インフルエンザの反省

(ほんとしつこくてすみません。
インフルエンザの続報です。
今回は、自分でも過去にない経過なので、興味深くて
記録せずにはいられません。)

37-38℃と熱がぶり返した翌朝、今回の風邪で
初めて汗をかきました。
(水分はたくさんとっても、汗は全く出なかったのです。)
体温を測ると、33.4℃。
体温計壊れたかと、違うので測っても同じ。
びっくりしました。
腕の部分だけ死んじゃったのかと思いました。
バタバタとリビングに行って、朝ごはんを食べる家族に
「おはよう。」
と言ったらいつもの反応があったので、霊にはなっていない。
あー、良かった。

朝ごはんを食べて、布団でしばらく温めて再び検温。
34℃台。
また寝る。
お昼ご飯に起きる。
また検温。35.4℃に上がる。
でも、ここからが上がらない。

頓服は解熱作用があるから、飲まない。
なんだか、あとは自力で治す方向に舵切っておりますが、
果たして正解でしょうか?

インフルエンザだけでなく、感染症にかかると、
脳幹部分の体温調節中枢が興奮して、寒気→高熱になるそうです。
熱の上がり下がりで病気の進行状況が分かるものの、
自力で治すのは時間がかかる。
しかし、頓服による発熱のコントロールは、素人には難しい。
もしや 飲み過ぎたかもしれない。反省1。

また、インフルエンザの熱が下がった後で、
くしゃみ・鼻水が莫大出てきて、
それがいやで、つい鼻炎の薬を飲んでしまった。
今にして思えば、あれがまずかった気がする。
なんかリズムが狂った。
自然のままに出しきればよかった。
咳や鼻水などの呼吸器症状は、発病2日目くらいから
1週間位続くらしい。
不快でも一種のデトックス。
がまん、がまん(すればよかった)。反省2。

インフルエンザになったら、発熱の日から1週間は
ムリにでもお布団で寝ておく。
ごそごそしない。
反省3。

お薬を飲まなくても熱が無い ということは、
今度こそ治癒したと考えて、お仕事に行ってきます。




by Taseirap | 2019-01-22 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る