2019年 04月 05日 ( 1 )

おうどん

主人はさぬきうどんが大好きです。
私も好きではありますが、実は柔らかいうどんが好きです。
やおやおっとしたおうどん。
お箸で持ち上げたら切れそうな、くったりした白い麺。
お汁は出汁の効いた薄い色。

ほやほやしたおうどんをツルっと吸って、
軽くかむ。
お出汁が口の中で甘い。
歯がいらない。
消化も楽ちん。
おネギもよく炊いてね。
とろろ昆布も好きですねん。

「邪道!」
といわれますが、本道だっせ。

亡くなった祖母系の関西のDNA が求めるお味。
祖母はご飯も柔らかめ。
もはやお粥でしたっけ?
あ、歯が無かったかもしれません。
入れ歯は上だけあって、下のはどこかにしまいこんでいました。
「どっかいった。」
お客さまが来られるので、
「上だけしよか~。」
と相談され
「ふん。」
(祖母の”うん”の発音は”ふん”なので合わせる。)
はめる。
「変なよ。」
「ほな、やめよか。」

上だけ入れ歯をすると、ちょっと恐い顔。
歯は戦う武器だと思いました。
戦わず(戦えず?)柔らかいものばかり食べていました。
好物のバッテラは、強敵でしたが
「おねおねしたら、たべられますねん。」
と、長時間 歯茎ですりつぶしておりました。

97歳が天寿でした。




by Taseirap | 2019-04-05 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る