2019年 12月 24日 ( 1 )

よいこを育てるためには

クリスマスは毎年 子どもの話を。

もう25年前ですが、息子が幼稚園の時に
父親向けの講演会がありました。
そのときに
「どうすれば 子どもが良い子に育つのか」
ということを話されたそうです。

「答えは簡単です。
お父さんとお母さんは、仲良くしてください。」
「お母さんの言うことを、まずお父さんがよく耳を傾けて聞く。」
「『そうだね。』の相づち。」
「『(いつも子どもを見ている)お母さんの言う通りだね。』と認める。」
「その上で、お母さんの操り人形のような父親にはならないこと。」
「男の姿の二人目のお母さんは、いらない。」
「自分が正しいと思うことを、お父さんもして良い。」
「でも、一番は夫婦が仲良くすること。」
「子どもが安心して 子どもでいられるから。」

子どもが小さいときは、意外と
夫婦円満が 難しい時期です。
(私見ですけれど)
疲れて心がささくれる時もあります。
お父さんだって、仕事が大変な時期。
協力が大事なのは分かっていますが、感謝の前に不満が出そう。

人間として もう一段階 大人になる時期だったのでしょうか?
毎日楽しいけれど 少し苦しかったです。

よいこを育てるためには_c0325278_10041125.jpg

多肉植物は簡単に育つのよね


いま、シングルで子育てされる人も
たくさん おられるでしょう。
将来をご心配されることもあったでしょう。
でも、子ども達は 大丈夫。
きちんと理解して、明るく育つ子が
たくさん たくさん います。
むしろ、保護者の方が心配です。

シングルさんに限りません。
ワンオペ育児をされている保護者の人、
ムリしてお疲れではないですか?
子育て支援の色々を どんどん利用なさってくださいよ。
孤独にならないように。
肩の力を抜いて くださいね。
子どもはとても寛大で、大人をゆるしてくれます。
そして、悲しいくらい すぐに 育っていきます。

12月の中国新聞にあった記事ですが、
学校や家庭支援の機関では、
教育をこの図のように とらえつつあります。

よいこを育てるためには_c0325278_09111895.jpg
非認知能力は社会情動的スキル
目標の達成、情動の制御、他者との協働


非認知能力を育てるのは、遊び。
そして、その前提条件は、
家庭にある『心の安全』だそうです。
子どもが失敗しても 大きく叱らずに
「大丈夫。きっとできるよ。」
それを ご自身にも言ってあげてほしいです。

大人になったら、自分を育てるのは自分自身。
自分の良いところを 辛抱強く育ててあげてください。



by Taseirap | 2019-12-24 07:30 | こどもたち | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る