2014年 04月 10日 ( 1 )

セント・マーチン島の港

火曜日。

いよいよ初の寄港地フィリップスバーグ、
セント・マーチン(Philipsburg St.Maarten) に
上陸です。

c0325278_11384094.jpg
島影がだんだん近づいてくる

c0325278_11062990.jpg
朝日を浴びるセント・マーチン島

(『黄金山 IN 広島市』みたい)



c0325278_11110210.jpg
『ディズニー シップ』と『ゲッタウェイ』

c0325278_11154215.jpg
その向こうにももう2隻


波止場は巨大クルーズシップの展示場みたいです。
シップに興味のある方、雑な撮影ですみません。

ここの港は、船の前方に立って船全体を入れて
撮影するのに良いポイントかもしれません。
4隻は必ず停泊します。

思わぬところからデッキが出てきて、清掃風景も撮影できます。

c0325278_11204615.jpg
船の後方部分には
ミッキーマウスがぶらさがっていた♡



この島は、北側がフランス領、
南側はオランダ領に分割されています。

島に着いたらすぐに貴金属(ダイヤモンド)の免税店がずらーり。
良い品が安く買えるそうです。
予算と欲しいもの
(ブレスレット、指輪、ペンダント、ピアスなど)
を決めて、店員さんに言うと
サクサク応対してくれます。
わたしも300万ほどのピアスを買いました。

ウソです(笑) 

貴金属には ほとんど興味がありません。
でも、もう少し年を取ったら、
どうなるか分かりません。

若い方は新婚旅行で来られて、
結婚指輪とか購入されたら
国内で買うよりリーズナブルかも。
セント・マーチンは、店舗数も品数も
ほかの島より多い印象です。
クルーズ船では業者の説明会があって、
指定店へのVIP紹介状もくれます。
船内の免税店でもたくさん売っています。

私たちは
Orient Beach Rendezvous (オリエント・ビーチのランデブー)』
のツアーを
クルーズのネットで事前予約していたので、
少しダイヤモンドを見て目の保養をしたら
バスに乗って出発です。

クルーズ中のレストラン席が指定されているのなら、
ジュエリーくらいつけていた方が 安心(?)かも。
我々はセレブリティタイプのクルーズではないので、
周囲はほとんど関係ありません。
とても気楽です。


by Taseirap | 2014-04-10 05:33 | カリブ海クルーズ | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る