幸せ

梅雨の晴れ間に、おせんたく物を干して。

c0325278_13110901.jpg
洗った洗濯物の良い香り

c0325278_13124251.jpg
トマトの花が咲いている


風が吹いてきた。
気持ちいい。

50肩が治まっているから、
夜寝るときにどっこも痛くない。
うれしい。

大雨が降っても、メキシコと違って
雨漏りしない。
ありがたや~。

思いがけない頂き物。
えー、いいの?
プリンもクッキーも旨いっす!
わーい。

友人の旦那さま。
この頃、新しいことをうろ覚えで話すらしい。
「昨日テレビにお前の好きな俳優が出てたぞ。
藤岡デン。」
「だれっ!?」
(お父さん 惜しい! ディーン・フジオカ。)
「最近は、野菜少年が多いそうだ。知っとるか?」
「知らん!」
(草食系男子の間違い。)
家族は非常に嫌がっているけれど、聞く方はとても楽しい。




おおざっぱに 幸せ…とはいえ、
年相応のしんどさや
しがらみの苦しさもあります~。

でも、それは精神的問題。
いつの時代でも、どんな場所でも
普遍的にあること。
C'est la vie.(セ・ラヴィ)「それが人生さ」。

ただ、幸せは単発で来るけれど、
不幸は重なりあって集団で来るからイヤよね。
なにかの呪いかと思うわ。
リカバリーも年単位。
幸せは、秒で去るのに。

物質的な生活面では、
熱いお湯がふんだんに使えて、
屋根の下で眠れて、
好きな食べ物も簡単に手に入る。
もしも地球のみんなでひとつの飛行機に
乗っていたとしたら、日本人のほとんどは
ファーストクラスの暮らしなんだって。

当然、ビジネスクラスもエコノミーもあるわけで。

やはり、今の暮らしは恵まれていて
本当にありがたいと思います。
そして、幸せには ランニングコストもかかるし、
メンテナンスも必要。
ひとたび 地震が起きれば、また1から。

わたし 働かなくっちゃ です。







by Taseirap | 2018-06-20 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る