2019年 04月 28日 ( 1 )

台南小吃

あちこちで 小吃という文字を見ます。
なににちょっと驚くの?
いや、どもるの?
吃驚(びっくり)の“びっ”ですよね?
“ビクッ”て感じでしょうか?

こびっくりは、シャオチーと読むらしい。

小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のこと。
台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。
小吃こそ台南が誇る食文化
ですって。

ツアーでもいただきました。

c0325278_14594256.jpg

c0325278_15005148.jpg

c0325278_14583591.jpg

あっさり おいしいです。
日本のホテルの中華料理より 薄味です。

ツアコンさんのお話によると、
台湾料理発祥の地は、“台湾の奈良”こと 台南。
サトウキビをつくっている土地柄なので、
総じて甘口。
でも、貧しい時代には、砂糖はやはり贅沢品だった。
だから、客として招かれ 出てきた料理が甘ければ
大事にしてくれた証拠。

ただ、さすがに今の時代なので、
あんまり甘いのは健康にどうだろうか?
という事になった。
現在はヘルシー嗜好で、味付けも変わってきている。

また、台湾は5年前から国の政策で
健康的生活指導が始まったそうです。
方法は、3つ。
『お昼寝』『足湯』と『週3回の運動』。
お昼寝は短めで、スッキリと。
また、台湾では 7割の人がお風呂は
シャワーだけだそうです。
でも、“足は第2の心臓” 。
だから、足湯(10分)で健康に。
(じゃあ、いっそお風呂が良いんじゃないの?
と思いますが、『足湯』が良いそうですよ。
ふーん。
だから日本の観光地も あちこちで足湯を作り始めたのかしら?)
なんでも、体温が1度上がると、免疫力がぐんと
上がるそうです。

運動には、体温上昇·代謝力アップの効果があり、
1度運動をしたら、効果は2日継続するので
1日おきに運動をしよう、と。
台湾では、夕方6時以降は全ての学校は地域に開放されています。
マラソン大会は、1年間に1200回以上開催されています。
いつも必ず どこかでマラソン大会がある国、台湾。

政策の効果が出て、去年初めて台湾の平均寿命が
80歳を越えたそうです。
日本へ旅行に行くのも、サプリメントを購入するのが
目的のひとつだそうです。
台湾の健康保険は月千円と非常に安いけれど、
唯一高いのが ガンの治療薬とサプリメント。
日本のサプリメントの値段は、台湾の1/3。
6種類36本まで免税だから、親のために
日本で買って帰るそうです。

台湾の意外な側面を色々聞きました。


by Taseirap | 2019-04-28 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る