のどがイガイガする

昨日、主人の隙をみて、ひとくち食べたパイナップル。
夜中になって、喉の違和感。
喉の奥から苦い味がやって来る。

『これが、後鼻漏症候群かな~?』
と、思って少し咳き込みながら、ネットで調べる。
でも、ちょっと違うみたい。

のどが軽く刺されているような違和感。
風邪のときのような"のどが痛い"までいかない。

『もしかして…?』と果物アレルギーを調べてみると
症状ぴったりでした!
苦い味と、チクチクする違和感。軽い咳き込み。
えへん虫的なねっとり。

余談ですが、のどが"イガイガする"は、
"いがらっぽい"から来ているのでしょうね。
『いがらっぽい』は、『えがらっぽい』とも言うそうで、
えぐい【×蘞い/×醶い】の意味から転じたようです。

イガらを、私は勝手に"栗のイガを飲んだ感じ"と
イメージしていました。

さて、とりあえずは 枕元に常備している
『コストコのカークランドの水』
いつものアメリカの水道水ではなく、
スプリング(湧水)の方を、ときどき飲みながら、朝。
痛みもだいぶ減りました。

果物アレルギー恐るべし。
パイナップル、メロン、いちご、マンゴー。
あ、桃も。
ちょっと気をつけよう。


おまけ
全然関係ありませんが、ちょこっと
尾道にドライブしました。


c0325278_13353662.jpg
尾道から向島ゆきフェリー

c0325278_13363572.jpg
夕暮れが近づく







夜中に水を飲んでいると、昔のことが思い出されます。

野菜嫌いで、小学校の給食に苦戦していた小1の次男。
「今日も野菜がいっぱい出た。」
「そうなん。身体に良いよ。」
「○○ちゃんは、食べんでも良いんだって。」
「えー。○○ちゃんずるーい。」
冗談を言ったつもりだったけれど、
次男はシリアスに
「○○ちゃんは、アレルギーなんよ。
だから食べたくても食べられないの。
好き嫌いで食べないのと、
食べたくても食べられないのは、
全然違うじゃろ?母ちゃん。」
「…はい。急にすごく偉くなったね~!」
「えへへ。」

今にして思えば、あんなにすらすら言えたのは、
自分が先生から言われたからではないかしら?
気がつかずに誉めちゃったりして、抜けていた。


by Taseirap | 2018-05-25 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る