staub ルースター ココット

大好きだったル・クレーゼ。
長年使用しましたが、鍋底を焦がして、
洗ったら一部が欠けてしまった。
身体には害はないそうですが、なんとなく…。

思い切って、
「今までありがとう!さようなら。」
(これを言うと"捨てられる"魔法のことば。)

それ以後は、アルミの多層鍋やティファール、
圧力鍋などを使っていましたが、
どうもしっくりこない。
カレー、ラタトゥイユ、クリームスープ、肉じゃが。
家族も気が付いて
「なんか味が… ちがう?」
(もともと 料理上手じゃないけどね。)

ジャガイモと豚肉のローズマリー焼きを
フライパンで作ったら、あらら。
ほくほく感がない。

『焼く』と『蒸す』の絶妙なバランスが、
旨さの階段を上がるか降りるか 決める。

降りたね。

やはり、きっちり重い鍋を買いましょうか。
吉岡鍋、HAL無水鍋、バーミキュラ、
日本製でホーローの塗り直しができる物、
再度のル・クレーゼ購入 などをしばらく検討。

近所のスーパーが
『シールを集めて、ル・コルドン・ブルーの
ホーロー鍋を安く買おう!』
を、している。
じゃ、次はコルドンブルーで良いかな。

ところが、コストコに行って、
いつも横目に見ていた『ストウブ』。
「もう、これにしたら?」と、家族。
考えるのに疲れて、買っちゃいました。

c0325278_12150732.jpg

我が家のカレー鍋は、2代目緑色。
おまけのボウルが2個。

c0325278_12153988.jpg
ありがとう♪

今晩はカレーにしましょう。





by Taseirap | 2018-04-23 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る