老後の意外な出費

少し習ったことを元に、知ったかぶって
得々と綴ってまいりましたが、
それも そろそろ おしまいです。

お付き合いありがとうございました。

さて、最後は『老後の意外な出費』について。

まずは、医療費。
「意外でもなんでもない。」
そうかもしれませんね。
健康保険の範囲内の治療なら、高額療養費制度で、
自己負担はそこそこ。

自己負担限度額は、70歳未満なら(/月)
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
(標準報酬月額53万円~79万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
(標準報酬月額28万円~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円

70歳を過ぎれば、年収370万円以下なら、
18000円(2018.8月から)

外来も、入院も、自己負担を越えた部分は、
手続きをすれば戻ってきます。
ただ、差額ベッド代、入院時の食事代の一部、
高度先進医療費、雑費はその対象外。
全て自己負担。

さあ、これをどうやって支払うか。
やっぱり、少し保険に入っておこうかな~。

『プレジデント』には、
"持病があっても入れる保険"も良いが、
医療費貯蓄をつくって、そこから出す
方法をオススメ。
保険料も高齢だと結構するから、
満期になった保険のお金を、
そのまま医療費貯蓄にしなさい、と。

(満期になった保険は、どこにある?
まずはそれからですね。)

一人辺りの年間医療費は、
70代で61-78万円。
80代で92-104万円。
90代は、110-120万円。

夫婦二人なら、2倍。
医療費で年金が飛ぶ計算。
高額療養費制度があって良かった。



さて、国民健康保険、国民年金、住民税、
高額療養費などを考慮したら、
定年後も再雇用でいくらか働き、
標準報酬月額や年収を下げる事が
ベターだと思われる。
特に、奥さまが扶養に入っている人は。

(私の知人は、きっぱりすっぱり
定年退職して、再就職もされなかった。
以来、長々と奥さまの不平を聞いている。)


また、
40歳になった途端、お給料から天引きされた
あの介護保険料。
定年退職後も、支払う必要があります。
(保険料は市町村、所得額によって違うそうです。
安いところに住みたいなあ。)

介護保険料といえば、
『年金が貰える65歳になったら、
さすがに払わなくて良いだろう』
と、思っていたら
NO !

あれは、死ぬまで払わないといけない仕組み。
2か月毎の年金支給額から、
"もれなく、自動的に、先に引かれて"いる。

衝撃!

少ない年金の手取りが、さらに減る事態。

人は、老後ほど、厳しく生きにくいのである。


また、これ以外にも、
『子どもの結婚』
関西では、結納から新婚旅行土産品まで
費用平均450万円。
親からの援助は、平均185.7万円(両家合計)。
7割が親からの資金援助を受けているそうです。

『住宅リフォーム』
平均225万円(水回りだけ)。
バリアフリーにするなら500万円。
屋根なら200万円。
お風呂は180万円。
トイレは100万円。

『教育費』
(定年後も教育費を払うご家庭は、増えているらしい。)

大学生(国立自宅):524万円/4年間
国立自宅外:814万円
私立文系:684万円(自宅外:954万円)
私立理系:819万円(自宅外:1089万円)
理系では ほとんどが進む大学院
(2年間として):368万円(自宅外:549万円)

『ライフイベント』
趣味、旅行、記念日、孫関係のイベント。
(これは楽しみでもある。)


講座を受けて以来、主人は昔の友人を
少し大事にするようになりました。
「わしゃ、この前 救急車で運ばれての~。」
などという話に、妙な癒しをもらっているようです。

『私が先に逝く』設定で話すと、
主人はなぜか少し喜ぶけれど、
アイツも人生の逆算は苦手なはず。

それでも、
未知のチャレンジでもある老後。
チャレンジできただけでも幸せ。
守るよりも攻める気持ちで、心は老けずに
いきいき暮らせたら嬉しいです。

c0325278_14011832.jpg

わたくしの来年の手帳
やや、やる気



by Taseirap | 2017-10-26 07:30 | よもやま話 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る