セルビン焼き

”うつわ”ついでに、いま我が家にある
セルビン焼きもご紹介します。

日本の友人にも
「あ、これならお土産にもらってあげても良いよ(笑)」
と、好評だったメキシコの陶器。
むこうさまもやっぱり食器好きで、
もうたくさんある。
だから、これ以上増やしたくない。
その気持ちはよく分かります。
でも、
”少しならあっても良いかなセルビン焼き”
ってところです。

さて、前置きが長くなりましたが、

c0325278_03391829.jpg
こんなのです


あれ? 青ばかり。
では、もう1枚。

c0325278_02464320.jpg
メキシコでは珍しい、細かい絵付け 
(8月に:カセル焼きと判明。
詳しくは下記コメント欄を参照)


セルビン焼きは、1981年
ハビエル・セルビン氏がはじめた焼き物。
青や茶色の繊細な色づかいと、
細かい絵付け(おもに女性の手作業)が特徴。

メキシコの陶器には、
有名なブエブラの『タラベラ焼き(認定窯9軒)』、
タラベラ焼きを模したもの(多数)、
『トナラ焼き(庶民の食器。素焼きの鍋が有名)』
などもあります。

余談ですが、個人作家としては、
メキシコの国民栄誉賞受賞のマジョリカ焼き作家、
グアナファト在の陶芸家、
ゴルキー・ゴンザレス氏(1939年~)もおられます。
この方は日本の備前でも修行されたそうです。
グアナファトに工房があるそうなので、
嫌がる(であろう)主人を説き伏せ、
ぜひとも拝見しに行きたいものです。


さてさて『セルビン焼き』。
近年 日本人に大人気。
グアナファトのお店でも
たくさんの日本人の方にお会いします。
お店のマダムがとても優しい。
日本人が大好きだそうで、なんだかすごく可愛がってくださいました。
(シニカルな主人は『日本人は値切らないからだろう。』)
それゆえ、私はグアナファトの
ルビン焼きのショップで買います。

Rincon Artesanal
 Sopena,5.Centro
 +52 473 732 8632

(後日追記)
セルビン焼きのこのお店
『リンコン・アルテサナル』の場所は、グアナファト。
ファレス劇場を正面に見る。
 左手側に向かって通りを歩く。
②その道を100歩以内。右手側にセルビン焼きのお店。
③セルビン焼きのお店の反対側には、
「カラオケ」と書いてある謎のお店あり。(道の左手側)
 サンタンデール銀行のお向かいに、セルビンあり。
④ドンキホーテの像まで行ったら、行き過ぎ。

*11時開店。
*木のドアは閉めてあることが多い。
おじいちゃんが、店の外でI Padか何かを見ながら
お客さんが来るとドアを開けてくださる。
*店内は、優しいおばあちゃんがいる。
*下記のタグの"セルビン焼き"をクリックすれば、道案内の頁も出ます。



◎工房もあります。
工房のあるタランダクアオの町は、
同じ州なのでいつか行きたい。
(道中が少し危険らしいので、もう少し情勢が安定したら。)
Javier Servin Ceramica
Ferrocarril #800,La Purisima,Tarandacuao,Guanajuato
℡:421-474-1246

◎工房は、人里離れた場所なれども、
とても可愛いくて、宿泊施設もあるそうです。
 
◎旅行会社のツアーは、メキシコ観光さんへ。
メキシコシティ発のツアーは、
『セルビン陶芸ツアー(終日)』US 95ドル。
工房とギャラリー訪問。10-11時間。
毎日、三名以上で開催。食事なし。

『陶芸-絵付け体験ツアー』US 150ドル。
第1土曜日限定。11-12時間。食事つき。

 
*行き方を、賢い読者の方に教えていただきました。
(下のコメント欄にあるとおりです。)

「(下道を通らず)モレーリア付近まで有料道路を
つかって遠周りをするのがお勧めです。
ナビがあれば、たぶん大丈夫。
うちはナビなしで行きました。
帰りは、セラヤの龍ラーメンで食べて帰るのが
日帰りツアーとしては、おすすめです。」


* ふたたび、賢い読者の方に教えていただきました。
(下のコメント欄にもあるとおり)
2番目の写真(メキシコでは珍しい…)、
これはセルビン焼きではないような気がします。
セルビンさんの親戚にあたるマルタさん(女性)の工房で
作られてるものかと… セルビン工房の近くですが。
これはカセル焼きではないでしょうか?
陶器の底をご覧になって下さい、カセル焼きならCASHERと書いてありますから。

ほんとうだ。書いてあるある。
みなさん、これはカセル焼きですって。
(初めて知った。)
ご両人、ありがとうございます(*´∇`*)(*´∇`*)(*´∇`*)

後日追記:2019.2月
コメントをいただきました。
『リンコン・アルテサナルはセルビン焼きの正規販売店ではなく、
値段が高いのでご注意を。』
とのことです。
『店内の写真撮影が禁止なのも、値段が高いから。』
だそうです。
私が行ったときは(五年前)、さほどお高くなく
ゴルキー焼きの方が高かった気がしました。
いらっしゃる人はお気をつけて。

(正規販売店はどこでしょう?工房かな?)

後日追記:2019.5月
コメントをいただきました。
『リンコン·アルテサナル』の価格は、工房の価格と同じで
正規販売価格です、とのこと。
大丈夫のようです。

詳しくは 下のページのコメント欄をご覧ください。
(こんなにひとさまに教えてもらってばかりで、良いのかしら。)




Commented by tmyooon at 2014-05-08 07:35 x
私ももらう!
お皿がいいにゃ。
(@ ̄ρ ̄@)
Commented by Taseirap at 2014-05-08 08:59
はい。お皿ね。了解!

お皿の大きさはどれくらいがご希望?
18センチは少し小さいかな?
25㎝ディナー皿くらいがいろいろと使えますかね?


でも、セルビン焼きで良いの?
セルビン焼きは存在感があるから、普段使いの食器としては
メキシコには、まだまだ素敵な焼き物ありますわよ~(笑)

うふふ。みなさま、ゆっくり悩んでくださいませ。
Commented by tmyooon at 2014-05-08 23:21 x
ややや( ̄O ̄;)
もうちょっと待ってみる。他の焼き物も紹介してくだされー。
ゆっくり悩みます♪
Commented by Taseirap at 2014-05-09 00:49
はい。了解 (^_^ゞ
本命はブエブラのタラベラ焼き、対抗はセルビン焼き。
ってところかな?
大穴も狙いたいよね♪ 探してみますね!
Commented by Stam at 2014-06-15 06:23 x
こんにちは。ネットでプールを探してたら、このブログにたどり着きました。面白い記事ばかりでじっくり読んでしまいました。同じイラプアト在住なので、すごく参考になります。私の家族はもう1年以上住んでいるのに、こんなにめぐっていませんでした^^;ただ、セルビン焼きの工房は行きましたよ、途中から下道を使いましたが、あまりお勧めしません。道が悪い、トペが多いなどなど。旦那さんを説得して、モレーリア付近まで有料道路をつかって遠周りをするのがお勧めです。ナビがあれば、たぶん大丈夫。うちはナビなしで行きました。帰りは、セラヤの龍ラーメンで食べて帰るのが日帰りツアーとしては、おすすめです。
Commented by Taseirap at 2014-06-15 07:51
コメントありがとうございます。
セルビン焼き工房へは”有料道路でモレーリアまで行く”ですね。
分かりました!
帰りは”セラヤの龍ラーメン”。
これもMUST(マスト)にしちゃいますか?(笑)

行きたいところはたくさんあれど、なかなか行けません。
でも、それなりに毎日楽しみがあり、ブログでメキシコのことを少しは紹介できるのもうれしいです。

またいろいろ教えてくださいね。
Commented by チーボー at 2014-08-06 10:33 x
こんにちは、はじめまして。
私はグァナファト・レオンに住んでいます。
セルビン焼き、私も大好きです!!!
ここ数年前から手に入るようになった更に細かい絵付けのセルビン・フィノも素敵ですよね!
2番目の写真(メキシコでは珍しい…)、これはセルビン焼きではないような気がします。セルビンさんの親戚にあたるマルタさん(女性)の工房で作られてるものかと… セルビン工房の近くですが。これはカセル焼きではないでしょうか?陶器の底をご覧になって下さい、カセル焼きならCASHERと書いてありますから。
これからもメキシコの陶器、沢山楽しみましょうね!!
Commented by Taseirap at 2014-08-06 11:02
はい!了解!
さっそく見てみます。
あ、ほんとだ。casher mexico helho a mano って書いてある。

ということは、カセル焼きというものですか?
教えていただきありがとうございます。
グアナファトのお店ではなにもおっしゃらなかった、いえ、わたしが聞き取れなかったのでしょう。
勉強になりました。
焼き物っておもしろいですね。

なんだかわくわくしてきました。
Commented by ルナ at 2015-12-10 09:07 x
はじめましてルナと申します。
ブログ大変興味深く拝見しております。
ハヴィエルセルビンさんの陶器で検索して、
こちらにたどり着きました。
以前メキシコグァナファトのお店で購入して
大切に使っていたお皿を割ってしまい、日本で
購入できるお店や方法を探しております。
ご存知ないでしょうか?もしお知恵を拝借できましたら幸いです。メキシコが大好きになり何度か旅もしましたが、子供が出来てからはもう10年も昔の想い出となってしまいました。なかなか子連れで行ける場所ではないので、ブログを拝借して夢を膨らませ楽しませていただきました。ありがとうございます。

突然の個人的コメントで申し訳ありません。
Commented by Taseirap at 2015-12-10 09:40
ルナさま、初めまして。
読んでいただきまして ありがとうございます。

セルビン焼きはほんとうに人気ですね。
楽天やAmazonでも取り扱いがあるようですが、マグや灰皿くらいで、お皿は見あたりませんね。
申し訳ないです。日本での販売店は存じません(;O;)

お土産に高い大皿を買ってこられた方が、スーツケースの中でパックリ二つに割れていたそうです。
(うちは大丈夫でした。)
手運びで持って帰られる人が多いようですね。

日本で販売取り次ぎ店でもしたいくらい素敵な器ですよね。
実は、我が家にもお皿はありません。
買いに行きたい気持ちは一緒でございます(笑)
Commented by ありがとうございます at 2015-12-10 11:31 x
早速のお返事ありがとうございました。
そうですか、お皿となると、やはり日本では難しいのですね。仕方ないまた、いつか旅に行くときのお楽しみにしておきます。
食器類が好きなので、国内外問わず旅先では想い出もかねて、食器を購入するのが好きです。私はセルビン焼きはスーツケースでも運良く大丈夫でした。
今後もブログ楽しみに読ませていただきます。
ありがとうございました。
ルナ

Commented by Taseirap at 2015-12-10 19:37
セルビン焼きのお皿。ビーズ刺繍のキーホルダー。チアパス織りのポーチ。
鉄板のお土産みたいです。

反対に、食品関係が不評(?)。
肝だめしみたいな扱いです(-_-;)
失礼ね!

お互いに またいつか行けたら良いですね♪
御励ましありがとうございます。
Commented at 2019-02-22 08:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taseirap at 2019-02-22 11:32
コメントありがとうございます。
教えていただきましたように、
グアナファトの『リンコン・アルテサナル』は、
セルビン焼きの正規販売店ではなく、高額であるとのこと。
追記しております。

すみません。
『正規販売店がどこか』など、考えたこともありませんでした。
私のメキシライフに”正規”の文字はなく、出たとこ勝負でした。
みなさまにご迷惑をおかけしていなければ良いが、と
今さらながら心配をしています。

話半分でよろしくお願いします。
by Taseirap | 2014-05-08 02:35 | メキシコの陶器・焼き物 | Comments(14)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る