2019年 11月 28日 ( 1 )

グアダルーペ大聖堂 (シティ北部)

メキシコの聖母マリア様は、褐色の肌です。

メキシコはカトリックの国と言われますが、
「だれを信じているの?」
と、聞いたら
「グアダルーペ。(マリア様)」
「イエス・キリストじゃないの?」
と、聞いたら
これは実は非常に苦しい(?)質問だったようで
「イエス様は(ヨーロッパ方面で)非常に忙しいので、
メキシコ(担当)は、グアダルーペ。」

『グアダルーペ大聖堂』は、メキシコシティから北へ30分。
メトロ6号線のLa villa Basilica駅下車。
聖母のマントは新寺院の横の入り口から入って見学する。
(治安は良くないので、私は行ったことがありません。)

伝説によると、
1531年12月のある早朝、先住民(インディオ)の
ファン・ディエゴがテペヤックの丘を歩いていました。
すると、聖母マリアが現れて
「ここに教会堂(バジリカ)を建てなさい。」
と言います。
ディエゴは、皆に話しますが誰も信じません。

また、同じところを通ったら
聖母マリアがまた現れて、バラの花を渡しました。
ディエゴはそれをマント(ポンチョ?)に包んで、
司教のところに持っていきました。
司教にバラを見せると、
「冬なのにバラが咲くなんて!」
と驚いたとき、マントに
グアダルーペの聖母の姿が浮かび上がりました。

こうして、バジリカ
La Basilica de la Virgen de Guadalupe
が、建てられました。

c0325278_14455000.jpg

12月12日が グアダルーペ聖母の祝日です。
ローマ教皇庁からカトリックの奇跡として公認されており、
メキシコ全土からの巡礼だけでなく、世界各国から
1000万人以上来られるそうです。

「本気の信者の行くところで
治安も悪いから、
日本人は物見遊山で行かない方が良い。」
と止められたけれど、
ツアーなどで行けば多少は安心かも…。
責任は取れませんが。

“ここから始まった”
という場所を確認すると、他が一層
感慨深くなりますよね。



by Taseirap | 2019-11-28 07:30 | メキシコに旅行する場合 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る