台南 赤カン樓

台湾は、台北市に大陸からの役人が住んだことで
今も北部に企業や人が集中しています。
台湾の人口が、約2400万人。
人口が1番多いのが、首都の台北付近。
台北市270万人、新北市(ニュータイペイ)約400万人。
高雄市は270万人。台中市もそれくらい。
地震被害の大きかった南投市は 50万人。(2017年統計)

国の南部は農業地帯。緑が濃いです。
古くから栄えた港は 高雄。
バナナの積み出し専用の黄色に塗られた岸もあります。

赤崁楼 (せきかんろう)は、
高雄市の北隣、グルメの街 台南市にあります。

セキカンには、赤レンガの建物という意味と
赤い髪(オランダ人)が建てたという意味があるそうです。
オランダ統治時代の1624年に政庁がおかれた台南。
そのオランダ人を撃退したのは、鄭成功(ていせいこう)というヒーロー。
父は漢民族(商売人)、母は日本人(長崎県平戸)だったそうです。
1661年 台湾占拠中のオランダと戦い、勝利。
台湾に政府を設置し法律を定め、開拓を行い、民を養う。
翌年、39歳の若さで亡くなった眉目秀麗の優秀な武将。

“台湾人を助けるために生まれた人だ”と
今も感謝されているそうです。

1662年5月8日に亡くなったそうですが、
生まれたのは 1624年7月14日(平戸)。
37歳で亡くなったのでは?
数えでカウントされるの? 旧暦関係してる?
変なところで引っ掛かり わたし苦しんでいます。

c0325278_09001979.jpg

台南は、オランダが去ってからも、200年以上
台湾の首都として栄えました。
200を越える寺廟や史跡があり、『台湾の京都』とも
呼ばれるそうです。
なるほど。落ち着いた街ですね。
次回台湾に来ることがあれば、台南中心で周りたいです。

c0325278_08460998.jpg

c0325278_08490344.jpg

c0325278_08472908.jpg
屋根の下の突き出た部分は、雨が集まるので
床掃除はその部分をすれば良いという建築の工夫



赤カン樓は、1653年建造。
赤レンガ造りの台南最古の建築物です。

こちらはお二階が素敵です。

c0325278_09015140.jpg

c0325278_09031896.jpg

c0325278_09043549.jpg
学問の神様
筆もって怖い顔


お庭に巨大な樹木が!

c0325278_09055548.jpg


髭のような根が垂れ下がる『ガジュマル』でした。


こちらは とてもフォトジェニックな建物。
今風にいえば、激インスタばえです。
でも、わたくし横着者で、デジカメの写真をup するのが
めんどくさい。
全て携帯電話の画像にて失礼しております。
いやー、いいアングルの写真がデジカメにはあった…
あるはずなのですが、すみません。


by Taseirap | 2019-04-25 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る