メキシコシティ国際空港

メキシコシティ国際空港は、市の中心部から
約8㎞。
中南米最大級の24時間空港です。

ターミナルは1と2があり、アエロメヒコは
第2ターミナルを使用。
第2ターミナルはメキシコ国内便の乗り継ぎ
なので、乗り換えが便利です。

(新しい空港を建設する計画があるので、ここは
将来的には森になるそうです。)

建物はB1、1階、2階。
B1は、到着した人が出てくるところ。
薬局、郵便局、ホテルの案内、両替所、税金還付受付所。
奥の方にはレストランなどがあります。

c0325278_07444432.jpg
オクソの隣にタックス・バック

c0325278_07465487.jpg
(お値段以外は)おすすめ!
スペイン料理のレストラン

c0325278_07482001.jpg
美味しいワイン
パエリアもGood!


c0325278_08361584.jpg
これに魅かれて、ついズルズルと
たくさん食べてしまいました




B1の到着者の出てくるゲートの前には、
椅子や階段状の広場があり、到着をのんびり座って待てます。
1階は到着フロア。
2階は出発フロア。

日本からの便の到着ロビーは1階。
人の流れに従ってB1に下りたら、すぐに
入国審査のブースがあります。
なので、
日本からのアエロメヒコ国際線で到着したら、
同じ建物で
入国審査→荷物受取場でスーツケースのピック
アップ→税関審査 となります。

もしも、入国後すぐに飛行機を乗り換えて
メキシコ国内に行く場合には、
税関審査の横に、『手荷物再受託カウンター』があります。
便利です。
(アエロメヒコを再利用して、そのまま
地方に行く場合は航空会社の方がしてくれるので
受託荷物に関しては何もすることがありません。)

反対に、出発される場合は
2階の出発フロアに行き、
チェックインカウンターやセルフチェックイン機を
利用します。

出発の10時間前からのチェックインが可能だそうです。
メキシコ出国時は、特別な手続きが不要で、
出発ゲートで空港の係員に
『出国カード』を出すだけです。

ここで要注意。
『出国カード』とは、『入国カードの半券』です。
(下半分。)
来るときに飛行機で書いたのは、1枚で
『出入国カード』だったのです。

システムとしては、入国カードでメキシコに入って、
出国カードでメキシコから出る!

メキシコのイミグレで、ポイっと返される小さい紙!
カードといっても、プラスチックじゃないよ。紙。
絶対に失くさないでくださいね。

無いとメキシコから出られません。
ややこしい再発行の手続きを、
しないといけません。


◆紛失した場合の対応は、下記more に◆


また、アメリカに行く人はエスタも必要です。
メキシコで見せろとは言われないと思いますが、
アメリカで言われます。
(当たり前ですが…)
忘れずに ご準備を。

ターミナル2の到着フロア(1階)は、大まかに
A:アエロメヒコ
B:インテルジェット
C;写真展(?)
D:ボラリス、AVIACSA、
MRGNI CHARTERS COM
D1:VIVA AEROBUS
と、なっていました。
(『ビバ アエロブス』は倒産したのではなかったかしら?
ブースはありました。)

*すみません。
倒産したのはメヒカーナ航空(2010年8月)。
ビバ アエロブスは、2006年より就航でした。
現役バリバリです。


c0325278_07550203.jpg

人はいないけれど、
ストライキ(?)エリア










これは、ネットにあったもののコピーです。

◆例:紛失した場合
ツーリストカード半券を紛失すると、
航空会社カウンターにて搭乗手続きをしてもらえません。
その為、入国管理局(空港ビル2階)へ行き、
罰金(12月現在US$42)支払いの為の
銀行フォーマットをもらいます。
(必要記入事項はイミグレーション係員が記入してくれます)

フォーマットを持参して、
空港内に指定された銀行BANORTE窓口(※1箇所のみ)
にて支払い、控えをもらいます。
その後、支払い証明を持って、再び入国管理局へ戻り、
提示すると新ツーリストカードがもらえます。
更にその後、やっと航空会社カウンターへ戻り
搭乗手続きをしてもらえることとなります。

普通の観光客には非常に分かりずらく、
また言葉が出来ない場合は、
1人で手続きをする事は不可能に近く、
入国管理局への往復や銀行探しに時間がかかり
飛行機に乗り遅れる可能性も大きいようです。

更に日本への接続便などの早朝便に乗る場合は、
銀行が閉まっている(9時からの営業)ので
フライトを遅い便に変更しなければならない可能性もあります。

(帰国の場合は乗り継ぎ出来ない可能性が大きく、
メキシコ又はアメリカにもう1泊宿泊する必要も出てきます)

また、入国時に、ツーリストカードに
"何日滞在許可が記載されたか"
注意が必要です。
お帰りのチケットは30日後になってるのに、
ツーリストカードへの滞在許可日数が
"たったの5日"
なんて記載されているケースも多く発生しています。

ツーリストカードで最長180日まで
メキシコには滞在可能ですが、
通常最初から180日はもらえないないようです。

もし出国予定日より少ない日数が記載されていた場合
出発日前の平日にイミグレーションにいって、
延長手続きが必要です。
もちろん手数料が発生しますから、まずは
入国する時にチェックしておくほうが得策です。
以上




アエロメヒコに、出入国カードのフォームがありました。
見て、思い出されましたか?
これよ! 捨てないで~。




「メキシコの出入国カードをなくした。」
は、スペイン語では

He perdido mi
(エ ペルディード ミ)
Tarjeta de inmigración de México.
(タルヘタ デ イミグラシオン デ メヒコ)




by Taseirap | 2014-10-02 07:02 | メキシコに旅行する場合 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る