2018年 04月 09日 ( 1 )

新・日本百名湯

この旅で時々『新・日本百名湯に選ばれました。』
の張り紙を見るので、
『なんのことかなあ?』と思って調べたら、
本が出ていました。

c0325278_17415749.jpg
姫すみれ ですか?


『新・日本百名湯』松田忠徳著
日本経済新聞社(2006年)

"全国の温泉を自ら踏破し、
温泉の歴史、効能、宿などにも詳しいご存知
温泉教授・松田忠徳先生の最新本。
全国から百名湯を選りすぐり、
それぞれの温泉に関するウンチクを語り、
役に立つ温泉情報、宿情報を提供する。"

素晴らしい!
読んでから行けばよかったかも。
主婦の口コミしかないからですね。
微妙に狭く、深く、しい的。

前回の(古いほう)『百名湯』の九州地区選出は、
福岡県:二日市温泉
佐賀県:嬉野温泉、武雄温泉
長崎県:雲仙温泉、小浜温泉
熊本県:黒川温泉、地獄温泉垂玉温泉、杖立温泉、日奈久温泉
大分県:鉄輪温泉、明礬温泉、由布院温泉、川底温泉、長湯温泉
宮崎県:京町温泉
鹿児島県:指宿温泉、霧島温泉郷、新川渓谷温泉郷栗野岳温泉

知らないところもあります。

ちなみに、中国地方からは、
岡山県:奥津温泉湯原温泉郷
鳥取県:三朝温泉、岩井温泉、関金温泉
島根県:玉造温泉有福温泉温泉津温泉
山口県:湯田温泉長門湯本温泉

広島県は、なし。

なるほど。


これから向かう『日奈久温泉』が入っていた。
あらま。ラッキー。


紫尾(しび)温泉』は、『・日本百名湯』に
入っています。
熊本人おすすめの『湯の鶴温泉』、『湯の児温泉』も
入っています。

さすがに葦北の『湯浦温泉センター』は、
載っていないみたい。
あら、日奈久温泉は『新』では選から漏れている。

相変わらず、広島県は該当なし。

ま、いいか細かいことは!
お湯に入れば、なんでもOK 。

c0325278_14170012.jpg



#今朝未明の地震。怖かったです~。
うちの方は、震度3でしたが、携帯の
『もうすぐ地震がきます。』を、
初めて聞きました。
家族に声を掛けましたが、無反応でした。

避難するときは、ブレーカーを落とす!
しか、浮かびませんでした。
ダメですね~。

皆さまもお気を付けて。

by Taseirap | 2018-04-09 07:30 | 温泉 | Comments(0)