Jose Cuervo Express,Premium Experience ①

いよいよ、テキーラ・エクスプレスに乗車です。
ホテルから駅までは、タクシーで移動。

玄関のボーイさんが手配してくれ、
運賃も決まっています。
(安全なタクシー=シティオで 50ペソか60ペソ。)

列車は11時に出発。
ボーディングタイムは10:30。

タクシーの運転手さんは、
「グアダラハラに列車の駅は、ここしかない。」
と言われたので、間違えようがないかもしれません。

c0325278_02095238.jpg

Guadalajara(jalisco)train station:
Av.Washington#11,comer with Calzada Independencia Sur



ちょうど1時間前に、他社のテキーラ・エクスプレスが
発車した駅は、すでに大混雑。
受付所で受付を済ませ、手首に紙のブレスレットを巻いてもらう。

受付の横には、朝ごはんの軽食と朝からテキーラがサービス。

c0325278_02131757.jpg
もう飲んでる!


メキシコのツアーは、朝ごはん食べないで来た方が良いみたい。

『ランチは2時過ぎることが多いから。』
と思って、朝ごはん食べて出たけれど
いつも何かしら軽食がでることがほとんど。

(食べ物はふんだんにあるお国柄です。)


c0325278_02171530.jpg
パンがおいしそうだった

c0325278_02194489.jpg
貨物列車『フェロメックス』のポスターもある
(『フェロメックス』の事務所は、この駅の隣のビル)


c0325278_02221307.jpg
テキーラ列車の勇姿

c0325278_02242065.jpg
客車の前で皆さん記念撮影


2006年
『リュウゼツランの景観と古代テキーラ産業施設群』
として、世界遺産にも登録されたテキーラ村。

グアダラハラからは、北西に約50㎞。
片道2時間半かけて、列車はゆっくり進む。

マラソンランナーなら軽くついてこれる、かな?(*´∀`)

車窓からの景観は、進行方向に向かって
右も左も大差ないみたい。
わたしは右側に座ったけれど、若干、左が良いかな?
(無いものねだり。)

このテキーラ・エクスプレスは、
世界的にも有名なテキーラ・メーカーの
『ホセ・クエルボ』が運営。
工場見学も込みのツアー。

客室によって料金は違い、
このシートはひとり1500㌷。
日本円で12000円。

(子どもさん不可の客車だったと思う。
OK の客車も勿論あり。)


c0325278_02270444.jpg
車内はソファタイプの4人掛けシート(指定席)
天井も木目調で落ち着いた雰囲気

c0325278_03020015.jpg
ウェルカム・ドリンク

c0325278_03030824.jpg
なかなかおいしいお食事がサーブされ

c0325278_03045881.jpg
ビールでもカクテルでも、なんでも飲み放題

c0325278_03104550.jpg
もちろん、テキーラも
(息子8杯くらい ここで既に飲んでます)


c0325278_03061195.jpg
車窓の景色は、はじめはトウモロコシ畑


c0325278_02303267.jpg
テキーラ村に近づくにつれ、アガペー畑が多くなる


c0325278_02421507.jpg
列車から降りて 写真撮りたくなる景観


c0325278_02513125.jpg
実際、『mexico desconocido』という雑誌の
”10の天国”の第8位に選ばれていました
(『未知なるメキシコ』という訳で大丈夫でしょうか?)



c0325278_03085491.jpg
テキーラ村の駅に着きました



もう、ここで帰ってもいいくらい酔いました。




















by Taseirap | 2014-11-02 07:30 | グアダラハラ | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る