まだ『Armando』がある!

さすがウリアルテ。高額であった。
そして、決め手に欠いた。
(「お前ごときが言うな!」といわれるでしょうが・・・。)

大丈夫。まだ『アルマンド』や『ラ・ルス』がある。
明日がある。
ということで、ふらふらと街歩き再開。
街の北に向かう。

『プエブラ民芸博物館』
(Museo de Art Popular Pueblanao)がとても良いと、メキシコの人が言うので行ってみたものの、遅すぎてクローズ。
あちゃ。
当然『サンタモニカ宗教美術館』も閉まっているね。
(10時~17時でお願いします。)

仕方なく、近くの『シンコ・デ・マヨ市場』へ。
(毎日10時~20時オープン)

こちらは食料品市場。
生鮮食品が大量。飲食店も充実。
市場の周囲にも露店が並び、美味しそうな果物や
ヤバそうな野菜が売られている。


c0325278_23430798.jpg
ディープ


ローカル色が濃く、それはそれで楽しいもののアウェイ感は否めない。

翌日は、もう少しソフトに民芸品市場『エルバリアン市場』方面へ行こう。
街の東側へね。

お腹が空いたので、シンコ・デ・マヨ通りをホテル方面へ向かう。

c0325278_23543544.jpg
夕方は人がドッと増える


c0325278_00063231.jpg
美味しそうなポソレ(スープ)のお店を発見 1935年~


c0325278_00051233.jpg
メニュー(ポソレは3種類)

c0325278_00080972.jpg
鳥のポソレ

c0325278_00022918.jpg
豚肉のポソレ(が2種類)


あたり!

「いままで食べた中で一番おいしい♡」
と、同行者が喜ぶ。
私は、グアダラハラと甲乙つけがたく悩む。


c0325278_22231312.jpg
夜のカテドラルは昼間とはまるで別物



☆ 『プエブラ民芸博物館』
(Museo de Art Popular Pueblanao)
3 norte,12 orienteと14 orienteの間 
(火)-(日)10:00-17:00

*月曜日は公共の施設はたいていお休み。
*土曜日に特別に夜9時、10時まで開館している博物館もあります。
街角のインフォーメーションに案内や地図があります。










by Taseirap | 2015-04-05 07:30 | プエブラ | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧