法事にて

先日、法事がありご住職様から
仏教の3毒のお話がありました。
私は初めて聞きました。

3毒とは、人間の大きな煩悩のこと。
とん、しん、ち。
梵: triviṣa, トリヴィシャ。
人間の諸悪と苦しみの根源だそうです。

貪 とん =むさぼり
(欲深く物をほしがる、際限なくほしがる)
瞋 しん =怒り
(自己中心的な心で、怒ること、腹を立てること)
癡 ち = 迷 めい 妄 もう
(物事の道理に暗く実体のないものを真実のように思いこむこと)

つまり、強欲と怒りと愚痴の三点セットが、
私たちを不幸にする。

強欲と怒りは、何となく気がついていたけれど、
愚痴も?
「愚痴をお聞かせしてすみません。」
って、そういうことだったの?

衝撃。

このブログも気をつけます~。
毒を垂れ流さないように。

愚痴と批判の違いはなにかしら?
正当性の有無かしら。
自分が正しいかどうか、分からないけれど不満。
だから話す。
でも、それは愚痴?

理解しようにも、自身に圧倒的に
知性が足りない気がする~。
…ん、これは愚痴?
いや、ぼやき。
…は、大丈夫かしら?

と 迷路に入ってしまう凡人。
あ、今のあいだに、なんだったっけな?

とん、しん、ち だ!
チントンシャンじゃない、頓珍漢じゃない。
つくづく、仏教系の大学でなくてよかったと思います。
1個も単位とれなかった気がする。



by Taseirap | 2018-12-12 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る