カテゴリ:山口県( 6 )

岩国のお酒

先日、岩国に行ったときに、
お土産に日本酒を買いました。

主人は、山口在住の従兄弟がいつも
「旨い。」
と言っていた『五橋(ごきょう)』。

c0325278_10562080.jpg

http://www.gokyo-sake.co.jp

西条の杜氏さんも
「酒は米を半分以上削る大吟醸が人気ですが、
私は純米酒が一番旨いと思います。
削って捨てる物のなかに、雑味の旨さがあります。」
と、言われていました。

(でも、私は大吟醸が好きです。←抵抗)

『木桶造り 五橋』は、仄かに木の香り。
「常温でも冷やでも良いですが、これからの季節はぬる燗で。」

その一言で買いました。

"ぬる燗"。
なんて季節感のある日本語。
ぬる燗の沼に、とろとろ浸りそうです。

地元の人に長く愛されるお酒です。



そして こちらは『雁木(がんぎ)』。

c0325278_10595879.jpg

http://www.yaoshin.co.jp/top/

JAL だか、ANAだかのファーストクラスで提供されています。
第一印象は、端麗。
美酒です。


"ひとつび"は、原酒を和水、一回火入(熱燗)した純米酒。
船着き場に灯る常夜灯と、
『一回火入』したことを意味重ねして
"ひとつび"と命名。
(米は山田錦、精米歩合は6割。)

私と空の上には、ピッタリ。

もっとガツンとしたのをお好みなら、
『純米 無濾過生原酒 雁木 ノ壱』か、『ノ弐』を。


雁木では、
副原料として醸造アルコールを加えていません。
また、完成したお酒の活性炭素での濾過も
していないそうです。

どちらの技法も伝統的な技で、決してごまかしではありません。
でも、それをあえてしないところに、
蔵人の男気を感じます。

米と水と麹に、人の技と手間で勝負!


これらのお酒が、このお値段で買えるとは…。
日本に生まれて良かった。






by Taseirap | 2016-10-23 07:30 | 山口県 | Comments(0)

『ブロッコリグリル』(岩国)

岩国駅から少し歩いて、
麻里布第3街区公園(はと公園)のすぐそば。
なんだか美味しそうな気配。
(マリブってアメリカみたいだけど、昔からの地名なのかな?)


c0325278_13515221.jpg

『ブロッコリグリル』



ブロッコリ?
"お米の代わりにブロッコリを食べたら痩せる"って
聞いたけれど 本当に?
ま、それはともかく、ランチしましょう。

c0325278_13534303.jpg
ファイン バーガー+チリ = チリバーガー
フレンチフライ付き(¥1100)


ごちそうバーガーですね。

c0325278_13541062.jpg

チリを追加したら、辛かったそうです。
当たり前ですね。

私はタコライス(¥900)。

c0325278_13544673.jpg

食べながら、
『しまった!
駅の方に"グリードスパイス"という
タコライス専門店があったじゃないか!
なぜ、いまタコライスにしちゃったの。
…ま、いいけど。』

こちらは、飲み物もひと懲り。
生ビールは、きちんと細かい泡がたっている。
珍しいサイダーも置いていて、
広島県三原市のサイダー『スマック』、
佐賀県の『103(てんざん)サイダー』。



c0325278_13560309.jpg
めちゃくちゃ美味しい


『スマック』は、
昭和40年から愛されている三原のソウルドリンク。
練乳仕立ての微炭酸クリームソーダ。
と、紹介してありました。
調べたら、1955年創業の清涼飲料メーカー
桜南食品の商品だそうです。
小さい頃、飲んだ記憶はありません。
味は 懐かしいようでもあります。

岩国は、なかなか個性的なお店があって面白い。

☆『ブロッコリグリル』
バーガーとビール、食事とワイン
岩国市麻里布町3丁目9-7 白木ビル2階
11:30-15:00
18:00-24:00
TEL:090-8360-2788
定休日 :(日)、第1・第3(月)
駐車場はありません


by Taseirap | 2016-10-22 07:30 | 山口県 | Comments(0)

光市 里の厨(Sato no Kuriya)

お出かけのラストはお買い物。

ということで、
光市農業振興拠点施設『里の厨(Sato no Kuriya)』に寄りました。

http://satonokuriya.jp/


c0325278_16163279.jpg
緑やお花がいっぱいできれい

c0325278_16174322.jpg
入口隣のレストランの ”いりこそば” が超絶旨い!そうな…

c0325278_16183128.jpg
施設内は、夕方は品切れ状態


道の駅、とも少し違う感じ。
お野菜はもちろん。海が近いから、魚関係も充実。
おいしいお肉も、安く販売。

地元の食材を使って、奥様達が手作りされたお豆腐やお味噌。
お漬物、花、イチジクの鉢植え。

充実した商品ラインナップ。
単純に畑で採れたものを並べて売る時代が、終わった気がしました。
働いておられるお母さん方の、商品知識がリアルです。
自分で生産して、調理しておられるので、買い手としても信頼感が違います。
(もう少し、味に工夫があればうれしい。)

興味深かったのが、

c0325278_16250640.jpg
カンロ飴

光市で生まれたのですね。
メキシコでも食べてましたよ。

c0325278_16270541.jpg
”巨大一粒カンロ飴”や”1㎏入り”もありましたよ


”大人買い”ということでしょうか?
素敵です~♡ 買いたかったです。








by Taseirap | 2015-07-03 07:30 | 山口県 | Comments(0)

山口 柳井 白壁の街 (Yanai Yamaguchi)

山口県、白壁の街 柳井。
歴史のある街です。


c0325278_18481144.jpg
軒下に金魚の提灯


c0325278_18492041.jpg
白壁 犬やらい 国森家住宅


街並みに、よく建物が残っています。

古い建物は、一軒、二軒残っていても、
なかなか街並みとはならないけれど、
これくらいまとまってあれば、観光地として
すごく人気になってもよさそう・・・。

(それなのに、なぜか人影がまばら。
日曜日はお休みなのかな?)

国森家は、18世紀後半に建てられたそうで、
江戸時代中期の豪商の家。
国の重要文化財です。


c0325278_18505975.jpg
元は油問屋



c0325278_18521749.jpg
お座敷


c0325278_18524827.jpg
奥の座敷

c0325278_18533015.jpg
そして、裏庭


c0325278_18540376.jpg
お2階も見学できます


わたしに
ちからが ないから
みんな佛さまが
手つだってくれる



柳井は、古くから商業が栄えた街。
問屋筋の裏手には、川(運河)。
ここから、沖の船まで小舟で荷が出たのでしょう。




c0325278_18544791.jpg
常夜灯



お土産で有名なのは、お醤油。
お刺身用に人気です。
とろっとしていて少し甘い。


c0325278_18583937.jpg
甘露しょうゆ ㈱佐川醤油店


8月の1日と8日(土曜日)には夜市。
13日(木曜日)は、
柳井金魚ちょうちん祭りがあるそうです。

http://www.city-yanai.jp/site/kanko/kingyomatsuri-topics.html

のんびり和の情緒にひたりたい時には、
おいでませやまぐちへ。













by Taseirap | 2015-07-02 07:30 | 山口県 | Comments(0)

柳井市 ランチ放浪記

一夜明け、遅いお昼ご飯を食べに
県道188号線をドライブ。

山口県は、歴代首相を輩出した県。
道路がすばらしく良い。
ガードレールが夏みかん色で塗られ、
山口に入るとすぐに分かります。

ルート188は、海岸線を
JR山陽線と並んで走るので、
夏のこの時期は、瀬戸の海が青く光り、
気持ちが良いです。

岩国から柳井方面へ向かうと、道なりに
”ネタがしゃりから大きくはみだし、
握りずし&お刺身として食べる”ことで
有名なお寿司やさん。

”おしゃれなカフェ風の造りながら、
釜飯が有名”な和食やさん。
(『鳴門』)
”ドライブインなのに、あさりラーメンが
美味で地元民が通う”ドライブイン。

が、連なります。

すべてに心惹かれつつ、
我々は一路JR田布施駅方面へ。
『のぅくれ』というラーメン屋さんに向かいます。
柳井の一番人気のラーメン屋さん。
ただし、お昼営業は2時半まで。

ぎりぎり間に合ったかと思いましたが、
お店は閉まっていました。
未練がましく店内を覗けば、お店の人が
しきりとお辞儀をされます。

ぎりぎりアウトでしたね。

さすが、人気店。完売。

よし次だ!

自然薯を使ったとろろご飯『自然生家』へ。
こちらもお昼は2時半まで。
きっちり閉まっています。

よし次だ!!

柳井市の白壁エリアなら、
昼休憩ないでしょう?
ないよね?

と、期待して"柳井のジロリアン御用達"
という噂の『台湾』へ。


c0325278_12292634.jpg
中華料理『台湾』

c0325278_12301090.jpg
汁そば並(¥500) 
100円アップで大盛りに

c0325278_12304875.jpg
lunch(¥700)


c0325278_12313571.jpg
目の前は『商家博物館むろやの園』


こちらの汁そば。お店の人は
「ちゃんぽんです。」
と言われました。
???
麺が薄茶色で、不思議な食感です。

ランチもボリュームたっぷり。
「学生だったら毎日来る。」
と、主人が言っていました。

白壁の街にもほど近く、食後に
「観光者用の駐車場は、どちらにありますか?」
と、尋ねたら
「うちの駐車場に停めておいてもらって、
良いですよ。」
と、とても親切なお言葉。

ありがたく停めさせてもらって、
歩いて観光しました。



☆Ramen 『台湾』(Taiwan)
Yanai city, nakano 447-1
JR Yanai station 5minutes walk
tel:0820-22-0776
open:11:00-21:30
close:Monday




by Taseirap | 2015-07-01 07:30 | 山口県 | Comments(2)

団塊の世代の叔母 に見習い・・・たい

山口県の叔母のところに遊びに行きました。
(小学生の作文か!?)

団塊の世代の主人の叔母様は、とても活発です。
(それともこの世代の方は皆さんそうなのでしょうか?)
向上心と好奇心があり、意欲的です。
(私など、叔母の半分も動いていない感じです。)

健康のことを考えて、洗剤も食品も手作り。
(婦人の友社の本をわりと参考にしているようです。)

洗剤は、重曹とクエン酸と塩か何かをブレンドして手作りしておりました。
”セスキ炭酸ソーダ”や”セスキ水”(だったっけ?)
お手製のプリン石鹸で食器を洗ったら、手荒れもしないし、
汚れが良く落ちたのでびっくりです。

お風呂には、重曹とクエン酸と塩を入れてもらって、入浴。
お湯がさらさらで、主人はすっかり気に入っていました。


食べるものは、ご近所のウォーキング仲間の年上の奥様から
「腐るものを食べなさい。」
と、言われたそうで、実践しているそうです。

主人と
『腐ったものを食べる?』
と、聞き間違えたりしましたが
「防腐剤や保存料を使うものは、×。」
ということらしいです。

あ~、なるほど。


叔母の友人のある奥様は、7年前に山の別荘で犬の迷子を拾われたそうで、
その当時でオーバー10歳。
現在は
「おそらく人間なら100歳近いね。」
と、爪を見て獣医さんが言われたそうです。

見つけた時は、ボロボロな状態の大型犬。
元は血統の良い犬だったようですが、野良の時代の拾い食いで
身体の中に病気があり(?)、心臓に来たらアウトらしいです。

でも、発見以来、奥様手作りのペットフードで、
毛艶だけ見たら青年犬!
つやつやしてものすごく健康らしい。

毎週日曜日、犬用にお肉などをブレンドして、冷凍しておいて
日々食べさせるという飼い主の愛の努力の成果ですって。


捨てられて、さまよっても、こんな幸せな老後があるなんて
犬ごとながら良かったね。

メキシコの犬も幸せそうだったけれど、日本の犬は大事にされるんだね。


叔母は
「ペットフードでも腐るものを与える。まして、人間はね!」
と、わたしたちもたくさん健康的なごちそうをいただきました。

c0325278_16534776.jpg
いかくん、胡瓜、セロリほかのなます
(器は叔母の作品)


c0325278_16531691.jpg
大量のもちもち餃子



天津飯、丸ごと鳥のスープ。
お漬物もすべて自家製で、ジャムまで作っておりました。

翌朝は、にんじん1本入ったジュースです。
「ありがたい”健康合宿”だったね~。」
と、日頃の酵素不足を解消させてもらいました。

家庭菜園のハーブやトマト。美味!
私もしようかな~。


お土産に手作りの保存食をたくさん貰い、


c0325278_17154901.jpg
ガラガラの冷蔵庫が一気にリッチに



c0325278_17164004.jpg
朝採り筍のホワイトリカー漬け


筍をホワイトリカーに漬けて保存。
使うときには、1時間くらい水に放して。
タケノコご飯にすぐに使えます。

なんだかとっても勉強になりました。







by Taseirap | 2015-06-30 07:30 | 山口県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る