台湾の車窓から

台湾の高速道路をバスで行きながら、ツアコンさんが
「車窓の景色から、いまどの辺りかがわかります。」
と、言われます。
当然ながら台北市内は大都会。
緑を眺めると、バナナの木がふつうにあったりして
驚きます。
ヤシの木には驚かないのですが、
ソテツや羊蹄木、ガジュマル。
植生の違いが面白いです。


c0325278_14004435.jpg

台中市は、新築マンション多数。
エリア毎に開発イメージがあるそうで、
『軽井沢』と『代官山』があるそうです。
「イメージが伝わりやすいでしょう。」
台湾の人は、日本によくいらっしゃるのね。

私が勉強している国語の通訳の授業では、
「『広島』と『ヒロシマ』のニュアンスは違うから、
気をつけて遣うように。」といわれますよ。
でも、台湾に仮名文字はないので、全然関係ないですね。

台南に向かうと、車窓には緑が広がり
田んぼや畑、魚の養殖場も見えます。
台湾の養魚場は、ため池。
とこぶしやうなぎを育てています。

c0325278_14033924.jpg


その昔、ゴさんとカクさんが 研究して
『ゴカク魚』を作りました。
値段は安いけれど、骨が多く、泥臭い。
庶民の魚でした。
さらに研究が進み、臭みが少なめ、骨も少なめに育て
人気の輸出魚になりました。
その名は『台湾鯛』。
ティラピア、いずみ鯛のことです。
台湾の屋台などでたくさん食べられています。

高雄は、工場の煙突。
古い港もありますが、工場も多いです。
台北市から高雄は、車で五時間半。
500元(2000円)。

台湾の移動は高速道路が便利です。
でも、高速に料金所がありません。
実は、台湾は6年前から、ETC よりもっと進んだ
『Etac(イータック)』採用しています。
細長い1枚のシールを、ガラスに貼っておけば、
道路上のセンサーが自動読み取り、自動支払い。
料金所要らずで渋滞緩和。
タックシールは、普通車なら 運転席と助手席の間に貼るそうです。

今後は、健康保険証を身分証明証と一体化する予定だそうです。
日本よりかなり進んでいるIT化。






誰も興味ないでしょうが、私の希望は
健康保険証にお薬手帳と電子カルテを入れてほしい。
それに、クレジットカード機能かデビットカード機能、
生命保険の加入証も付けていただけたら。
もしも、旅先で具合が悪くなっても、
カード1枚で検査から入院から退院までOK。
孤独な状態の人でも安心でしょう。

それとも、全部をアプリにして、携帯電話に入れた方が
良いのかしら?
読み取りもすぐできそうですが…。
日本は自然災害が多いから、電子化に慎重なのかしら?

日本のお役所機能をスマートにまとめて、
COOLな JAPAN になってほしい。
労働者人口が減るので、省けるところは省いていかないとね。


by Taseirap | 2019-05-13 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る