2016年 01月 03日 ( 1 )

おせち料理

我が家の簡単おせち料理。

昔はそれなりに伝統的なものを作りましたが、
こどもたちが成人してからは、お酒のおつまみみたいです。

c0325278_19271056.jpg
あとは手前にちょっと詰めて、と。


c0325278_19273598.jpg
初春の酒は『竹泉』



暮れに『岩田屋』で色々仕入れて来ましたので、詰めればそれなりに。


c0325278_19292445.jpg
お正月ぽい



黒豆はお友だちのお母様の手作り。
(金粉をふっちゃいましたよ。)
すごくおいしいです。

元旦のお雑煮は、白味噌で里芋と人参とお大根と焼かない丸餅。
白い海に赤い月と半月が ぷかぷか浮かぶような感じです。
また、毎月1日にはお赤飯を炊きます。


c0325278_19280455.jpg
ふと思い付き、小豆だらけのお赤飯をつくってみました
(普通のほうが良かったみたい。)



2日、3日のお雑煮は、お澄ましにブリとユリ根に水菜。
餅は焼いていれます。


今年の年越しとお正月は、できあがったものを並べておいて
合間にちょこちょこ作ったりもして。
熱さが美味しい焼きものは、できたて食べてもらって。
(私にしては)うまく進みました。

いままで、出てきた物を当たり前に食べていた次男が
独り暮らしを経験したからか
筑前煮を作っている時には出汁の香りから喜んでいました。



2日には主人の実家で集まりがあり、義母の手作りの
おせち料理を食べさせてもらっています。
お料理上手でいつもブレのないおいしさです。

c0325278_19463991.jpg


義母のすごいところは、こども達のお弁当を作っていたころ
『ここにもう少しスペースが空いてるな。』
と感じたら、
「天ぷら鍋を出して、ささっと海老の天ぷらを1本揚げるんよ。」


お弁当は私も長く作りましたが、もうほとんど完成ならば
ちょっぴり空いたスペースなんて…。
八朔をむく。チーズを入れる。羊羮を切る。

空いたスペースに放り込む絶妙のパスなんて、できません。
海老の天ぷらなんて、もはやゴールといえましょう。


by Taseirap | 2016-01-03 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る