2019年 05月 26日 ( 1 )

なぜ私まで?

延び延びになっていた 息子の引越。
なんとか 目処がたちそうです。

c0325278_11435155.jpg

が、本人さんははじめの勢いは少しずつ減り
「もう 好きにやってくれても良いよ。」
すっかり面倒くさくなったみたい。
私は『親離れ・子離れ』を
ここ5年くらい目指していますから、
丸投げされるのはノー。
心を鬼にして 自分でがんばってもらおうと思います。

が、主人が…。
私には冷静なことを言いますが、
子どもに頼まれたら
「お、エエで!なんでもやっちゃるで。」
ハァ?
二重人格ですか?

しかも 自動的に私を巻き込もうとする。
信じて自主性に任せるんじゃなかったの?
私にも予定はあるのよ。

子離れだけでなく、なんか 離れないといけないかも。
各自の自立がテーマの我が家です。

でも、引越って やっぱりおもしろい。
捨てて、選んで、買って。
新しい生活作りは楽しい。
いっそ結婚してくれても良いのだけれど、
相手がいない。(のかな? 知らない。)

息子の部屋から、夜に爪を切る音が聞こえて
『まだ起きてるんだな~。』
と思いながら眠るのは、ちょっと幸せだったけれど、
潮時がある。
エゴは封印。

子どもには 健康で幸せに生きてもらいたい。
一番大切なことだから、がんばって。

by Taseirap | 2019-05-26 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る