カテゴリ:香川県( 9 )

塩入温泉

ナトリウム-炭酸水素塩泉『塩入温泉』。
アルカリ性低張性冷鉱泉。

温泉は ぬるぬるしていて、少し塩味がある。

c0325278_17052129.jpg
道中の看板
よしっ やってるね!

c0325278_17183684.jpg

緑の中でゆっくり深呼吸。
以前に、この近くの『湯舟道』に来ましたね。
あそこも良いお湯でしたが、ここも良いです。
すっかりお肌ツルツルですよ。




『さぬきの秘湯』の文字が、『たぬきの秘湯』に見えました。

主人が男湯で聞いてきた情報に寄ると、
昔は個人所有の温泉だったそうで、
近所の人も 入りに来られていたそうです。
20年前に(不確かな数字)町長さんだか誰だかが、
とても良い湯だから入浴施設を作りたい、と。
それでできたみたいです。

「昼間の入浴客が今日は少ない。」と、
男湯でも女湯でも、話題でした。
ちょうど田植えの日だったそうです。
6月に植えるのね。
広島は5月ですよ。

施設内には、新鮮なお野菜の直販や
ウォーキングプールや、ログハウスもあります。
めちゃくちゃ のんびりできました。





More
by Taseirap | 2019-06-29 07:30 | 香川県 | Comments(0)

灸まん美術館

『灸まん美術館』ってご存知でしたか?

c0325278_11401029.jpg

もう20年くらい前からあるそうですが、
私は全然知りませんでした。
『お菓子博覧会』みたいなところな?
それとも、広島の『ウッドワン美術館』みたいに美術品がいっぱいかな~?


企画展をしておられました。
和田邦坊『君不老如花』。生誕120年。
きみ 老いず、花のごとし。

c0325278_11494973.jpg

和田邦坊さんは、“ひとりで博報堂”的な天才デザイナー。
(1899~1992)香川県琴平町生まれ。
元は朝日新聞の記者で、有名な風刺画『船成金』の作者。
成金(実業家山本唯三郎氏がモデル)が、
"芸者に靴を探させるのに100円紙幣(現在なら100万円)を燃やす画"を書いた人です。
小説『ウチの女房にゃ髭がある』の著者。
そして、『灸まん』(S36 -)の発案協力者。

c0325278_11520001.jpg

パッケージデザインのみならず、おまんじゅうの形や色もデザイン。
『お灸まんじゅう』というネーミング案を
「長い!すぐに覚えてもらえない。『灸まん』だ。」

『名物 かまど』のパッケージも和田邦坊。





『香川のデザインは和田邦坊』といわれたくらいだそうです。

c0325278_11554140.jpg
c0325278_11562962.jpg

c0325278_11574049.jpg


紙類デザインだけでなく、
店内内装デザインもされたそうですよ。
民芸と美術と商業デザインのバランスの良いミックス。
IC(コーポレント アイデンティティー)の先駆者です。


c0325278_11533753.jpg
広島のこのお店は 今はもう ないですね



絵手紙、はがきデザインも さすがのレベル。

c0325278_11582890.jpg

とても面白い人が、香川県におられたのですね。
デザインが古くさくならず、今も花のごとしです。

ちなみに、お隣の『灸まんうどん』には、
灸まんがひとつ ぽちゃんと?
(聞いたら、入っていないそうです。
なんか期待した。)



c0325278_11591312.jpg





by Taseirap | 2019-06-28 07:30 | 香川県 | Comments(0)

2杯目『宮川製麺所』

今回のさぬきうどん店のリストアップ。
日の出製麺所、純手打ちうどんよしや、
がもううどん、山越うどん、
宮川製麺所、オハラうどん、こだわり八輻。
山内うどん。

坂出市、丸亀市、綾川町、善通寺市、まんのう町ですね。

まだ行ったことないのは、
『オハラうどん』と『こだわり八輻』と『山内うどん』。
「次は どこにするの?」
「製麺所が良い。」
「え?宮川さんは、前にも行ったよ。」
「覚えていない。」

c0325278_13234483.jpg

「思い出した。」
ですよね。
このいりこは、まず忘れられないよ。

c0325278_13245754.jpg

うどん玉を 小か 並 、2玉以上かによって
丼(うつわ)が かわる。
次は、ひや か、あつ か決める 。
温なら、湯釜で(自分で )五秒湯がいて
(自分で) 出汁を注ぐ。
トッピングもご自由に。
食後に支払い。

ひとり(小)170円。
二人で340円! 住みたい。

サイクリストも近所の人も 並んで食べておられました。




More
by Taseirap | 2019-06-27 07:30 | 香川県 | Comments(0)

うどんロード④ 善通寺『宮川(みやかわ)製麵所』

さて、ラストの一軒。
善通寺の『四国こどもとおとなの医療センター』の近く。
『宮川(みやかわ)製麵所』です。

c0325278_09065850.jpg

だしのいりこが浮いている写真に惹かれて、
やってきました善通寺。
立派な五重塔がみえます。

学生時代の友人は、この夏も
高校生の息子さんと『四国巡礼の旅』をしたそうです。
四国八十八か所は、どこまで歩いたのでしょうか?

最近は、車やバスで回る人も多いそうですね。
暑い時期なので、命も大事にしないとね。


さて、こちらは、食後に会計をするスタイル。
ひと玉、二玉は青いどんぶり。
特大の三玉は、黒どんぶり。

セルフで、自分でうどん玉を入れ
だしを注ぎ、
座って食べます。

出汁にいりこを入れるにはどうしたら良いのだろう?
まごまごしていると、お店の人が教えてくれました。

出汁の底にいりこが沈んでいるから、
底をすくえ、と。

底をすくえば、確かにいりこの影。
水流でちょっと粉々にしちゃったかも…。

c0325278_08591201.jpg
¥160


いりこ出汁は、わたしがこどものころは、
広島ではメジャーだったのですが、
今はどうでしょう?

いりこも出さないで、ジャガイモのお味噌汁とか。
なつかしいです。


c0325278_18164433.jpg



主人のラストうどんは、玉子代を50円出して
かまたま。

c0325278_09002610.jpg
¥160+¥50=¥210



☆『宮川製麵所』
香川県善通寺市中村町1‐1‐20
0877-62-1229
Pあり
8:00‐18:00
日曜日はお休み



日帰りうどんロードは、なかなかハード。
一日一食うどんはできそうですが、
三食がうどんは、よっぽど好きでないと
かなり苦しいです。

でも、どこも美味しいです。










by Taseirap | 2017-08-25 07:30 | 香川県 | Comments(0)

うどんロード③ 温泉で休憩

(小)とはいえ、うどんを2杯も食べれば、
さすがにお腹がいっぱいです。

ちょっと休憩を。
グーグルで「近くの温泉」を検索。

『麦香』は、レオマワールドのそばです。
レオマワールドに、大江戸温泉物語があるではないか!

でも、行きません。

あやうた温泉『湯舟道(ゆぶねみち)』に行きます。


c0325278_08562241.jpg

なぜなら、350円だから。
今日は、とことんケチです。
あ、タオル忘れた!
痛恨のミス。
タオル代150円。

シャンプーやせっけんのチケットを売っていない。
見たら、浴室に
ボディソープとリンスインシャンプーがありました。
素晴らしい!
充分、充分。

(主人は、髪を痛めていました。)

緑の山を見ながら、放射能泉につかる。
おなかの中で、うどんが泳ぐ。

c0325278_09080259.jpg


☆『あやうた温泉 湯舟道』
香川県丸亀市綾歌町栗熊西68‐3
綾歌健康づくりふれあいセンター内
℡:0877‐86‐4793
駐車場:60台

休憩所では、デイサービスご利用の方と一緒に、
のんびりさせてもらいました。
野菜も販売していて、大量に買いました。




by Taseirap | 2017-08-24 07:30 | 香川県 | Comments(0)

うどんロード② 『日の出製麺所』からの『麦香(ばくか)』

『兵郷うどん』の近くに、もう一軒有名店があります。
『日の出製麵所』。

c0325278_09084267.jpg

長蛇の列。

あきらめて、次へ。

c0325278_08530075.jpg

讃岐うどんの旅は、讃岐富士の周りをぐるぐる回る旅です。

『麦香(ばくか)』。

c0325278_09090163.jpg

こちらは、”軽く一杯”というよりも
暮らしの中に、きっちりハマりそうなお店です。

c0325278_08481983.jpg

うどんツアーをするときは、一日に何杯も食べるので、
うどん玉は(小)をセレクト。

でも、お店のメニューにある
うどんに、明太子ご飯に、小鉢というセットメニューに
心惹かれる。

c0325278_08472101.jpg

店内のおでんにも心惹かれる。
でも、次もある。
クー (。>д<)

国産小麦のもちもちプルプルのうどんを、

c0325278_08485874.jpg

店内のあれこれで、

c0325278_08513882.jpg

バージョンアップ!

c0325278_08521578.jpg

自家製青唐辛子もうまい。

こんな風に、麺が ちからのあるお店では、
”ぶっかけ”や”かまたま”でいただきたい気もしますが、
麺が美味しいお店は、さすが。
出汁も美味しいのよ。
出汁を入れて、麺との調和も味わいたい でしょ?


もはや、住みたい!
うどん県香川。



☆『麦香』
香川県丸亀市綾歌町岡田上1898‐3
ことでん岡田駅から徒歩8分。
坂出ICから車で20分。

10:00‐15:00
(麵がなくなり次第終了)
水曜日はお休み





by Taseirap | 2017-08-23 07:30 | 香川県 | Comments(0)

うどんロード① 『兵郷うどん』

ある晴れた日に、家族が
「讃岐うどん食べに行こう。」
「… うん。」

わたしは、糖質制限ダイエットを細々としていたのに。

ま、仕方ないか。

高速道路に乗って、いつものしまなみ海道ではなく
岡山→香川の『児島ー坂出ルート』へ。
本四架橋(本州四国連絡橋)の『瀬戸大橋』。

c0325278_09103683.jpg

正式には、瀬戸中央自動車道です。
(1988年開通。)
車道の下には、JRの列車が走ります。

c0325278_09134804.jpg

瀬戸大橋だけなら、15.9㎞。
所要時間10分。
普通車の通常料金3600円。
ETC利用で、1700円くらい。

自宅から2時間弱で着きました。
讃岐うどん巡りをされるなら、自動車がおすすめです。
カーナビに電話番号を入れるだけで、
かなり小さいところでも案内されます。
また、うどん屋さんはあちこちに点在していますので、
車が便利です。

”四国の三ケタ国道=狭い”という恐怖も、最近は改善されて
四万十川の方に行くのでなければ、
もうそんなに怖くない。

さて、讃岐うどん。
今回は有名どころではなく、製麺所を攻めます。

まずは、『兵郷(ひょうごう)』。
http://hyogo-udon.net/

c0325278_08392476.jpg

ここは、わからない!
わかるけれど、車で店先には行けません。
住宅地の中。

駐車場を探して、
(有料Pが見当たらなかったので、図書館・美術館の公共Pに)
少し歩きます。

c0325278_08400819.jpg


坂出市。
少しレトロな街だなあ。
路地を歩くのは、楽しい。

でも、郵便局の隣にお店の駐車場が
あったみたい。
(看板のすぐ前のP)

c0325278_08412462.jpg

メニューを見ると、
ひと玉 180円。
ちくわ店 100円。
稲荷ずし 1個 50円。

どういうこと?
安すぎませんか?

c0325278_08404539.jpg

ふたりで、560円。

朝ごはんにはちょうどよい、
柔らかめの細めうどん。
カツオだし。
地味においしい。

残念ながら、年内で閉店するという噂。
行きたい人は、急いで。


☆『兵郷うどん』
香川県坂出市寿町3‐2‐9
℡:0877‐46‐2869
8:30‐14:00
日曜日はお休み










by Taseirap | 2017-08-22 07:30 | 香川県 | Comments(0)

『一泊二日うどん10杯の旅!』(二日目)

さて、大会二日目。
あ、違った。
《さぬきうどんの旅》の二日目は、朝8時半にスタート。
・・・だそうです。
※今回は私どもはしていませんよ。ご紹介だけしますね。
(一部分、誘惑に負けて参加しておりますが・・・。)

二日目のラインナップは、全て日曜日に開いているうどん店。
どうやら、“週末のうどん旅”を想定しているみたいですね。

6杯目は、『なかむら』
こちらは、少し細めの麺。
特製醤油か、イベリコベースの薄味だしで食べるそうです。
うどん(小)220円。
しょうがとネギをのせて、あっさりスタート。

住所:丸亀市飯山町西坂元1373‐3
営業時間:9:00-14:00(日曜日は8:30~)
休み:火 (たぶん 行ったことあり)


7杯目、『山下うどん』
こしの強さとつるんとしたのど越し。
元祖ぶっかけうどん!
ぶっかけうどん(小)280円
天かすと青ネギとレモンでつるつるっといっちゃいましょう。
でも、肉ぶっかけ(500円)も捨てがたい。

住所:善通寺市与北町284‐1
営業時間:9:30-18:30
休み:火 (行ったことあり)


8杯目、『長田うどん』
こちらは、”釜あげ”いっぽん。
いりこだしがおいしい。
釜あげうどん(小)250円
たらいでいただくのも楽しい。たらい(小)1000円。
おでんやお寿司もあるので、本気で食べてしまうかも…?
この後に行けなくなっちゃう~。

住所:仲多度郡まんのう町吉野1290‐1
営業時間:10:00-17:30(売り切れ次第終了)
休み:木 第3金 (行ったことあり)


9杯目、『池上製麺所』
シンプルで全部おいしい「るみばあちゃん」のお店。
今や全国区。
うどん1玉195円。てんぷらは90円~。安い。

住所:高松市香川町川東下899‐1
営業時間:10:00-14:30
 土・日・祝は、~13:30/16:00-17:00
休み:火 (行ったことあり)



ラスト10杯目、『手打ち十段うどんバカ一代』

ここだけは、まだ行ったことない。
行きましょう。


c0325278_16473369.jpg
住宅地に行列

c0325278_16480583.jpg
入ってすぐの本棚に『空手バカ一代』の単行本がずらり


c0325278_16490205.jpg
お正月だけ休むのですね


こちらのお店は、お薦めが『釜バターうどん(小)』490円。
黒こしょうを散らしてくださいます。
茹で揚げ10分以内の麺しか使わない”うどんバカ”ぶりで、
こしのあるモチモチした食感です。

c0325278_16514860.jpg
新しいさぬきうどんの世界が開けた感じ


部活の途中らしき女子高校生の一団と一緒になりました。
彼女たちは、黙って並ぶ。
サッサと注文。
空いた席にバラバラに座り、
食ったら、友だち待たずにとっとと出る。
サムライ女子でした。

私の向かいの旅行者らしき会社員ぽい女性のグループ、
「おいしいね~。」と楽しい会話。
けれど、ひとりのあごについているうどんの切れ端を
誰も指摘してあげない。
そのまま外に出て行かれました。
大奥女子?

住所:高松市多賀町1‐6‐7
営業時間:6:00‐18:00
平成16年4月に開業されたそうですが、有名人のサインも
たくさん飾ってあって、大人気みたいです。

なかなか奥深いさぬきうどんの世界。
子どもさんの夏休みの自由研究にいかがですか?(笑)


by Taseirap | 2015-08-07 07:30 | 香川県 | Comments(0)

『一泊二日うどん10杯の旅』(初日)

『一泊二日でさぬきうどん10杯のツアー』
聞くだけでも、過酷。
しかし、どんなツアーなのだろう?

c0325278_14591530.jpg
これだ!(『Go Go!四国!!』より)


え~、なになに?
1杯目は、『がもううどん』

うん。スタンダードな感じね。
田園の中ですする一杯目。
ふさわしい。
お薦めは、うどん小(150円)で、ちくわ天(100円)を入れる。
ちくわ天、おいしいです。グッドチョイス。

住所:坂出市加茂町420‐1 
営業時間:8:30~14:00(土・祝は13時)
売切れたら終了
休み:日曜・第3・4月曜 (行ったことあり)


2杯目『田村』
有名店。県産小麦粉使用。
お薦めは、うどん小(200円)に ちくわ天(60円)
*うどんの量が選べるお店では、を頼むのが何杯も食べられる
秘訣のようですね。
きつね、てんぷら迷うけれど、
「田村では”かけうどん”」と、記載が。実力があるからね。

住所:綾歌郡綾川町1090‐3
営業時間:9:00~13:00
休み:日祝 (行ったことあり)



3杯目『谷川米穀店』
米穀店がなぜ登場?
”うどん店としての営業は2時間のみ。”

行ってみました。

c0325278_15161739.jpg
ナビを頼りにやっとこさっとこ

c0325278_15173568.jpg
清流を眺めながら待つ


c0325278_15181134.jpg
見よ、この艶! うどん冷や(大)280円

c0325278_15192261.jpg
ネギとしょうゆで(後半は酢も入れて酢醤油で)

c0325278_15204275.jpg
うちたて


c0325278_15210968.jpg
シンプルなメニュー



ご常連らしきおばさまは、まずは
うどん(小・冷)をしょうゆでさらっと食べて、
お替りしてうどん(小・温)に、卵。
さすがザマス!
奥さま、350円でお腹いっぱいですね。


住所:中多度津郡まんのう町川東1490
営業:11:00~13:00(売り切れたら終了)
休み:日(臨時休もあり)

*私たちナビの指示通りに、すごい山道を、峠を越えて
 車酔いしながら行きましたが、その道ではなく
 ”徳島自動車道の美馬方面”からの道が、すんなり広くて良い道です。 



さて、4杯目は『山越うどん』
有名店です。全国販売されています。
こちらでは、”かまたま”(250円)が一番人気とか。
熱々のうどんに生卵を絡めて、和風カルボナーラですね。

住所:綾歌郡綾川町羽床上602‐2
営業時間:9:00~13:30
休み:日 (行ったことあり)



そして、ラスト5杯目!『手打ちうどん鶴丸』

うどん店は、早朝開業、昼には閉まるところが多い。
こちらは、深夜営業のうどん店。
人気はカレーうどん(700円)だそうです。
(ここには、まだ行ったことありません。)

住所:高松市古馬町9‐34
営業時間:20:00~翌3:00
休み:日 (行ったことなし)


本州四国連絡高速道路㈱の出している無料パンフレット
『Go Go!四国!!』
なかなかよく考えたコースです。
朝はあっさりに始まり、夜はこってり終わる。
お店の営業時間も考えてあるし、順番も。

さぬきうどんの有名店は綾川町に多いので、
距離的に近いのです。
でも梯子して食べるには、あんまり近いとおなかが苦しい。
(小)を2杯なら、大丈夫ですが
いくら(小)でも、3杯たて続けだとキツイ。
胃の消化時間を入れてコース作りしてある辺り、
素晴らしいと思います。

主人は
「大学生だったらこのコースで軽く回れる!食べきれる!」
と、言っていました。

アホな我が家は、息子たちが中学生・小学生のときに
やはり同じようなことを家族旅行でしました。
1日3軒が限界でした。

「ぜんぶ味が違うな~。」
と、感動する父を横目に、小食の長男は
2軒目を回った時点で
「ぜんぶ”さぬきうどん”です。車で寝てて良い?」

好奇心の強い二男は、満腹まるのぽんぽこお腹なのに
3軒目も車を降りついてきて、
店内の様子を眺めていました。



More
by Taseirap | 2015-08-06 07:30 | 香川県 | Comments(2)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る