宿と島根和牛

「今日泊まれますか?」
と、何軒か宿に電話して
「急に言われてもムリです。」
と、はっきり言われたりした主人。

当たり前ですね。
ご利用は計画的に。
『泊まるだけで良いよね』ということで
朝食付き5000円の『琴引ビレッジ山荘』に。
琴引山の麓にあり、ログハウス棟もあります。


お部屋は合宿所みたいで、少しかび臭い。
広さは9畳ですが、3✖3という見たことのない配置。
鰻の寝床ですな。
でも、宿の人は親切です。
最近中高年に人気の登山。
山ガール(ガールじゃないけど)になった同級生もいます。

この辺りは森林浴ウォーキングもできるみたいで、
身体に良さそうです。

宿のお風呂は、光明石を泉源体とした温泉。
神経痛や冷え性に効果あり。
無色透明です。
これまでの湯は、にごり湯で
タオルが茶色くなる。
それはそれでうれしいのですが、
シャンプーするのは無色透明がうれしい。

奥出雲、飯南町の温泉は、小さい湯でも
サウナがついていて、
雪深い冬の暮らしが思い浮かびます。

あと50分、車で走れば松江。
あと40分、車で走れば、石見銀山。
ついつい通過していた奥出雲地方。
実は、なかなか楽しい温泉旅ができる地域でした。

宿代を節約したので、晩御飯は島根和牛にします。

c0325278_11171276.jpg
サーロイン

c0325278_11210619.jpg
頓原漬け 大好き!


c0325278_11183898.jpg
『ステーキハウス 萌美野』

c0325278_11194564.jpg
奥出雲和牛が、街のお店の半額
JA直売ならではの産直価額

c0325278_11261942.jpg
リーズナブルなセットメニューも






by Taseirap | 2018-08-22 07:30 | 島根県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る