カステラの『福砂屋本店』へ

長崎新地中華街から、ぶらぶら。
広島でいう流川っぽいところに差し掛かる。
昼間なので、お店は閉まっている。
この界隈は、むかし花街があったらしい。

行こうか、行くまいか
どうしようと迷って、思案するから
『思案橋』。
なーんだ。
京都の『哲学の道』みたいな由来かと
思っていました。

丸山公園のそばに、交番。

c0325278_13411536.jpg


そして、『福砂屋(ふくさや)本店』。

c0325278_13444220.jpg

建物は、昔のままの造り。
福砂屋は、寛永元年(1624)創業。
ポルトガル人直伝の製法を守る。
店内は、えらい美人の店員さんばかり。
昔の商家のような、格子窓の勘定場がある。

昔ながらの箱形のカステラ。
それを少し細目にしたカステラ。
そして、キューブ型のカステラ。

c0325278_13481768.jpg

開けますよ。

c0325278_13520336.jpg

お、これは。

c0325278_13523726.jpg

組み立て式のフォークまでついて、
すぐに食べられますね。

味は昔のまま。
形が進化しているカステラでした。

支店はあちらこちらにありますが、
古式ゆかしい本店が興味深い。
思案橋電停から徒歩3分。



☆『福砂屋 本店』
長崎市船大工町3-1
TEL:095-821-2938
8:30-20:00
無休

広島では、そごう広島店、天満屋福山店で
買えます。


by Taseirap | 2017-09-28 07:30 | 長崎県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る