透明なイカが食べたい

台風が近づくなか、
「透明なイカが食べたい。
長崎チャンポンも食べたい。」
主人が言うので、
行ってきました、九州。

三連休だったので、思うような宿も取れず。
観光地は、かなり閉まっている事だろう。

全く期待のない旅。

子どもにも参加を断られ、夫婦ふたり。
ケンカにならないよう、おくちはチャック。
50' これが大切。
『台風が来るのに、外は怖い。テレビでカープみたい。』

言わないの。


さて、雨と風のなか、車を走らせ、
まずは呼子に。

憧れの玄界灘は灰色だった。

『河太郎 呼子店』
http://www.kawatarou.jp/yobuko.html
それでも、お客さまが並んでいる。
30分待ち。
駐車場に可愛い猫がいる。


いか活き造り定食(¥2700)に、
絶品といわれるエビフライも単品で。

c0325278_15045100.jpg

わー。スゴい!
透き通っている。
内側に包丁が入っているのも見える。

はるばる来たかいがあった!
イカ刺しの概念が変わるお刺身。


c0325278_15192883.jpg


定食なので、お店の方は、手早く運んで来られる。

c0325278_15055805.jpg

c0325278_15072544.jpg

c0325278_15083309.jpg

c0325278_15080200.jpg

美味しいエビフライは、
主人のお母さんの味に似ています。
細目のパン粉がサクサク。

お店の方が
「お刺身の残りは、塩焼きか、煮付けか、
天ぷらにできますよ。」
「天ぷらでお願いします。」

c0325278_15090792.jpg

てんつゆにショウガが入っていて、
九州を感じる。

c0325278_15114062.jpg

お漬け物の『博多ごぶごぶ』も、大好き。
(正式名称は知らない。)

c0325278_15131384.jpg

c0325278_15150548.jpg

主人は、ご飯をお代わりして、お代わりして、
たくさん食べました。
こんなにお米を食べるのって、
久しぶりじゃないかしら。

九州は、もう新米も出ているそうです。


港では、いか釣り船が台風にそなえて待機。

c0325278_15204616.jpg

c0325278_15215878.jpg

c0325278_15223701.jpg

普段の海は、どんな色なのだろう。



道中の『牧のうどん』、『唐津バーガー』
の誘惑に耐え、呼子の突端『河太郎』まで来た。

家から来る途中、5台も事故車を見る。
スリップかなぁ?

東広島市から呼子は、280㎞。
休憩入れて、5-6時間くらい。
佐賀県は微妙な遠さ。

方向を変えたら、京都(328㎞、4-5時間)に
着いちゃうくらい。

博多で遊んだり、熊本方面の温泉も捨てがたいから、
私も20年ぶりに唐津に来た。
気持ちでは、大好きなんだけど。


さて。
どこに行こうかな。

というか、行けるところはあるのかな?
風が強くなる。












by Taseirap | 2017-09-20 07:30 | 佐賀県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る