台湾でツアーバスに乗る

桃園空港からは、ツアーのバスに乗り込みます。
大型バスは空港の地下の駐車場ですから、ゴロゴロと
スーツケースを引いて歩きます。

しかし!

ツアー旅行の最大のメリット。
スーツケースを引くのは、空港とホテルの中だけ。
移動中はバスに放置ですから、小さいバッグひとつで
街を歩けます。
車内の冷房よけのストールや日焼け止め
ガイドブックやお水などは、
別のバッグに入れて 座席に放置。
必要なときは、すぐに取り出せます。
バス旅は なんて便利。
コインロッカーを探さなくても良いし、都市間の
移動も楽々。
車窓からの景色も 遠くまでよく見えます。

c0325278_23055266.jpg

ところが、思わぬデメリットも。
バスは2階建て。
荷物は1階で 人は2階。
目的地に着くたびに、登って降りて。
じみに膝にきます。
あと、知らない人と ずっとご一緒するのも
人見知りな自分には いささか苦しい。
(そこまで話す機会もなく、少しずつなれてきますが…。)

ところで、現地紙幣のニュー台湾ドル(元)は、
1元は3.66円。
バスの中でツアコンさんが手数料なしで
両替してくださいました。
「ひとり1万円ぐらいで充分ですよ。
足りなければ、いつでも替えます。
いまから寄るところでは、日本円での支払いもできます。」
実際に現地マネーを使うのは、
自販機やコンビニや夜市。
ほとんどの食事代やお寺の拝観料などは、
ツアー代に込みです。
確かに、そんなに要らないかも。

もちろん 台湾ではクレジットカードも
そこそこ使えます。
(が、カード払いの話は全くされませんでした。)
空港での両替手数料は数百円くらいですので
そこまでの痛みはありませんが、
面倒ではあります。

結局、私は”日本円での支払い”は
経験しませんでしたが、
免税店、日系デパート、
ツアーに入っているお茶屋さん
希望で紹介してもらった足つぼマッサージ店などは、
日本円でOKみたいです。

お釣りは日本円で来るのかしら?


高速道路の新竹のサービスエリア。

c0325278_21244888.jpg

で、風の強い新竹名物 焼きビーフンを食べました。

c0325278_21200847.jpg

牛スジ肉入り麺と豆腐の煮たもの。

c0325278_21222659.jpg

c0325278_21234803.jpg

これが けっこう素朴でおいしいの!




by Taseirap | 2019-04-17 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る