カテゴリ:島への旅( 10 )

こまめ食堂

小豆島の千枚田の横に、『こまめ食堂』があります。

「え? ”なに” 食堂だって?」


c0325278_13473965.jpg
”こまめ” です


c0325278_13491414.jpg
手作りです


駐車場は、棚田の手前の小学校(?)の庭。

事前予約はできません。
まず、お店で口頭で予約をしてください。
食事時間を指定されますので、その間ゆっくり棚田を見て歩いてね。
(コンクリートのあぜ道だけ、歩いてね。)

棚田に人が多い日は、おそらく軽く1時間から2時間は待つ
覚悟が要りますよ。
休みの日は、お客さんが多いので営業時間内でも予約でいっぱい
になっているかもしれません。

でも、
待てば海路の日和あり


c0325278_13520885.jpg
日替わりランチ(1280円)


c0325278_13525595.jpg
しそシーダ(右)と山桃ソーダ (¥500)

c0325278_13541922.jpg
そうめんセット(2把入り)もバーガーセットもあります


c0325278_13572033.jpg
バス停近く


山あいを通るバスですが、あまり便数はないようです。



お盆過ぎて、朝晩がめっきり涼しくなりました。
久々の30℃以上の日本の夏。
実はかなりこたえたけれど、これからは少し楽になるかな?




☆『こまめ食堂』
http://www.dreamisland.cc/cafe/komame-cafe.html
住所:香川県小豆島郡小豆島町 中山1512‐2
定休日は火曜日
営業時間:11時―5時



by Taseirap | 2015-08-17 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

千枚田

島の夏の旅。

一番みたかった光景は・・・

c0325278_13263157.jpg
千枚田


蝉の声、水路を流れる水音、渡る風。

c0325278_13290175.jpg
山の上まで、石垣を積んで

c0325278_13315903.jpg
コンクリートの畦道は立ち入りOK
(土のところは、だめだよ)

c0325278_13352906.jpg
稲の小さい白い花が咲いている

c0325278_13380350.jpg
本当に千枚ありそう


山を拓いて、土を耕し、石を積んで、水を流して・・・。
大変なご苦労だったでしょうね。

あ、ウグイスが鳴いている。

秋には黄金色の海のようになるのでしょうね。
夏は一面 緑の棚田。

美しいです。






by Taseirap | 2015-08-16 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

油を売りに いえ、買いに

せっかくなので、オリーブオイルも買って帰ろう。

有名なのは、やっぱり
『道の駅 小豆島オリーブ公園』ですか?

広い駐車場完備。大きい施設ですね。
(今回は、時間がなくて行けませんでした。)
http://www.olive-pk.jp/

それから、『道の駅・海の駅 小豆島ふるさと村』。

c0325278_13020928.jpg
『道の駅・海の駅 小豆島ふるさと村』

c0325278_13032152.jpg
かどやのごま油にラー油

c0325278_13052249.jpg
つゆも充実

c0325278_13055851.jpg
そうめんも充実



『小豆島 オリーブ園』もありますね。
http://www.1st-olive.com/


時間のない私たちは、宿の近くのこちらに立ち寄りました。

c0325278_13120468.jpg
『東洋オリーブ』

c0325278_13155338.jpg
きれいな店内


試飲させてもらって、エクストラバージンオイルを購入。
オリーブオイルを使ったお化粧品のサンプルもいただきました。
ありがとうございます。

お手洗いまでお借りしたのですが、

c0325278_13185211.jpg
可愛い♡


オリーブのモチーフにあふれたきれいなお店でした。
玄関先の水槽のメダカには、子供たちが吸い付いていました(笑)



☆ 東洋オリーブ㈱
  1. 住所: 〒761-4301 香川県小豆郡小豆島町池田984−5
    電話:0120-750-271
http://www.toyo-olive.com/


by Taseirap | 2015-08-14 12:15 | 島への旅 | Comments(0)

醤(ひしお)の郷

醤(ひしお)の郷
ひしお・ひじおとは、塩を加えて発酵させた塩蔵品の総称。
小豆島は、400年の歴史をもつ醤油の日本4大産地の一つ。
江戸時代には約400軒の醤油醸造所があったそうです。

しょうゆ、佃煮工場が軒を連ねる小豆島の内海湾沿岸。
ひしおの郷と呼ばれて、見どころのひとつになっています。

お出かけmapを載せようかと思いましたが、現地にいくらでも
詳しく分かりやすいものがあります。
どうぞ、ホテルやお店などでゲットなさってください。


c0325278_12512845.jpg
マルキン醤油

c0325278_12522458.jpg
醤油蔵

c0325278_12532067.jpg
近代化産業遺産に認定


あたりはしょうゆの香りがします。
お散歩していると、
c0325278_12542533.jpg
アイリス

c0325278_12561373.jpg
どうもつかえそうにない郵便ポスト


c0325278_12564983.jpg
小豆島で一番人気のお宿『真里』


くるっと回って、またマルキン醤油に戻って


c0325278_12574229.jpg
マルキン物産館でしょうゆソフトクリーム



島のお醤油蔵(醸造所)は、
島醸、丸島醤油、山善醤油、ヤマヒサ、ヤマロク醤油、タケサン、
高橋商店、金両、金大醤油、ヤマサン醤油、坂下醤油、正金醤油、
盛田
と、13か所あります。

佃煮工場は7軒。
そうめん屋(島の光)も。

ちょっぴり高血圧が心配な豊かなひしお文化です。




by Taseirap | 2015-08-13 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

小豆島 『ヤマロク醤油』

小豆島に来た目的は、ヤマロク醤油を訪れること。
http://yama-roku.net/
今なお,木桶(Kioke)で醤油(Soy-sauce)をつくる醤油屋さんです。

c0325278_12283568.jpg
大きな木桶がお出迎え


予約しなくても人数が集まれば、蔵を案内していただけます。

ただし、ご存知のように、醤油は蔵に住みつく微生物(酵母菌と乳酸菌)
の働きで大豆と麹と塩水が発酵してできます。
納豆菌は強い菌なので、朝ごはんに納豆を食べないでおでかけください。
(日本酒の酒蔵見学の時と同じですね。)

c0325278_12105000.jpg
静かな蔵を開けると

c0325278_12112786.jpg
年期の入った木桶

c0325278_12125461.jpg
2年もしくは4年半かけて仕上がります


"Soy sauce","bean paste","vinegar","mirin"and"sake" are the basic seasonings of Japanese meal.
There are brewed by Kioke木桶(Barrel) till the Edo-period.400years before
These seasonings are made by the fermentation of a microbe.
The microbe which makes a delicious fermented seasoning settles in barrel in large numbers,
although hardly settles in a metal tank.

いただいたリーフレットからの転記です。
木桶はつくる人が少なくなって、今は一軒だけだとか・・・。
150年はもつそうです。
木桶がなくなると、木桶で仕込む醤油も作れなくなります。

c0325278_12293761.jpg
お庭のテーブルで

c0325278_12350098.jpg
冷奴

c0325278_12343894.jpg
アイスクリーム



お醤油をかけていただきました。
ふつうに買うお醤油とはかなり違う、風味のある味でした。
なめたら角のとれた柔らかさ。
食材にかけると意外な野趣。

c0325278_12412267.jpg
”ひしお”と読むそうです




☆ヤマロク醤油
住所: 〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町Yasuda, 甲1607
電話:0879-82-0666
営業時間:
9時―17時






by Taseirap | 2015-08-12 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

小豆島(Shodo-Shima)へ ルート

オリーブの島、お醤油の島、映画『二十四の瞳』の島、そうめんの島
=小豆島(Shodo-Shima)。

”あずきじま”ではありません。

さて、どうやって行けばよいのでしょう?

調べてみると、島には6港あります。
土庄港(とのしょう)は、新岡山港と宇野港(岡山県)、高松港(香川県)と往復。
池田港は、高松港と往復。
草壁港は、高松港と往復。
坂手港は、高松東港と神戸新港(ジャンボフェリー)で往復。
福田港は、姫路港(兵庫県)と往復。
大部港は、日生(ひなせ)港(岡山)と往復。

自動車の運搬を必要としない、人だけの場合は
①兵庫県からの場合は、
神戸港新港から、ジャンボフェリー㈱利用
姫路港から小豆島フェリー。

②岡山県からは、
日生港(JR日生駅前が港)から瀬戸内観光汽船。
新岡山港から両備フェリー・四国フェリー。
宇野から小豆島豊島フェリー

③香川県からは、
高松東港から、ジャンボフェリー㈱利用
高松港から、しょうどしま丸(土庄)、こくさい丸(池田)、ブルーライン(草壁)

c0325278_09363972.jpg
便数はあります


たくさんの会社が運行しているようですね。
(といっても、来たフェリーに乗るだけなので、移動は簡単です。)

私たちは、自動車なので
淡路島⇒高松港へ移動して、高松→草壁の内海フェリーに乗りました。
車が5メートル以下なので、6,210円と同乗者1名(690円)。

c0325278_09322408.jpg
全く混雑しません

c0325278_09331203.jpg
のんびり1時間ぐらいの船旅




帰りは、小豆島(土庄)→岡山新港へ両備・四国フェリーを利用。
7,300円と同乗者1名(1,050円)。


小豆島は、小さい島とはいえアップダウンがありますし、
行きたいところへの移動は車が便利でした。

でも、車でフェリーを利用すると、そこそこ費用が掛かります。
小豆島でレンタカーを借りる・・・と、一日1万円くらいになるでしょうか?
レンタバイクでもあれば良いのですが・・・。

ホテルの送迎が港まではあるみたいなので、申し込まれたら良いと思います。
島内をタクシーで移動されている女性グループも見かけました。
人数がいれば、それもありですね。

自転車で回っておられる方も見かけました。
健康的ですね。
自分ならたぶん途中で救急車に乗り換えそう・・・。


c0325278_09505849.jpg
小豆島から




by Taseirap | 2015-08-11 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

あわじ島オニオンビーフバーガー

淡路島で”あわじ島オニオンビーフバーガー”を ( ´∀`)


c0325278_15072343.jpg
お肉ではなく、玉ねぎのフライがメイン


c0325278_15081871.jpg
道の駅『うずしお』の右側 →


c0325278_15084265.jpg
メニュー


全国ご当地バーガーグランプリ(2013年)で、
第1位が、あわじ島オニオンビーフバーガー、
第2位は、あわじ島オニオングラタンバーガーだそうです。

かつては生産量日本一だった淡路島。
今は北海道や佐賀のほうが多いですが、見たことのない
品種も売っていました。

特産の玉ねぎを利用して、ご当地バーガーをつくるなんて
グッドな考えですね。
玉ねぎはおいしい野菜ですからね。

個人的には、お肉は入れず玉ねぎだけでも良い感じ。
(中高年)

玉ねぎファン、野菜ファンのために、
”どどんと玉ねぎバーガー”
とでも名付けて、劇的においしいオニオンリングフライを
たっぷり入れたのを作ってくださいませんか?

ケチャップで。
マスタードはお好みで。
生のオニオンみじん切りとピクルスも、あればうれしい。
(邪道ひとすじ)

ご当地ソフトもなかなか美味でした。

バーガー屋さんは、『道の駅うずしお』の建物の玄関(右側)です。

☆ 淡路島オニオンキッチン本店
兵庫県南あわじ市福良丙947‐22
℡:0799‐52‐1157



『道の駅うずしお』には、たくさんのお土産品。
玉ねぎを使ったお菓子やドレッシング、おいしいジャムもあります。
ついついあれもこれもと手が出てしまう危険なところです。

この『道の駅うずしお』の中にも、和食のレストラン『海鮮館』があり、
生シラス丼や、お魚の定食など。
とてもおいしそうでした。


☆『道の駅うずしお』
兵庫県南あわじ市福良丙947‐22
℡:0799‐52‐2833



《行き方》
四国側から高速道路で鳴門大橋を渡ったら、すぐに左手の山に見えます。

c0325278_15205774.jpg
『道の駅うずしお』から高速道路を見る


高速を降りてから、一般道を少し戻りますが、
土日など観光客が多い時は、途中の臨時駐車場から
無料シャトルバスが出ています。

シャトルバスは便数も多く、場所も近いからすぐです。


c0325278_15220252.jpg
展望台から鳴門大橋と四国を望む


c0325278_15232017.jpg
鳴門大橋




by Taseirap | 2015-08-10 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

文月のおしながき(TOTOシーウィンド淡路)

”『TOTOシーウィンド淡路』の料理は、なかなかおいしい”
と、聞いていたので(~▽~@)♪♪♪

チェックインの時に、夕食・朝食の時間を予約します。
夕食は、6時か6時半をセレクト。
(ちょっと早い?)

レストランは8時がラストオーダーで、8時半に閉まります。
すべてコースでサービスされますので、2時間はかかりますね。

テーブルには、お品書きとわさびもセット。

c0325278_19141554.jpg
生わさびだ~♡

c0325278_19180443.jpg
乾杯は『神戸づくり』で


c0325278_19153417.jpg
前菜 玉葱釜
夏野菜とローストビーフ

c0325278_19164491.jpg
スープ
冷製トマトのスープ(彩り野菜)

c0325278_19190663.jpg
造り
旬の地魚盛り合わせ(妻物色々)



c0325278_19212939.jpg
炊き合わせ
淡路ゴールデンポークの角煮
(茄子、青梗菜、辛子)

c0325278_19232672.jpg
強肴
郷土料理 鯛の宝楽焼き シーウィンド風


*しいざかな【強い肴】.
懐石で、基本の献立に加えて、さらに酒を客にすすめるために出す酒の肴(さかな)


ときたら、次はこれしかないでしょう!


c0325278_19203900.jpg
玉ねぎ焼酎『ひだまり』をボトルで


c0325278_19264216.jpg
蒸し物
ふかひれ蒸し
(生姜餡、焼き湯葉、焼き葱)

c0325278_19284535.jpg
揚げ物
季節の魚介の天麩羅
(昆布、青唐、淡路の藻塩、天だし)

c0325278_19295961.jpg
酢の物
鯵南蛮漬け


c0325278_19303840.jpg
食事(豆ごはん、香の物)
留椀(赤だし)

c0325278_19312574.jpg
水菓子(メロン)
本日のデザート(杏仁豆腐の抹茶ソースかけ)


ごちそうさまでした。



そして翌朝は、バイキング形式ながら
食事の時間に合わせて、めいめいお釜でご飯を炊いてくれます。

ご飯のかたさも、柔らか目、普通、硬めと選べます。


c0325278_19382588.jpg
卵かけご飯用に、うに醤油と淡路の藻塩もスタンバイ!



島のお米はおいしすぎる~。

今月(葉月)のメニューはどんな感じでしょうか?
来月(長月)は?

楽しさいっぱいですね♪












by Taseirap | 2015-08-09 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

TOTOシーウインド淡路

淡路島のホテルは、『TOTOシーウインド淡路』。
安藤忠雄さんの建築で、TOTOの保養所だったところです。

山の中の細い道を行くと、コンクリート打ちっぱなしの建物。
周囲の緑に溶け込んで、見つけにくいくらい。

c0325278_17291109.jpg
エントランス

c0325278_17462624.jpg
大きな一枚ガラスの自動ドアに漂う贅沢感


c0325278_17331145.jpg
受付から1階降りたらロビー

c0325278_17372795.jpg
客室への移動は戸外のエレベーターで


c0325278_17391873.jpg
海がみえる


c0325278_17283035.jpg
お部屋はメゾネットタイプ(定員6名)


c0325278_17424983.jpg
リビングにキッチン

c0325278_17433009.jpg
畳の和室

c0325278_17364599.jpg
バスルームにはテレビも完備

c0325278_17354253.jpg
洗面台はシンプル


c0325278_17512801.jpg
もちろんTOTO製

c0325278_17345264.jpg
インフィニティ・プール


ピクチャーウインドウから見る青い海と自然の緑が美しく、
華美ではなく清潔で優しい雰囲気。

海が見たいと思って旅行に行っても、ものの10分もすれば飽きてしまいがち。
でも、建物を移動中に磨かれた窓からちらちらと見える海は飽きません。

c0325278_18145135.jpg
島影は青く映る


下の海岸沿いにマリンスポーツの施設があり、
早朝から誰かパラセーリングしている。

このホテルは主人の大好きな感じだったらしく
「可能な限り泊まりたい。」
と、急に言いだす。


でも、私は気がついてしまった。
インターネットで調べると、私が行きたかった醤油屋が
なぜか淡路島(Awaji-shima)にはない。

実は、小豆島(Syodo-Shima)と間違えていたのだ!

『小豆島、どこ~?』
と、探したら隣の島だった。
でも、フェリーでないと行けません(笑)

「というわけで、ここは終了。また来ましょうね。」


c0325278_18052871.jpg
このトイレに俺たちの居場所は、ない。
By ビックベン&リトルベン



しばしのさらば、ベン親子。
いかにもTOTOらしくて好きです。

無事に話も落ちました。





☆TOTO シーウインド淡路

 1997年完成
 RC構造 地上8階建
 メゾネット8室、洋室2室、和室2室。
 製氷機、飲み物自販機、ランドリー機有り。


by Taseirap | 2015-08-08 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

島の休暇へ 瀬戸大橋

なんとなく夏らしいことがしたくなって、TVでふと見て
「島へ旅してみる?」

どこの島へ?
まだ行ったことのないところ。たくさんあるけれど、
「淡路島?」

主人はほとんど半世紀ぶり。
「親戚がいるはず。」
でも、何代もかわって、いまでは名前もよく覚えていない。

小さい時、その親戚のうちに遊びに行って
防波堤から弟と海を見ていたら、
身体が小さくて、2人してズルズル滑り落ちて
弟がおぼれそうになったのを
漁師のオジサンに助けてもらった。

何度も”弟がおぼれかけた”と同じ話を嬉しそうに話す。


うちの子も、川岸の斜めのコンクリートブロックを
年上の子と走っていて、ズルズルと冬の川へ落ちた。
『沈んで浮いてきたところを引っ張り上げよう。』
と、妙に冷静だった私。

こどもは年齢で身体能力が違うので、幼稚園児ができることでも
幼児はできません。

水辺は目が離せませんね。


さて、広島から淡路島へ、と自動車でのルート検索をすると
『四国を回っていけ』

つながってたね、淡路島。
フェリーはいらないのね。

ということで、児島(岡山)~坂出ルートで香川へ。
正確には、瀬戸中央自動車道。
一番早く四国に渡れます。

最近は、四国は高速道路がかなり整備されてきて、
広島~高知4時間だそうです。
”四国の3けた国道は恐ろしい”と、よく聞きますが、
それは相変わらずらしい。


ところで、雑誌などで有名な”しまなみ海道”というのは、
尾道(広島)-今治(愛媛)ルートのこと。
(西瀬戸自動車道)
道中、島をたくさん経由する風光明媚なコース。
サイクリングされる方に人気です。

人にもよると思いますが、一日で渡りきるのは難しいのでは?
(車で走っても小一時間です。)

「子供たちを連れてしまなみサイクリングするなら、
 途中の島で一泊しないとムリ。」

と、20年近く前に友人が言っていました。
(その後、この一家はトライアスロンやマラソンへと進化していきます。)




こちらは瀬戸中央自動車道。

c0325278_10020426.jpg
瀬戸大橋

c0325278_10024716.jpg
与島PA


瀬戸中央自動車道では、自動車道の下をJRが走ります。

c0325278_10061098.jpg
通過時間が書いてある


c0325278_10075111.jpg
楽しい光景



アンパンマン列車も通るそう・・・。
時刻表片手に、望遠カメラで与島PAの展望台から車輛を撮影しますか?
上の写真は携帯カメラですから、まともなカメラだったらすごく綺麗に
撮れるのでは?
・・・マニアックなご趣味ですね。


SAやPAには、ご当地の情報がいっぱいで楽しいですよね。


c0325278_10224843.jpg
楽しいパンフレット


《一泊二日うどん10杯の旅!》という禁断の頁がっ!
詳しくは明日の朝刊(ブログ)で。







by Taseirap | 2015-08-05 07:30 | 島への旅 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る