カテゴリ:Hiroshima( 137 )

西条散歩

西条でお散歩。
お昼ご飯は、酒蔵通りの『くぐり門カフェ』。

c0325278_18062896.jpg

なんにしようかなぁ?

c0325278_18070105.jpg

鶏のコメカラにしましょう。

c0325278_18074659.jpg

鳥からあげが、小麦粉ではなく米粉であげてあります。

c0325278_18084388.jpg

デザートと珈琲。
あ、パン買わなくちゃ!
『ココロン』へ寄って。

c0325278_18100382.jpg

西条はパン屋さんもたくさんできましたが、
売り切れたら締める、
開店は週に2日 など、わりと自由。
これからの時代、もちろんそれでも良いけれど、
きっちり開けているお店の信頼感は
ちょっと違うのよ。
ココロン えらい!

くららに向かって歩くと、
『ハラール?』
イスラム教の人のためのハラール食品があるみたいね。

c0325278_18134486.jpg

ヨガの教室と並んで看板出てる。

c0325278_18142347.jpg

ビルの横の階段を上がるみたいね。

c0325278_18144216.jpg

いつかのぞいてみようかしら。
でも 違うし… 。
(子どもには、この軽薄さを叱られがち。)

[PR]
by Taseirap | 2018-03-07 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

草戸千軒の謎

『草戸千軒(くさどせんげん)』をご存知ですか?

福山市の芦田川の中州に鎌倉時代からあった町。
「大雨の洪水により、一夜にして、町は跡形もなくなった。」
と、江戸時代から言われていた ”幻の町”。

私もずっと そう思っていました。
でも、どうも違うみたいです。
えー。 どういうこと?

JR福山駅の北側、福山城のすぐそばの
ふくやま草戸千軒ミュージアム
(広島県立歴史博物館)
に行ってみました。

c0325278_17195317.jpg

こちらの展示室は、広島の備後や安芸の視点から、
陸と海の歴史が上手くまとまっていて、
とても面白いです。

地方には地方の歴史あり。

大内義長氏なんて『日本国王の印』まで
作っていたり…。
室町時代の勘合貿易は、ある部分、
防府の大内氏がしていたともいえる。

(印の材は桜。10.1cm四方。「日本国王之印」。
日明貿易の際に、明から送られた金印は戦乱の間に
無くなってしまった。
だから、代用品を作って、パッパッと押していたわけ。
大内氏の滅亡後、毛利元就が入手し、
実物は毛利博物館に。
福山には、レプリカがあります。)

さて、
なぜノアの箱舟風の伝説が伝わったかというと、
『備陽六郡志』のせい。
江戸時代中期の福山藩士の宮原氏が書いた書物。

「往昔、蘆田郡、安那郡邊迄海にてありし節、
本庄村、青木か端の邊より五本松の前迄の
中嶋に、草戸千軒と云町有けるか、
水野の家臣上田玄蕃、江戸の町人に新涯を築せける。
水野外記と云ものいひけるは、
此川筋に新涯を築ては、
本庄村の土手の障と成へしと、かたく留けれとも、
止事を不得して新涯を築、江戸新涯と云。
其後寛文十三年癸丑洪水の節、
下知而、青木かはなの向なる土手を切けれは、
忽、水押入、千軒の町家ともに押流しぬ
此時より山下に民家を建並、
中嶋には家一軒もなし。(後略)」

という衝撃の記述。
"草戸千軒が、寛文13年(1673)の洪水で、
一軒残らず流されました。"

そう読めるよね~。
でも、その後の発掘調査等で、
『こりゃどうもおかしい。』

草戸千軒が町として機能した最終段階は、
16世紀初頭である。
この段階で、それまで使われていた井戸や溝などの
施設は、一斉に埋められている。
また、遺跡発掘しても、洪水で埋まったような
痕跡は見つかっていない。
17世紀以降も、わずかに井戸や池・溝などが
作られてはいるが、池や溝は耕作地に
関連するものと考えられ、
井戸もかつてのような密度では分布していない。

以上のようなことから、
草戸千軒の町の最終段階は、洪水の前、
16世紀初頭である。

また、多くの施設を意図的に埋めていることから、
町の消滅は、洪水のような自然災害ではなく、
政治的・社会的な要因による可能性が高い
と考えられる。

以上が現在の見解。

宮原氏の書物は、長期間かけた変遷を、
短時間での出来事のような印象を読者に与えたこと。
また、伝聞だけの事実を
水害を警戒させるために
『つい、筆が滑って記述した』
と、判断されています。

さて、当時の人の暮らしは、博物館に
素晴らしいレプリカ模型があります。
お写真をご覧ください。

c0325278_17224387.jpg

c0325278_17232276.jpg

c0325278_17242559.jpg

c0325278_17250337.jpg

c0325278_17252659.jpg

c0325278_17234980.jpg

c0325278_17261289.jpg

遺跡で発掘された大量の木簡(もっかん)は、
30年にわたり研究されています。

素人考えですが、資料をネットで公開して
古文書が読める人が
ボランティアで解読してくだされば、
益々研究は進むのでは?
『古文書を読む』なんてサークルもありますよね。

全盛期は、こんな町だったのかなぁ。

c0325278_11172469.jpg

秋には、第2展示室がリニューアル。
『黄葉夕陽文庫の世界』が開設。
菅茶山の私塾がよみがえるそうです。
楽しみです。



菅茶山(1748~1827)は,教育者として
備後国神辺(現在の広島県福山市神辺町)に
私塾「黄葉夕陽村舎」(のちに藩の号塾「廉塾」)を開設して人材の育成に尽力するとともに,
江戸時代後期を代表する漢詩人として活躍した人物です。
彼の漢詩集『黄葉夕陽村舎詩』は同時代の人々に高く評価され,多くの学者や文人たちと交わりを結びました。









More
[PR]
by Taseirap | 2018-03-03 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

福山市で東大

福山市に徳島の『東大』がありました!
知らなかった ~。

c0325278_13220964.jpg

徳島ラーメンといえば、私のイメージはここ。
黒っぽいスープに、こってりの肉。
生卵は無料で食べ放題。
でも、東大はわりと最近できたお店らしいですね。

ひとくちに徳島ラーメンといっても、
スープは3~4種類あるそうで…。
白系、黄系、茶系(黒系)に赤系も。
黒系は、豚骨スープに濃い口しょうゆ。
トッピングの肉のボリュームがすごい(イメージ)。
店内のテーブルには、生たまご!
と、モヤシのナムルかな?

c0325278_13242408.jpg

ご飯おかわり無料で、生たまご。
卵かけご飯用のお醤油もある。

c0325278_13252911.jpg

トッピング無しで、一番ふつうのラーメンを注文。

c0325278_13275001.jpg

じゃ、玉子入れます。もやしも。

c0325278_13264492.jpg

おぉ、なんだか完成!
見た目よりさっぱりしている。
白身は入れずに、黄身だけ入れるのが人気らしいけれど、
気が付かずに入れちゃった。
(マイルド味になって白身もよかったよ。)

麺は細め。

若い人は、残ったスープをご飯にかけたり、
もう色々なことして食べられるのでしょう。

学生時代の主人とその友は、校門前で配っていた
王将の無料餃子券を
10枚集めてお店に行ったらしい。
「(悪いから)焼かなくて良いです。」
と、貰って帰ったらしい。
「店長が悲しい顔をしとった。」
ほんまよ。

もはや人助け。





[PR]
by Taseirap | 2018-03-02 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

忠海駅前のカフェ『Le Lapin(ル・ラパン)』

JR呉線の忠海駅。
ウサギの島 大久野島への玄関口です。
駅に背を向けて立って、真ん前にあるというカフェ。

c0325278_13122354.jpg

ラパンさん。
ん、どこだ?

あ、右手に…。

c0325278_13144686.jpg
かどっこ


可愛い生花のリースがお出迎え。

c0325278_13134337.jpg

店内の雑貨も素敵です。
イギリスのアンティーク雑貨やスワッグも。

c0325278_13190194.jpg
ハーバリウム

中の液体は、流動パラフィン(食添)
ベビーオイル
シリコーンオイル
ハーバリウム・オイル

の、どれかを入れて作るらしい


c0325278_13180484.jpg

人気のお昼のランチは、お肉か お魚か。

c0325278_13192796.jpg

お魚で。

c0325278_13173013.jpg

これに珈琲がついて、1080円。
白菜のポタージュも美味しい。

店内には、好きなものがたくさんあります。

c0325278_13215095.jpg

c0325278_13224518.jpg

ガラスの向こうに駅。
同じ方向に、フェリー乗り場とアヲハタジャム工場。

春のお出かけにいかがですか?

(月)と(火)はお休みだそうです。



[PR]
by Taseirap | 2018-02-28 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

竹原散歩

久しぶりに竹原散歩。

c0325278_22190954.jpg

道路の凹凸が減り、歩きやすくなったみたい。

c0325278_22201940.jpg

何か見える。
お雛様だ。
通りの旧家のそこかしこに、雛人形が飾ってあります。

c0325278_22210095.jpg

c0325278_22223589.jpg

きれいですね。
次は、石段を登りますか?

c0325278_22241283.jpg
西方寺


実は、見た目ほどは大変じゃない。
石段が低く作ってあるから。
振り向けば、竹原のまち。

c0325278_22280745.jpg

c0325278_22245914.jpg
普明閣


友達が、「見て、見て。ほら!」

c0325278_22252741.jpg

あ、梅だ。

c0325278_22263726.jpg

咲いてる!

c0325278_22243756.jpg

春が近づく 小京都。









[PR]
by Taseirap | 2018-02-23 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

春の西条 醸華町まつり 2018

偶さかのご縁で、ボランティアガイドさんに
西条酒蔵通りを案内して頂きました。

実は今回が2回目。
前の時とは案内されることも少し違って、
ガイドさんの個性が出ることに 気がつきました。

c0325278_16150015.jpg

見慣れた酒蔵ですが、洗濯物が干してある(?)

c0325278_16153711.jpg

これは、酒米を蒸すための蒸し布(せいろ敷布)。

酒造りは重労働。
半年間休みなしだそうです。

杜氏の指揮の元、蔵人は大忙し。
洗米も秒単位で管理され、
杜氏が終了の笛を吹いたら、
水からザザーっと敷布ごと 上げる。
今は”寒仕込み”の時期ですから、
水も冷たいでしょうね。
洗ったお米は、翌朝蒸します。

西条の冬の朝は、蔵からのぼる水蒸気と
路地に漂う蒸し米の香り。

蒸したら、担いで2階に上がり、広げて冷まします。
熱々の蒸し米を、素手で広げる蔵人。
機械化していない酒造りは、人の勘が頼りです。

適温になった蒸し米に、麹菌をふって、
菌が空中から舞い降りる様を、部屋のすみから、
じっと見つめます。
5分間誰も身動きひとつしません。

それを木箱に入れ替え、2昼夜発酵。
積み上げた木箱を上下入れ替え、入れ替え、
徹夜で細かく温度管理。

それを酵母室に運んで、さらに2週間。
ここで もろみになります。
それから、…。

この時期の杜氏さん、蔵人さんは、
大変ピリピリしていて、
会社の人でも怖いそうです。

北国から冬場の仕事として来られる方も多く、
長い人は44年、
お正月は西条で過ごされているそうです。

c0325278_16295295.jpg

日本酒は、安めの銘柄から仕込み始め、
年が明けたらいよいよ『寒仕込み』。
お高いのは お米をかなり削りますから、
酒粕買うなら 今ですよ!
(冷凍庫で1年もちます。)

『酒蔵だけで販売している、期間限定の』
(弱いよね)
お酒とバレンタインデーのチョコレート買いました。


c0325278_16314814.jpg

『酒トリュフ』は、菓子工房mikeとのコラボ。
『蔵出し原酒』は、新しい味。
目を閉じて飲んだら、賀茂鶴とは気がつかない。

c0325278_16355531.jpg

おつまみもローソンで買いました。
今夜は家呑み。


あ、そうそう!
醸華町まつり、今年は3月3日(土)。
西条駅近くの六つの蔵が開いています。

去年は思ったより、お客さまが多かったそうです。
「こんなに毎年、春(の酒まつり)をするとは、
思わなかった。」
と、蔵の人。
1年かそこらで終わるイベントだと思っておられたみたい。
「寒い時期なのに、なぜか好評で…。」
と、不思議そうに言われていました。

早春の西条も、なかなか良いですよ。

カメラを持たれた若い人を
最近よく見かけます。
駅前の酒蔵群を日本遺産に
申請しているみたいですから、
もしもなれたら、混むかもしれません。

秋の酒まつりと違って
歩行者天国ではないから、
車に気をつけてくださいね。


c0325278_16392647.jpg


c0325278_16450378.jpg




[PR]
by Taseirap | 2018-02-10 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

『ええじゃん尾道』

『ええじゃん尾道』でのお買い物。

最近、JA(農協)さんががんばっておられて、
かつての”農機具と保険だけ売ろう”的なものから脱皮。
私たち組合員ではない一般市民にも敷居が低くなりました。




『尾道のJAでは、何を売っているのかな?』
すごーい。
何でもある。

c0325278_12320482.jpg

c0325278_12303671.jpg

ネーブルオレンジなんて、箱買いできちゃう。
一箱が 2200円。
お肉やお魚もあったのね。

c0325278_12314241.jpg

ジャムなんて、種類多い。
そして、青パパイヤ!

c0325278_12323525.jpg

タイの友人に、
「タイで一番おいしいものは、なに?」
と聞いたら
「青パパイヤのサラダ!屋台で売っている。」
「グリーンカレーじゃないの?」

お国柄もあって、食事は外食が多いそうです。
町のレストランが安くておいしかったら、
誰も家で作らなくなるかもね。

それはそうと、『ええじゃん尾道』にもあった!
青パパイヤ。
最後の1個ゲット。

『尾道熱帯植物研究センター』なるところが
出されているのですが、
どこ?
調べてみましょう。

元気のよさそうな会社ですね。
レシピのページの『さっぱりソムタム』が、イメージに近いかも?
やってみよう。






[PR]
by Taseirap | 2018-02-07 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

『ゆういちのパン屋』さん

東尾道にある、カレーパンが人気の
『ゆういちのパン屋』さん。

c0325278_22363327.jpg

尾道カレーパンは、砂ずりが入っているそうです。
自宅で温めて食べましょうね。

c0325278_22370291.jpg

尾道いちじくあんパン、レモンあんパンも
買いましたよ。

c0325278_22371974.jpg

レモンあんパンは、爽やかな味。
洋菓子みたい。

c0325278_22373730.jpg

ここのパンは、どれもおいしい。
個人的には レモンを使ったのが、一番好きです。

東尾道のお店では、売り切れの品が多数。

でも、尾道のJA『ええじゃん尾道』なら、
まだありました。
お店が売り切れなら、こちらに回っても良いですね。
おそらく、尾道駅横の福屋や道の駅などでも
販売されているのではないかしら。


c0325278_22411335.jpg





[PR]
by Taseirap | 2018-02-05 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

うら尾道

尾道に住む息子に会いに出かけたら、
「僕、広島市の友だちんちに泊まってるよ。」
「えー。」

渡すもの渡して、ついでに拐って、
今治で『焼豚玉子飯』を食べようと
思っていたのに。

ちぇっ

仕方ない。プラン変更。
お風呂に入ろうか。
尾道の街中の『天然温泉尾道みなと館』へ
行ってみよう。
ランチもここで良いわね。



と思っていたら、道中で『うら湯』と言う看板。
うら? 惹かれる。
『養老温泉』の裏に『うら湯』。
行ってみましょう!

c0325278_21512952.jpg





これがなかなか良かった!
入浴料500円。
こじんまりとした規模ながら、
DHCのシャンプーを備え、
外の壺湯も熱くて、冬にはちょうど良い。
完全リフレッシュ。

では、次はランチ。
「尾道ラーメンでいいぞ。」
「えー。またラーメン?」
尾道に来たら、ラーメンばっかり食べている。
お魚もあるのに。

仕方なく『近くのラーメン屋』で検索。

『たかはし』さんが出ました!
高須町なので、工業団地のなかですね。
行ってみましょう。
c0325278_21515795.jpg

ラーメン¥350。
お総菜バイキング¥350。
合計で¥700。
時代がどこかで止まっている。

c0325278_21523579.jpg

c0325278_21525938.jpg

お総菜のお味も家庭風でおいしい。
中学生の頃のお弁当を思い出す。

c0325278_21532104.jpg
左の棚がバイキングコーナー
右手はアラカルトで1品ずつ


今って、どこでお食事しても、
均一的な美味しさじゃないですか?
見た目も良いし、味も良いけれど。

昔のお弁当は、よく言えば個性豊か。
有り体に申せば、ばらつき大。
冷凍食品がほとんど無かった時代。
見た目は今の方がきれいだけど、味に力があったような…。

ここには、
昭和のふつうのお母さんの味が残っていて、
もはや 文化。
子どもの頃に、よその家でご飯を
いただいているような懐かしさ。


うら尾道。


c0325278_21543583.jpg










[PR]
by Taseirap | 2018-02-03 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

『無双樽』に

お魚好きな友人と、JR寺家駅すぐ前の
『無双樽(むそうだる)』にランチに行きました。

c0325278_08362798.jpg
日替わり定食(950円)



c0325278_08371504.jpg
右奥はひじきの煮物 手前は茶碗蒸し


ご飯はおひつで出てきました。
主人と来たら食べきるけれど、女性二人だから
さすがにそこまで(本気出さず)。

c0325278_08400894.jpg

個室に入れていただいたので、話もたくさんできました。
他のお客様の迷惑(?)にならずに済みましたね。

お酒もたくさんあるみたい。
友人は、今度は家族と夜に来て
飲むそうです。
(お父さんが)

c0325278_08412408.jpg

駐車場は、ビルの裏に。
年中無休だそうです。



[PR]
by Taseirap | 2018-01-27 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧