メキシコの銀行

はじめて、メキシコの銀行に行きました。

土日でも開いているという話でしたが、
平日なのに閉まっていました。

なぜ?

調べたら祝日(5月1日メーデー)でした。


メキシコの銀行の営業時間は、自由化されていて
同じ銀行でも、支店により違うそうです。

だいたい月曜から金曜の
朝8時、9時から16時、18時まで。
ATMは24時間利用OKのところが多いみたい。

が、夜の12時過ぎに引き出して
襲われた話も聞きます。
(メキシコの人の反応は
「それはあたりまえ。深夜はだめ。」でした。)

いつも見かけていた銀行は、
バナメックスというところで、
ショッピングセンターの中にあるので、
土日でも開いていたのです。
(でも、この前は土曜日閉まっていました。もう、なぞ!)


実は、今回、日本の恩人にメキシコのものを送ろうと
『ビアヘス東洋』さんで、
アップルマンゴーを頼んだんです。
そうしたら、銀行で代金を振り込んで、
領収書(?)を写メしてくださいとの指示。

この”領収書を写真に撮ってメールを送る”というのは、
以前不動産屋さんでも言われました。
結構ふつうのことみたいですね。

翌日、指定銀行のサンタンデールの支店に行ってみると
お客さんの長い行列。

銀行にソファや椅子は無く、
窓口の前にただ並びます。
行列整理のラインが置いてあります。
窓口は2箇所しかあいてません。
(あけしません。)

いい加減疲れて、気分転換しようとキョロキョロ。
『あ、ポスターが張ってある。』
と、見たら銀行強盗の手配写真でした。

防犯カメラから持ってきているので、
犯行時のリアルな姿。
皆さん拳銃を持たれ 非常に緊迫感のある写真。

げっそりしました。

『携帯電話は使用不可』
のポスターもあります。

「おい、いま大金引き出した奴がいるぞ。青いシャツの男だ。」
なんて、連絡したら危ないですから。

(でも、気がつかずに 
もうさっき少し使っちゃいました。)

わたしの順番になり、ノートに振込先と金額を
書いていたので、それを見せました。
すると、「はいはい。」
といった感じで、さっさと機械に入力して、
お金を受け取って、
はい おしまい。

相手の口座に入金をしただけ。

わたしが、どこのだれかなんて
全く聞かれませんでした。

ふーん。

何も書かず、何も聞かれず、ひたすら並んで 
すぐ終わりました。

『ビアヘス東洋』さん、お金とどいてますかー?

これって、誤入金したらぜったい帰ってこない
システムじゃないかしら?

日本の銀行さん。
ときどき『くどい!』と思うこともあったけれど
間違いのないように、とてもがんばってくれていたのね。
偉いです。





by Taseirap | 2014-05-04 08:37 | メキシコ基礎知識 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る