メキシコ旅行の反省点

さて、今回の旅行ですが
心残りは『ルチャリブレ』と『ココボンゴ』。行けなかった。

ルチャリブレ(Mexico City:プロレス)は
『会場内が危険なので行ったら行けない』という意見もあります。
場内で盗難が多い、麻薬の売買があるらしい。
怪しい人が声をかける。帰りの足がなかなか見つからないので、危険。
など。
そのため、旅行会社のツアーで申し込む人もいます。
若い個人旅行の人は平気でいらっしゃるのでしょうか?
情報不足でよく知りません。
いずれにしろ、開催日が決まっているので、時間が合わなければ仕方ないのですが。

ココボンゴ(カンクン:クラブ)は、危険という話は全く聞きません。
いつか行けたら行ってみたいですね。
メキシコ暮らしでは、普段の生活に”夜遊び”が、全くありません。
(夜は危険なので 外出は極力控えております。)
たまには夜遅くに出歩いてみたいです。


あとは、ツアーの入れ方ですね。
行ったツアーは2つとも大満足です。
個人ではなかなか回れないところでした。

ただ、オールインクルージブのホテルに泊まったのに、一日ツアーに出てしまったら
あまり意味ない感じ。(セコイですが)
オールインクルージブは、ゆっくり滞在スタイルがベストかもしれません。

「ゆっくり滞在は、日本人は3日であきる。」と、あるガイドさんが言われていました。
確かに。
よっぽど疲れた人でないと、かえって疲れてしまうかも・・・。


自分たちは かなりの”のんびり旅行”を心掛けたつもりでしたが、もっとゆったりできたかな?
長男がまだ来ていないので、彼が来れたらもっと練りに練ったプランで
メキシコを案内したいと思います。



ぜんぜん話は違いますが、逆に日本に帰ったらどんなことしたいか、こちらでたまに話題になります。
「温泉行きたい。」は結構出ます。
日本の温泉は、オーベルジュとも言えますが、そこそこ高いですよね。

高くて良いのは当たり前。
費用対効果の高いグッドプライスの素敵なお宿はないものでしょうか?
日本に帰ったら、”良い宿さがし”を趣味の一つにしようかと思っています。

あと、”良くない宿さがし”もついでに。
この話題もなかなか楽しいのですよ。

我が家ののワースト1は、道に迷って予定より遅れて着いた途端、
宿のおかみさんに激怒された大山の激安温泉宿。
予約したのは、ネットで見つけた主人です。
(そういえば、あれ以来…。懲りたのかしら?予約係しません。)

 いまにして思えば、あの女将さんは何かご病気だったのかも?
 初対面の客にもカッとなって自分をおさえきれないくらいだから。
 気の毒しましたね。
 いま同じ対応されたらすぐに帰るけれど、若かった(笑)

他に泊まり客もいなかったのに、通された部屋はふすまが破れてた。
部屋のお菓子入れのせんべいがカビていて(!)、
家族でじっと見つめあって、そっと蓋をして黙って次の人にパスしたっけ。
温泉なのに、湯がぬるかった。
ネットの写真は”囲炉裏端で食事”だったけれど、なぜか 台所で食べたっけ
怒られながら・・・。(実家か!?)

お料理はなぜかジンギスカン鍋で・・・。
お肉はドリップがたっぷり流れ出ていた。
みんな無言で、急ぎまくって食べたっけ・・・。
あまりに表情が怖いから、わたし
「あの、食器洗いましょうか?」って言いそうになったよ。

翌朝 宿を出た途端、小学1年生だった二男が、
「あのおばちゃん、お金を渡した時だけ笑顔だったね。」
と、めちゃくちゃ鋭いことを言ったっけ。


思い出という点ではピカイチです(笑)









by Taseirap | 2014-11-10 07:00 | メキシコに旅行する場合 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る