高速道路を利用してみました

昨日、山陽自動車道の西条ICから広島東ICを利用しました。
利用車両は少なくて、渋滞は全くありません。
災害派遣の幕を張った自衛隊の車両を数台みました。

道路には砂が浮いていて、白っぽい。
途中途中に、土石流が流れた山肌があり、
塞がれたトンネルの復旧後の現場があり、
山中には、積み重なった土まみれの樹木があり…。

広島高速も通れました。

新しく何かを作るのも大変だけど、
メンテナンスも大事ですね。
無駄な費用のようにも思えるけれど、
機能を保持するのは簡単ではありません。

西日本の瀬戸内側は、冬場の除雪費用は
それほど要りません。
でも、雨による災害が起こる場所だったようです。

増水して破損した瀬野川ですが、
普段の水量は、そう多くはありません。
川岸は親水公園だったり、野鳥が泳いだり、
自然の護岸の部分があったり…。
良い感じの川なんです。
昔からの暮らしの楽しさが残るところが、
自然災害に襲われて、姿を変える残念さ。

地球温暖化は言われて久しく、遠くキリバス等を
気の毒に想っていました。
でも、私たちも同じだったみたい。

お買い物して帰ったコストコは平常通り。
ただ、そこここにお水を配置。
販売していました。
『お水はいくらでもある感』がうれしかったです。


今は部分的に迂回路を使わないと、
広島まで行けない国道2号線ですが、
7月21日(土)に復旧するそうです。

ありがとうございます!



by Taseirap | 2018-07-16 09:14 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧