団塊の世代の叔母 に見習い・・・たい

山口県の叔母のところに遊びに行きました。
(小学生の作文か!?)

団塊の世代の主人の叔母様は、とても活発です。
(それともこの世代の方は皆さんそうなのでしょうか?)
向上心と好奇心があり、意欲的です。
(私など、叔母の半分も動いていない感じです。)

健康のことを考えて、洗剤も食品も手作り。
(婦人の友社の本をわりと参考にしているようです。)

洗剤は、重曹とクエン酸と塩か何かをブレンドして手作りしておりました。
”セスキ炭酸ソーダ”や”セスキ水”(だったっけ?)
お手製のプリン石鹸で食器を洗ったら、手荒れもしないし、
汚れが良く落ちたのでびっくりです。

お風呂には、重曹とクエン酸と塩を入れてもらって、入浴。
お湯がさらさらで、主人はすっかり気に入っていました。


食べるものは、ご近所のウォーキング仲間の年上の奥様から
「腐るものを食べなさい。」
と、言われたそうで、実践しているそうです。

主人と
『腐ったものを食べる?』
と、聞き間違えたりしましたが
「防腐剤や保存料を使うものは、×。」
ということらしいです。

あ~、なるほど。


叔母の友人のある奥様は、7年前に山の別荘で犬の迷子を拾われたそうで、
その当時でオーバー10歳。
現在は
「おそらく人間なら100歳近いね。」
と、爪を見て獣医さんが言われたそうです。

見つけた時は、ボロボロな状態の大型犬。
元は血統の良い犬だったようですが、野良の時代の拾い食いで
身体の中に病気があり(?)、心臓に来たらアウトらしいです。

でも、発見以来、奥様手作りのペットフードで、
毛艶だけ見たら青年犬!
つやつやしてものすごく健康らしい。

毎週日曜日、犬用にお肉などをブレンドして、冷凍しておいて
日々食べさせるという飼い主の愛の努力の成果ですって。


捨てられて、さまよっても、こんな幸せな老後があるなんて
犬ごとながら良かったね。

メキシコの犬も幸せそうだったけれど、日本の犬は大事にされるんだね。


叔母は
「ペットフードでも腐るものを与える。まして、人間はね!」
と、わたしたちもたくさん健康的なごちそうをいただきました。

c0325278_16534776.jpg
いかくん、胡瓜、セロリほかのなます
(器は叔母の作品)


c0325278_16531691.jpg
大量のもちもち餃子



天津飯、丸ごと鳥のスープ。
お漬物もすべて自家製で、ジャムまで作っておりました。

翌朝は、にんじん1本入ったジュースです。
「ありがたい”健康合宿”だったね~。」
と、日頃の酵素不足を解消させてもらいました。

家庭菜園のハーブやトマト。美味!
私もしようかな~。


お土産に手作りの保存食をたくさん貰い、


c0325278_17154901.jpg
ガラガラの冷蔵庫が一気にリッチに



c0325278_17164004.jpg
朝採り筍のホワイトリカー漬け


筍をホワイトリカーに漬けて保存。
使うときには、1時間くらい水に放して。
タケノコご飯にすぐに使えます。

なんだかとっても勉強になりました。







by Taseirap | 2015-06-30 07:30 | 山口県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る