メキシコ 水事情

メキシコは面積196万㎢(日本の5倍)。
人口 1億2233万人(2013年)。
人種は、スペイン系(9%)、スペインと先住民の混血(60%)、
先住民(30%)、その他(1%)

米墨戦争(1846年~1848年)により、
国土の半分がアメリカにいっちゃいましたが
日本人から見たら、広い広いメキシコです。

人口は増加の一途。
インフラ整備は、道路は良いと思う。
ただ、水道関係がいまいちです。

10年前のデータによると
上水道を利用しているのは、全体の89%。
下水道は78% だそうです。
下水道の処理は3割弱しかできていないみたい。

降雨量は全国平均771㎥。
数字的にはまあまあらしいのですが、広い国土。
雨が降るのは東南部(ユカタン半島やチアバス州)。
人口・産業は北部に集中していて、
そちらには雨があまり降りません。

私の住む中央高原は、
雨季の5・6月から9月に集中して降雨。
その後はほぼぴたりと、雨なし。
常に水不足です。


暮らしの中で、むだに水を使わないように
いろいろ工夫がされています。
デパートのトイレは綺麗ですが、
終わってからでないと水が流せないように
なっています。
音姫はありません。
また、どこも水圧が低く給水量も少ないです。

水は常にちょろちょろ。

日本から来て、
いちばんにがっかりするところですが、
国全体が足りないのだから
仕方なし。
日常的に断水が少ない方がよい。
(と思います)

ただ、水は出ても水質が・・・。

水道水にフッ素がが多いとは聞いていましたが、
都市部の水道では、カドミウム、
ヒ素、クロム、水銀、鉛が
基準値を超えて検出され
ついでに大腸菌もでたそうです。

私の住む地方では、いかがなものか。
よもや、都会より上等な訳もなく・・・。

こちらでは、日本では禁止されている『地下水槽』に、
水はプールされています。
小さいモーターで屋上までくみ上げて、
それを落下させて上水道として使用。

地下水槽、あけたらボウフラや死んだ虫が
いっぱい浮いていたという噂も聞く。
砂や雨水も入りますね。
配管方法や配管資材も問題ありと聞きます。


c0325278_03430502.jpg
パンドラの水槽


家庭の飲み物は、ミネラルウォーターのガラフォン。

c0325278_03521323.jpg
乗せるの大変
重いんです



でも、皆様安心してください。
メキシコの医療はレベルが一定水準に達しています。
ほとんどアメリカ並みです。
(という触れ込み)

まだお世話になったことはありませんが、
薬局には、良い下痢止めもあるそうです。

ただ、旅行でいらした場合は、
海外保険を掛けた方が良いかも。
市民病院に下痢・嘔吐による脱水で
3日入院して17万くらいだそうです。

・・・あとは、気合い?
















by Taseirap | 2014-06-09 03:04 | メキシコ基礎知識 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る