広島空港から台北 桃園(タオユエン)空港へ

広島空港(HIJ )へは、JR西条駅北口からリムジンバスで。

c0325278_19294461.jpg

運賃は650円。
降りるときに運賃箱へ。
もちろん ICOCAも使えます。
(広島空港からの最終バスは 21:30発)

広島空港から台湾桃園(TPE )へは、
チャイナ・エアライン(中華航空)の直行便が毎日飛んでいます。
出発時間は午前 9:00。
国際便は2時間前にチェックインなので、7時に着くように
バスは 朝6:30の始発に乗らなくては!
平日の早朝ですが、もう10人くらい待っています。
高速道路で20分から25分で、空港に到着。
スムーズで とても便利です。

飛行機で、午前10:40には台北の
桃園空港へ着く予定。
時差がマイナス1時間だから、フライト時間は2時間40分。
今回は、9:10に離陸して、11:00に台北の上空。

広島空港 ⇒ 桃園国際空港

出発日便名広島発桃園(台北)コードシェア等
毎日チャイナエア CI113便09:0010:40JL5119便

桃園国際空港 ⇒ 広島空港

出発日便名桃園(台北)発広島着コードシェア等
毎日チャイナエア CI112便17:2020:50JL5110便




ところがですよ。
飛行機だもの、色々ありますよね。
混雑しているそうで、上空で20分の旋回。
11:30に着陸して、空港を走る飛行機30分。
どんな遠くに降りたのやら?
止まって、お迎えのバスに乗り、また地上を走る。
入国審査は、通路でイミグレの紙を出して、
写真撮影と人差し指の指紋。
わりとスムーズ。

スーツケースは例のごとく
『ターンテーブルから出されて、隅っこに置かれている』。

スーツケースを取って、ゲートを出て
ロビーで待機中のツアーのツアコンさんのボードを見つけて、
氏名を申し出て、他の人が揃うのを待つ。

やっぱり『スーツケースがなかなか出てこない。』と
ターンテーブル凝視して待っておられた方が多かったみたい。
今回も「スーツケースが見つからなかった。」の声あり。

桃園空港は スーツケースは出てくるの早いですよ。
(だって、私たちには長い入国審査があるから。)
反対に、広島空港では人はすぐに出られるから、
スーツケースが出てくるのが遅く感じられますよね。
(午後9:30発のリムジンバスにギリギリ乗れるくらいよ。)

どちらも かかる時間は大差ないと思いますが、
旅行会社がひとこと注意しても良いかも。
『台北桃園空港では、スーツケースはターンテーブルではなく
もう並んでますよ。どこかに。
電工掲示板は参考程度に思って、近くを見回してください。』

ロビーでツアー客全員が揃ったのは、
12:35でした。
日本時間では、13:35。
結果、日本から4時間半かかりました。
自宅からは、待ち時間も込みで7時間くらい。
意外と遠い台湾。


by Taseirap | 2019-04-16 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る