お米が美味しい!

新米の季節到来。

c0325278_07440610.jpg

最近の我が家のブームは、パリパリの海苔に
少な目にご飯をのせて

c0325278_07444704.jpg

巻く!

c0325278_07460578.jpg

力をいれない おむすび。
息子は、もつ鍋と一緒に 5個食べた。

お米は、庄原の道の駅の自販機で。
「えーと。1番のコシヒカリを、3キロ。」

c0325278_07472945.jpg

プラステック容器に入って出てきたのを、
隣の精米機に入れる。
3分、7分、普通から、お好みの引きかたを
選んで GO。

ガガガガ。


c0325278_08062818.jpg

出た!

c0325278_07482047.jpg

た、たのしい。

最近は、お米の消費量が減ったので、産地では
ブランド米を作る方向に進んでいるらしい。
東広島では長く
『中生新千本(なかてしんせんぼん)』が
作られていたが、
これからは『恋の予感』を作るんだって。
公募で選ばれた名前。
チョコレートじゃないのよ。

広島県中南部地域で作付けされている
ヒノヒカリの
高温障害による品質低下をうけ、
耐暑性に優れた代替品種として導入されました。
品種の特徴として、背白・乳白が少なく
整粒歩合が高いです。
また、丈が低く倒れにくく、いもち病に
かかりにくい為、多収です。

― だそうです。


新潟の新ブランド『新之助』。
人気の『ゆめピリカ』、『つやひめ』。
『皇室新嘗祭献穀米』なんてのもある。
奥出雲の仁多米。持ち麦も人気です。

広島だったら『あきろまん』とか。
『カープ応援米』なんてのもありまっせ。
応援米の中身は、あきろまんやらコシヒカリやら、
時に替わるみたいです。


お米は、もはや 贅沢品。

メキシコで食べた『コシヒカリ』。
エクアドル産だったっけ?
粒が小さく、硬めで、じつのところ
味がよくわからなかった。

生産者に、粒を大きく作るという発想が
なかったんだろうか?

でも、ありがたかった。
『コシヒカリ食べてる!』
と、それだけでとても嬉しかった。








by Taseirap | 2017-10-28 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る