2016年 01月 13日 ( 1 )

不思議な気持ち

息子たちの同級生、23-26歳。
今年のお正月は、お年賀状やラインに
『○科の医師になりました。』『弁護士になりました。』
『仕事がんばっています。』

立派!喜びにあふれています。
新年が益々おめでたい雰囲気(のおこぼれにあずかる)。


加えて!
『結婚しました。』『結婚します。』

加えて!
『オレ、赤ちゃんができた!』

おめでたすぎる~。


愚息は冷静に
「お前にか?男なのに。奇蹟じゃの。」

偏屈。

どうやら、他人事感が強すぎるのかな?
母は『孫ってどんなのかな~?』と、興味はあるよ。

食器を洗わせたら、いつまでも水を流すので
「もう、充分じゃない?」
「あ、つい実験器具を洗うつもりで、30回水洗していた。」
「・・・そうなん。水道代高いのよ。」

我が家はなぜかいつも出遅れる。
人生のエアポケット状態。
もはや暗黒宇宙を漂う星雲一家なのか…?


思い起こせば、長男が小学3年生の頃、
近所のお友だちの家に遊びに行って、変な顔で帰ってきた。

「どうしたの?」
と、聞いたら

男子5-6人で遊んでいて、なぜか
"学校の女子で誰が一番好きか"という話になったらしい。

「ボクは『みんな嫌い。』って言った。他の子はみんなNさんだって!」
「Nさん?(誰だっけ?)」

「うるさい子よ。きょうぼう。」
「狂暴…。」
「女子は男子をけるんよ!!!」
「おおお。」
「だから『あのこ男子けるじゃんか!』ってゆうたんよ。」
「ふんふん?」

「そうしたら、
『女子にけられたらメチャクチャあたまにくる~!!!』
って、みんなが。」

「そうだ、そうだ!」
「そうしたら、Tくんが…。」
「うん?」

「『女子にけられたらはらがたつけど、Nさんにけられたときは
ちょっとちがうんよ。』」

「なにそれ。どんな気持ちなん?」

「じゃろ。なのに ほかの子も『うん、そうなんよね。』って。」

「あらま。」

「じゃけん、
『Nさんにけられたら、どんなきもちなん?』
ってきいたら、みんな
『う~ん、う~ん。』って。

やっと T君が

『ふしぎなきもち。』

みんな『そうだね。』」



ブラボー。

「けられて体がいたいのに おこらないなんて、みんなへんじゃ!」





20年後のズレはここから来たのかなあ?






by Taseirap | 2016-01-13 07:30 | こどもたち | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る