ぶり返す熱

お薬のお陰で熱も下がり、
なんと35℃台という『それはそれでどうなの?』
の二日間を経て、
さあ、次男ともどもお仕事復帰。
の朝、発熱。(私だけ。)
38.5℃。
熱がないとは言えない数値。

どういうこと?
頓服を飲むと、37℃台。
一応下がるけれど、今回は頓服かなり飲んでいます。
私、大丈夫かな?

ネットでインフルエンザのことを調べ、
インフルエンザ脳症やライ症候群などの合併症に怯える。
初めて聞いた『ライ症候群』は、
インフルエンザによる頭痛と気がつかずに、ロキソニンを飲んで
一週間後ぐらいに脳がやられた時の症状
(意識障害、嘔吐、痙攣、無呼吸など)が出現する。
ロキソニンには、注意!

ある方は、
「母がタミフルを飲みかけて、急に下血したのよ。
珍しいケースだけど、アレルギーだったの。」

私どうしましょう。
おとなしく寝て、自力の発熱で治癒を目指すか?
それとも、また病院に行き再検査していただくか。
病院に行くのも、お薬飲むのも体力がいる。
(元気でないと病気にもなれんわ。)

不思議と気分は悪くなく、寒さに負けずポッかポカ。
たまに強烈な悪寒はあるけれど、ブルブル震えたあとは、
暖かい。

お仕事はこれ以上お休みはできない 気がする…。
ピンチだ!



by Taseirap | 2019-01-21 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る