。
普段はひっそりしたお墓が、華やぎます。

そんななか、
初盆のお家だけは白い盆燈籠を飾られるので、
そのお墓の回りだけ白く、
新しい悲しさが寄り添っているようです。

地方ごとの違いが、大変興味深いお盆です。





by Taseirap | 2016-08-03 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

エナ・チョチョッ (Ena Cocok)

滋賀県の "エナのタルト工房"『Ena Cocok』。
私はこちらのタルトが大好き。

c0325278_10593514.jpg

フルーツタルトは、
サクサクのタルト生地とみずみずしいフルーツの
かけはなれた感を、
しっとりフィリングがどうつなげるか
が、キモだと思う。

日によって多少のあたりはずれがあるけれど、
合格。

なによりも、こちらのタルトは、
上にのっている果物が スゴくおいしい。

c0325278_11372616.jpg


上から、
3種のベリータルト
西洋栗と木の実のモンブラン
蒲萄とサワーチェリーのチーズタルト。

南草津駅近くの『アーバンホテル南草津』の1Fに、
『チョチョッ カフェ』があって、コーヒーといただきます。


『アーバンホテル南草津』は、京都にホテルが取れないとき
利用します。
新快速で京都駅まで15分だから 便利。

c0325278_11484185.jpg
列車が来る 来る!


眺めも!
遠くに琵琶湖も見えます。

c0325278_11500923.jpg
琵琶湖の夕暮れ




☆『エナ・チョチョッ』
滋賀県草津市野路東6丁目1-10
TEL:077-565-7729


☆『アーバンホテル 南草津』
滋賀県草津市南草津1-1-5



by Taseirap | 2016-07-25 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

はこ寿司 『寿司清』 (滋賀県草津市)

ポケモンGO。

外で歩きスマホ。
南米なら、「盗ってください。」だわ。
アメリカでも、場所によっては"歩く人が珍しい"ところも
ありますよね。

日本は、交通事故だけが心配。


・・・などなど思いながら、東海道53次。
53番目は京都。
52番目の宿場は、滋賀県草津市。
近江の国、草津です。

♪草津良いとこ、いちどはおいで~。♪
は、群馬県です。

c0325278_14480081.jpg

旧東海道の街道筋にある『本陣』。
かつては、和宮親子内親王が、徳川15代将軍家茂に嫁がれた際に 宿泊されました。
徳川家茂は、たしか21歳で亡くなられたのではなかったかしら?
和宮さまも、30代前半に亡くなられた。
孝明天皇の異母妹。
明治天皇は、甥にあたるそうです。

おいしそうなお寿司屋さん。
名物 "はこずし"と、あります。

c0325278_15030804.jpg

はこ寿司ランチ(900円)いただきます。

c0325278_15044699.jpg

鱧に甘めのツメ。
はこ寿司の寿司米の酢は、きつめ。
味のバランスが良い。
小降りなサイズで食べやすい。

大坂の『箱寿司』は、鱧ではなく海老や白身魚で作る。
それと区別しようと、『はこ寿司』と表記しておられるらしい。

c0325278_15075485.jpg

にぎりのランチ(950円)。
魚素麺のお椀も、良いお味。

思わぬ贅沢なお昼になりました。


c0325278_22144545.jpg

持ち帰りのお土産に買った6個入り。
可愛い。

☆『寿司清』
滋賀県草津市2-10-24
お店の駐車場もありますが、すぐそばにTimesのparkingあり。


by Taseirap | 2016-07-24 07:30 | 滋賀県 | Comments(0)

国宝 彦根城 (滋賀県 彦根市)

大人の夏休み。
初めは、九州の唐津、長崎コースを企画していましたが、
用事もあったので、滋賀県にしました。

京都も好きですが、滋賀県も大好きです。
観光文化レベルが高い。
食が豊か。
混雑はそこそこ。

まずは、彦根市までドライブ。
琵琶湖の東側。
工場、安土城跡、田園地帯、琵琶湖。
道路が真っ直ぐで、住みやすそうな県です。

国宝 彦根城(1952年指定)は、慶長12年(1907年)に完成。
国宝天守は、姫路・松本・犬山・松江 と、彦根だけ。

下の駐車場から、長いお堀端を歩いて

c0325278_13033528.jpg

大手門の入り口につくと、ひこにゃん。

c0325278_12593237.jpg

ひこにゃんって、ネコだったのね。
「何だと思ってたん?」
「なにも思っていなかった。」

私は ゆるキャラが、実は嫌い。
というか、キャラクター系が全て苦手。
でも、実物を見ると 可愛い!!
意外と小さくて、動きが可愛い。
好きになりそう。
グッズは買わないまでも、近くに来られたら
「ひこにゃ~ん。」
と、なついてしまいそう。

これか? ゆるキャラパワー。
何かある!

c0325278_13102095.jpg

お城までの石段は結構長く、無料のレンタル杖まで置いてある。
ゼイゼイ、ハァハァしながら登る。
若い人はささーっと。
「京都のお寺めぐりと、ひと味 違うね。」
「この城は、平山城。彦根山の山頂をならして作った。」

城は美しく、石垣も素晴らしい。
そして、京都ほどには混んでいない。

c0325278_14360081.jpg

c0325278_21372847.jpg

石段は、敵方が一気に駆け上がれないように
高さや幅がアンバランスに作ってある。

c0325278_21363448.jpg

c0325278_14382383.jpg

ひ、ひこにゃん。
ここに来るまでに、1回死んだよ。

天守閣までも、なかなか凄い階段。
でも、登れば 市内と琵琶湖が一望できる。
野球部が練習するグランドも見える。

c0325278_14363946.jpg

堀の内には、井伊直弼の生家の『槻御殿』もある。
井伊大老は、ここで生まれて、江戸城の桜田門外で亡くなったのね。
城から城への人生。
私だったら、ずっとここで暮らしたかったなぁ。


c0325278_13201584.jpg

名勝 玄宮園は、鈴鹿の山並みが園外の眺望となる回遊式の庭園。
中国の唐の時代 玄宗皇帝の離宮をなぞらえて命名されたそうです。

c0325278_13205649.jpg

お堀を巡る遊覧船。
気持ちよさそう。

c0325278_14393745.jpg


とても良いところだにゃん。


彦根城駐車場のすぐとなり、護国神社境内に
カフェ『朴(もく)』。
平日限定の「今日のご飯セット」(900円)は野菜たっぷり。
「朴風オムライス」(850円)や、珈琲(350円)、
「自家製シロップのかき氷」(650円)など。
11:00-17:00
(木)、不定休




by Taseirap | 2016-07-23 07:30 | 滋賀県 | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧