2019年 11月 19日 ( 1 )

シ、クラーロ

気まぐれにスペイン語をしています。
メキシコでよく聞いた
「クレオケシ。」
「シ、クラロ。」
意味が分からなかった。

NHKの『まいにちスペイン語』のテキストで発見!
(2019.11月号)

クレオ ケ シ
Creo que si.
「そう思う。」という意味だった。
creoは、(私は)そう思う。
Creer の現在形。
que は、接続詞 ~と
Si は、そうだ。はい。の シ。
I think so.か maybe のニュアンスと
思って良いのかな?

電子辞書で引いても、変化しているから見つけにくかったな~。
最後がoだから、動詞の一人称だろうくらいは想像しても、
綴りも不明。
とても creer まではたどり着けなかった。


クラーロ
Claro.
「もちろんです。」

シ クラーロ
Si,claro.
「はい、もちろんです。」

Yes,sure.
くらいの意味だったのね。
コトバって分かれば、なーんだ。
seguro(セグロ) も “確かに”の意味ですって。

エストイ セグロ
Estoy seguro. (確かです。)

「飛行機はもう出ちゃったの?」
の答えに来たら 絶望。


会話によく出ていた短い表現は、
Si/No (はい/いいえ)
Muy bien.(いいですよ)
De Acuerdo.(分かりました)
!Que bien!(良かった)
Cuidado.(気をつけて)
oiga(ねえ。もしもし)
Mire/Mira (ほら、見て)

「見れ。」は、よく聞いたわ。
これだけはすぐに覚えました。
見ました。

オラ、トドス。(はい、皆さん)
ミレ。(見てください)
エスト エス タンタンメン。(これは担々麺です)

c0325278_12402107.jpg
JR西条駅の『赤富士』で
『國松』の汁なし担々麺 (1辛)


ウンポコ カリエンテ イ ピカンテ。(少し温かく辛い)

「クレオケシ、次は 2辛。」←行く!





by Taseirap | 2019-11-19 07:30 | スペイン語 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る