カテゴリ:高知県( 14 )

UFOライン

さて、素敵な素敵な『一の谷やかた』でしたが、
いよいよ本日のメインイベント『UFOライン』とやらに向かいます。
すぐ近くが“入り口の入り口”だそうです。

♪ あなたに 会いたくて 会いたくて ♪
2018年のカローラスポーツのCMで
お馴染みのあの道です。

一の谷やかたから、一時間くらいの山道だそうです。
じゃあ、ちょっと行ってみる?

ちょっとじゃない!

c0325278_16580935.jpg

細い山道。
対向車来る 来る。
カーブが多くて、前が見えにくいのに。
片側は 溝。
反対側、崖。
あ、対向車。
はい、バック バック。

誰にも会いたくない。

バイクが来た。
蝶々採ってる人がいる。
サイクリストも疾走。
なぜか 歩いている人もいる。
巡礼ではないようで、リュック背負ってランニング姿。
山中のカオス。
パトカーまで来た。
雨が降りだす。


c0325278_16585673.jpg
「あ、地層。」
(岩だらけ)


c0325278_16593765.jpg


c0325278_17000761.jpg



西日本最高峰の石鎚山を背景に伸びる全長27kmの町道。標高1300m~1700mの尾根沿いを縫うように走るルートは、天空へと続く絶景のドライブコースとして人気があります。

UFOライン(雄峰ライン)[正式名称:町道瓶ヶ森線]と呼ばれ、晴れた日には石鎚山系はもとより、太平洋まで見渡すことができるダイナミックな景色が続きます。

春のアケボノツツジやシャクナゲ、夏の新緑、秋は見事な紅葉を楽しむことができ、9月のタイミングが良いと紅葉と霧氷を同時楽しむことができます。


9月に霧氷。
11月から4月は冬季封鎖。

やっと着いた!

c0325278_17005953.jpg

じゃあ、とっとと走って帰ろう。
え?

c0325278_17013946.jpg



ガスが出てきたから、ここで引き返す?
この先 走らないの?
そう、満足したの…。


c0325278_17022020.jpg
ここを また 戻る




よくわからない。
せっかく ここまで来たのに。









More
by Taseirap | 2019-07-13 07:30 | 高知県 | Comments(0)

一の谷やかた

今回の旅の一番のお気に入り『一の谷やかた』です。

c0325278_12350963.jpg
立派な門をくぐると



c0325278_12353784.jpg
川のせせらぎが聞こえるアプローチ


c0325278_12355916.jpg
清流の向こうに おやかた



c0325278_12362335.jpg
涼し~い


c0325278_12365278.jpg
囲炉裏に


c0325278_12374380.jpg
炭が入りました


c0325278_12384471.jpg
大きな一枚ガラスの外は、絵ですね


c0325278_12380901.jpg

c0325278_12390818.jpg

c0325278_12392894.jpg


c0325278_12395415.jpg


c0325278_12403174.jpg

c0325278_12405351.jpg
いただきます!


c0325278_12411256.jpg


c0325278_12414484.jpg
perfect!



c0325278_12432396.jpg

私たちは、湯豆腐のコースです
しゃもすきコースと迷いましたよ。

もう、大満足です。



c0325278_12425582.jpg



c0325278_12422697.jpg
全ての季節に行きたい場所です






by Taseirap | 2019-07-12 07:30 | 高知県 | Comments(0)

木の香温泉

さて、最終日。
昨夜、ついつい ホテルのランドリーでお洗濯したので、
服の計画もどこへやら。
もう適当に着てしまえ。
お洗濯ありなら、4枚よりもっと少なくても
大丈夫でしたね。

ずいぶん前の話ですが、ある知人、1日5回着替える人でした。
(パジャマ系は含まず。)
「どうして?」
と聞いたら
「お洋服って、意外と数があるものなのよ。
季節はすぐに変わるでしょう?
着てあげないと かわいそうだから。
気分もかわってお薦めよ。」

マリー アントワネトみたいでした。
今はどうなさっておいでかしら?
懐かしい。

さて。
朝から移動して 温泉。
2+1+1=4 
この旅の4湯目ですね。
温泉は、1日何回入っても お肌が
カサカサにならないのが良い。

ここもかなりの good お湯です。
鉄分と塩分入り。


c0325278_17043833.jpg


桑瀬川の清流のそば。
後ろの山は寒風山。
夜は、満天の星が見られるそうです。
バイクのライダーさんを多く見かけました。




高知のアイスクリンを売っていました。
はかない甘さで、おいしいですよね。



by Taseirap | 2019-07-11 07:30 | 高知県 | Comments(0)

高知 飲み2日目

晩御飯に行きましょう!
一応、ワンピースに着替えました。
高級店対応、完了!

今宵はいずこへ?

「土佐ジローを食べに、焼き鳥屋だ。」
「えー。
『居酒屋葉牡丹』か『料理 ふじ味』(我が家の高級店の限界)に行きたい。」
「ダメ。」

「ここだ。」
お客様、一組だけ。
とっても空いてる。
疑問:そんな時間帯なのかな?

c0325278_11571644.jpg
高知のMust  カツオのたたき

c0325278_11580041.jpg
土佐ジローのたたき

c0325278_11583353.jpg
焼き鳥盛り合わせ


c0325278_12004760.jpg
ウツボの天ぷら



答え:そんなお味だったんだ。

不味くはないけれど、ふつう。
接客のお兄さんは、テレビがすきなんだね。
熱心に視聴。
うちの息子くらいの歳かな?
ユルい感じだね。

主人、がっかり。
土佐ジローも、なぜか広島で食べた方が
美味しかったらしい。
ショーケースのない焼き鳥屋は、あかんのかね。
期待値が大きすぎたのかな?
(私には ウツボは食べられなかったけれど。)

こんな日もあるよ。
ホテルまで歩いて帰りながら観察すると、
混んでいる店、閑古鳥、混んでいる店、閑古鳥。
両極端。
高知は、ジャッジが はっきりしているのね!
勉強になりました。

そして、やっぱり息子たちと来たかったね。
たくさん食べていっぱい飲んで、支払いで青ざめるのが
楽しいのよね。

by Taseirap | 2019-07-10 07:33 | 高知県 | Comments(0)

吉良川の町並み

吉良川(きらがわ)は、室戸岬から車で20分。
国道55号線沿いの町です。

c0325278_12051816.jpg


平成9年に『重要伝統的建造物群保存地区』に選ばれています。
かつて、『台風銀座』と呼ばれた室戸。
雨風から家を守るための工夫、
“土佐漆喰、水切り瓦、軒の低い民家”
が残る地区です。

c0325278_12033887.jpg

c0325278_12040511.jpg



c0325278_12043075.jpg

c0325278_12074071.jpg


赤レンガ、ナマコ壁、川原石や浜石で作られた外壁“石ぐろ”。
独特の景観ですが、懐かしい印象です。

西山台地という日本有数の海成段丘もあり、
地質学がお好きな人には、室戸は
たまらない坂道だらけです。

吉良川に立派なお家が多いのは、土佐備長炭の
積出港で栄えた街だから。

有名な『水切り瓦』ですが、どんな物か
私は非常に興味がありました。
想像していたのは、
『ものすごくツルツルした瓦』
『川遊びで投げる水切り石を、上手に切断加工した瓦』
『それを急角度で屋根につけ、雨は高速落下』


c0325278_12060635.jpg
この壁の途中に入っている瓦が、水切り瓦
白壁を浸水から守る工夫


全然違いました!

平日だったので、カフェはお休みでしたが、
普段着の街が見られました。

じゃあ、高知市へ帰ろう。


c0325278_12091771.jpg


c0325278_12284273.jpg
土佐黒潮鉄道のごめん・なはり線は
ほとんどが高架
見晴らし抜群らしい



c0325278_12084346.jpg





by Taseirap | 2019-07-09 07:30 | 高知県 | Comments(0)

室戸ユネスコ世界ジオパーク

海の傍を通って、室戸岬までドライブです。
防波堤が高いので、海が近い実感はありません。


c0325278_11452503.jpg
高台から臨む太平洋



室戸岬のジオパークに来ました。
高知市からは80km 。
1時間50分だそうです。

c0325278_11474881.jpg

ちょっとイメージとちがう?
途中に海洋深層水の会社もあったりしたので、
産直市場にきたのかと思った。

ところが、教育効果はなかなか。
子ども向けに分かりやすく展示してあり、
ゲーム感覚のシアターもあり、
夏休みの子どもに自然の成り立ちが
スムーズに伝わりそう。

c0325278_11485925.jpg

c0325278_11494546.jpg



こちらで購入した図書もとても面白い。
著者の福田安武(ふくた やすたけ)さんは、
1987年愛知県生まれ。
若い。
内容的に、てっきりお年寄りの書かれた本だと思ってました。
これについては、『非認知能力を育てる』というテーマで
いつか綴りたいので、乞う御期待。
(こんなテーマにすると、アクセス数がガクッと減ります。
それも微妙に楽しみです。)

c0325278_18545982.jpg


室戸岬の岩の回りを散歩するのも、探検隊のようで、
すごく楽しいです。
c0325278_11504304.jpg



c0325278_11511361.jpg


c0325278_11514107.jpg


c0325278_11520504.jpg

c0325278_17224250.jpg


c0325278_11551955.jpg





c0325278_11524762.jpg



駐車場に野生のタヌキが出てきて、野良猫と共生していました。






by Taseirap | 2019-07-08 07:30 | 高知県 | Comments(0)

馬路村のゆずの森

工場見学に伺いました。


この森の小道を行けば…


c0325278_13094041.jpg


c0325278_13101710.jpg
工場の入り口


短いアプローチですが、森のなかへ入っていくようなワクワク。
小川も流れて、美しい外構です。


工場は、撮影OK。
ちょうどお休みの日だったので、ラインはストップ。
誰もおられません。


c0325278_13194427.jpg


c0325278_13284755.jpg
動いて~







さすが食品工場。
お手洗いも、清潔。



c0325278_13114007.jpg


c0325278_13120973.jpg


c0325278_13125002.jpg


PRも泣いてしまう。
馬地村は千人の村で、うち90人はゆずの工場で働いておられるそうです。


c0325278_13135945.jpg



c0325278_13144328.jpg


c0325278_13245214.jpg
見学後に、プレゼント
この日3本目の ゆずドリンク


高知県は人口は減少しても、うまい具合に縮小することを
考えているそうです。
厳しい課題ですよね。
他県民からみたら、美しく、おいしく、温泉もあって、知的で
素晴らしいところです。









by Taseirap | 2019-07-07 07:30 | 高知県 | Comments(0)

馬路温泉

馬路村に着きました。
道中の川沿いの道は、あちこちで工事中。
台風や大雨の被害の修復作業のようです。
広島もまだなおしていますよ。
お互い大変ですね。

片側交互通行や、時間規制もありました。
木材を積んだトラックが行き交います。

景色がとてもきれいな村は、
馬路村農業協同組合の活躍でも有名ですね。
「馬路村のゆずポン酢」は、ずっと大好きです。


c0325278_17510289.jpg
入り口に白い旗


c0325278_17532303.jpg
おとり鮎 1匹500円


c0325278_17522539.jpg

お湯はかなり良い! 
おすすめ温泉



c0325278_17545686.jpg
どれにしようかな

c0325278_18121528.jpg
さすが本場 ゆず尽くし

結果 2本も飲んでしまった!


c0325278_17543066.jpg

休憩室


c0325278_17562498.jpg
天井を見るうちに


c0325278_17571830.jpg
爆睡


c0325278_17583933.jpg
レストランのテラスでビールも飲めます
風が気持ち良い


c0325278_17591807.jpg
宿泊施設も完備の村


c0325278_18000792.jpg
鮎釣りの道具


c0325278_18012534.jpg
夏休みに子どもさんと いかがですか?






by Taseirap | 2019-07-06 07:30 | 高知県 | Comments(0)

清流でアユを釣る人

高知県2日目。
「今日は、どこに行くの?」
「温泉。」
やっぱりか。
「と、ジオパーク。」
『ジオパーク?ジュラシック パークみたいなもんか。』
…みたいなもんだったら大変だろうに、
昨日のお酒が残っているみたい。

2日目は、Tシャツとデニムにスニーカーです。
歩けるように。
あと、日焼け止めに、カーディガンと帽子。
旅装という感じはまるでなく、普段着ですね。
有り体に言えば、仕事着です。
改善の余地あり。

「なに温泉?」
「馬路村の温泉。」
人気のポン酢の村ですね。

車で走ると、山と清流。

c0325278_09464868.jpg


誰かいる!

c0325278_05585927.jpg

アユが解禁なのね。
ずいぶん竿が長いのね。

c0325278_05594024.jpg

道の傍らに『アユあります』の手書き看板もありました。
「食べられるんかね?」
「おとりアユじゃろ。」
きゃ~。
可哀想な気もするけど、うれしく
鮎 食べるよね。
どうやって釣るのかを尋ねたら、『釣りキチ三平』からの
知識を教えてくれた。
岩になるらしい。
大変だ。

釣れてますか~?



by Taseirap | 2019-07-05 07:30 | 高知県 | Comments(0)

高知 〆のラーメン

こんなんなってるんだから…

c0325278_15333391.jpg

もう 大人しく帰れば良いものを。
〆のラーメンに向かう。

c0325278_09243082.jpg
どこや ここは?


とりあえず、瓶ビール。
四国工場で作られています。
新鮮でおいしい(気がする)。

c0325278_09263157.jpg

瓶ビールは あまり飲む機会がない
うれしい


c0325278_09283465.jpg
きれい


c0325278_09254178.jpg
半たまラーメン



c0325278_09291163.jpg
麺はこんな感じ


あっさり 上品でした。
『安兵衛』というのね。
大きな屋体のお店で、いい感じに混んでいました。

高知 楽しい。




by Taseirap | 2019-07-04 07:30 | 高知県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る