吉良川の町並み

吉良川(きらがわ)は、室戸岬から車で20分。
国道55号線沿いの町です。

c0325278_12051816.jpg


平成9年に『重要伝統的建造物群保存地区』に選ばれています。
かつて、『台風銀座』と呼ばれた室戸。
雨風から家を守るための工夫、
“土佐漆喰、水切り瓦、軒の低い民家”
が残る地区です。

c0325278_12033887.jpg

c0325278_12040511.jpg



c0325278_12043075.jpg

c0325278_12074071.jpg


赤レンガ、ナマコ壁、川原石や浜石で作られた外壁“石ぐろ”。
独特の景観ですが、懐かしい印象です。

西山台地という日本有数の海成段丘もあり、
地質学がお好きな人には、室戸は
たまらない坂道だらけです。

吉良川に立派なお家が多いのは、土佐備長炭の
積出港で栄えた街だから。

有名な『水切り瓦』ですが、どんな物か
私は非常に興味がありました。
想像していたのは、
『ものすごくツルツルした瓦』
『川遊びで投げる水切り石を、上手に切断加工した瓦』
『それを急角度で屋根につけ、雨は高速落下』


c0325278_12060635.jpg
この壁の途中に入っている瓦が、水切り瓦
白壁を浸水から守る工夫


全然違いました!

平日だったので、カフェはお休みでしたが、
普段着の街が見られました。

じゃあ、高知市へ帰ろう。


c0325278_12091771.jpg


c0325278_12284273.jpg
土佐黒潮鉄道のごめん・なはり線は
ほとんどが高架
見晴らし抜群らしい



c0325278_12084346.jpg





by Taseirap | 2019-07-09 07:30 | 高知県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る