カテゴリ:おいしいもの( 214 )

グリーンスムージー

今日から7月。

c0325278_10340538.jpg
1週間フライング




夏本番。
カープと一緒に乗りきりますよ。


c0325278_10343425.jpg



高知のホテルの朝食のスムージーが美味しかったので、
ご紹介。
レシピは、四人分です。

❬グリーンスムージー❭
レタス…半分
サラダ菜…2枚
水菜…1/3
リンゴ…1/4
バナナ…1/2
リンゴジュース…200cc

ほか、トマト、ブロッコリー、ガムシロップをお好みで。

作り方は簡単。
適当な大きさに切って、ミキサーでかくはん。
キューブアイスを5個入れて、再び撹拌。

ビタミンを取り入れて元気に。
デトックス効果で体内の老廃物・毒素に
さようなら。


☆ 水菜の1/3が 謎。
1/3把(わ)か 1/3本か?
お好みで。


c0325278_10351922.jpg








More 攪拌
by Taseirap | 2019-07-01 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

Tokyo Okaki CURRY カレー?

友人の旦那さまから 東京のお土産を頂きました。
わーい。
あんこのセンスが合うのよね。
(と、勝手に思っています。ご迷惑でしょうが。)
ありがとうございます!

c0325278_12052964.jpg

おやつだ、おやつ ( ノ^ω^)ノ
ん? なんだ、なんだ。
カリー?
(今回は あんこ系でないみたい。)
エイジ マッハ?
急速な高齢化。
Mach 綴りが違う。
モッチ? 餅!
あげもちだ。

右に映る白いものは …

c0325278_12074306.jpg
コックさんの手でした

柳原良平さんのイラストじゃない?

『トリスを飲んで ハワイに行こう』のおじさん。
コピーは山口瞳さんだったんだよね。
… でも、鼻が違う。
柳原良平さんじゃないかな。
失礼しました。

ひとりで迷走、迷走。


c0325278_12105959.jpg

カリー揚げ餅ですね。
わーい。
あて、甘いも辛いも いけまっせ。

c0325278_12115238.jpg

ピリ辛で旨いっす!
止まらないわ。
東京のお土産は 色々あるのね。
もはや、ナチュラルにおいしい物。
東京に行きたくなる なる。

外国の人も 帰国して
「東京楽しかったよ~。また行きたいな。」
なんて、話をしながら食べてるのかな?


by Taseirap | 2019-06-21 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

デーツ

デーツであります。

c0325278_07011882.jpg

お好み焼きソースのオタフクから出ています。
なつめやしの実。

デーツは、イラン、UAE、エジプト、アメリカで作られていて
砂漠でも育つことから『生命の木』ともいわれるそうです。
プルーンなみに栄養価があり、食物繊維、カリウム
カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄を含む。
「ラマダン(断食月)明けに最初に口にするのは デーツ」
といわれるくらいだそうです。
(袋の裏面の説明そのまま)

オタフクお好みソースには、1975年から入ってるみたい。
先見の明。
その頃にデーツなんて。
逆になぜ知ってたの?って感じ。
皆さんすごいですね。

ところで、このデーツは 本当に
干し柿みたいに甘い!
こんなに甘いものだったかな~?
ふつうに食べるには、三越地下の
『ファーイーストバザール』のデーツくらいの
甘さで 充分なんだけど…。

でも 好きですよ。

デーツは身体に良いから、毎日少しずつ食べましょうか。
1日3粒が適量らしいですよ。
(この“身体に良いから”のフレーズを、うちの家族は
なぜか ものすごく嫌う。)




by Taseirap | 2019-06-13 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

おいしいよー!

お土産に頂いたシュガー・ケーキ。

c0325278_13093699.jpg

「みんなが『いいです、いいです。』って遠慮するから、俺がもらった。」
んまっ!
おいしいのに。
“シュガーケーキ”なんて聞くと 全体がアイシングか?
と、ためらうよね。

c0325278_13111758.jpg

下はタルトっぽいクッキーですよ。
アーモンドフィリングが入っています。

c0325278_13132069.jpg

マルタ共和国の『カフェ コルディナ』(1837~)。

お菓子名の『The Maltese Figolla』は、
マルタのフィゴッラ(Figolla)。
フィゴッラは、砕いたアーモンドを入れたクッキーを
アイシングでコーティングしたお菓子。

マルタ十字は、マルタ共和国の象徴。
1530年にマルタに来た聖ヨハネ騎士団が用いました。
十字にある8つの角は、4つのVの腕。
騎士には8つの義務があるそうで、
1 真実に生きる。
2 信念をもつ。
3 罪を悔いる。
4 正義を愛する。
5 謙虚さを示す。
6 慈悲深くある。
7 正直で熱心である。
8 迫害に耐える。

騎士さま 格好いい!
こりゃモテるわ。

首都の名前バレッタは、聖ヨハネ騎士団総長の
ジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットに因んで
名付けられたそうです。

お菓子をモグモグ。
ん?
この味は~ ?
スターバックスのスコーンに似てる?
そんなには甘くない。
美味しいです。


by Taseirap | 2019-06-09 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

憩いのひととき

息子にもらいました。

c0325278_10064192.jpg


私はふだん 出かけるときに、500mlのポットに
ティパックをひとつ。
(糸のところはカットして。)
仕事中の水分補給にも。

ふつうのお茶も良いのですが、フレバーがついてると
目が覚めます😊

カフェイン 0でなんですけど。


by Taseirap | 2019-06-05 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

牛とろフレーク

息子のチャレンジご飯。

c0325278_20313584.jpg

冷凍の赤いフレークは、マグロ?
違います。
牛肉。
生の牛肉。

c0325278_20324554.jpg

c0325278_20333670.jpg

c0325278_20335377.jpg

熱々ご飯に専用のタレをかけます。
「ご飯出して。」
と言われましたが、炊飯器には玄米ご飯。
白米ご飯をチンして出しました。

(玄米ご飯は、生協で間違えて買っちゃいました。
開けてびっくりでしたよ。まずくはないけれど。)

「どう?お味。」
「肉じゃ。」
「はぁ。」
「肉じゃの。」
「初めての味なんだね。」
「…。」
感想終わる。

「焼こうか?」
「高いんだから、焼いちゃだめじゃろ。」
「…。」
お金のこといわれると、話が終わる。

ちらしを見れば、牛とろフレークだけじゃなく、
時鮭生とろフレークも売っていたみたい。
「お母さん、普通のでいいよ。」
と、言いそうになって 止める。
神妙な顔で食べる様子が妙にいじらしい。
まったく。
何を考えているのだか…。

そういえば、忙しさで延び延びになっているお引越し。
準備は上手くできてるのかな?
このまま放置してよいものか。

がんばってね。



by Taseirap | 2019-05-23 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

おうどん

主人はさぬきうどんが大好きです。
私も好きではありますが、実は柔らかいうどんが好きです。
やおやおっとしたおうどん。
お箸で持ち上げたら切れそうな、くったりした白い麺。
お汁は出汁の効いた薄い色。

ほやほやしたおうどんをツルっと吸って、
軽くかむ。
お出汁が口の中で甘い。
歯がいらない。
消化も楽ちん。
おネギもよく炊いてね。
とろろ昆布も好きですねん。

「邪道!」
といわれますが、本道だっせ。

亡くなった祖母系の関西のDNA が求めるお味。
祖母はご飯も柔らかめ。
もはやお粥でしたっけ?
あ、歯が無かったかもしれません。
入れ歯は上だけあって、下のはどこかにしまいこんでいました。
「どっかいった。」
お客さまが来られるので、
「上だけしよか~。」
と相談され
「ふん。」
(祖母の”うん”の発音は”ふん”なので合わせる。)
はめる。
「変なよ。」
「ほな、やめよか。」

上だけ入れ歯をすると、ちょっと恐い顔。
歯は戦う武器だと思いました。
戦わず(戦えず?)柔らかいものばかり食べていました。
好物のバッテラは、強敵でしたが
「おねおねしたら、たべられますねん。」
と、長時間 歯茎ですりつぶしておりました。

97歳が天寿でした。




by Taseirap | 2019-04-05 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

卯月の翠

辻利の『生菓子』をいただきました。
辻利といえば、お茶ですね。
創業萬延元年だそうです。

はっ!
今年 会社を始めたら、『創業○○元年』になれる!
○○はなに?
今日発表よね!新元号。
(ところで、会社って?何ができるということも無く…。)

話が逸れました。失礼。

c0325278_07500354.jpg


見た目は、"抹茶 生八つ橋"風ですね。
原料は
砂糖、米、白生あん、小豆、抹茶、きな粉、寒天など。
ハッカは入っていませんね。

あとで追いガツオのようにかける
追い抹茶が美しいです。

(次男のお土産。
桜を観る旅をしたみたいです。)


元号は 令和(れいわ)だそうです。
万葉集の梅花のうた からきたそうです。

「令和は万葉集の梅の花の歌
三十二首の序文にある
『初春の令月にして気淑く風和ぐ
梅は鏡前の粉を披き
蘭は珮後の香を薫らす』
から引用。

しゅくき【淑気】とは、新春のめでたくなごやかな雰囲気のこと。
また、万葉集に出てくる梅は 全て白梅だそうです。
珮(はい)は、 おびる/はく/おびだま/帯につける飾りの玉   のこと。

「しょしゅんのれいげつにして
きよくかぜやわらぎ
うめはきょうぜんのこをひらき
らんははいごのこうをかおらす」





More
by Taseirap | 2019-04-01 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

らっきょう

次男はらっきょうが嫌いで、テーブルにのせていると
「におう。」と怒ります。
子どもの頃から
「テーブルのはしっこのはしっこに置いて。」
と訴えておりました。

言葉の遅い子で心配しましたが、たまに『寸鉄 人を刺す』的トークをする
若干ヤバい奴になりました。
長男は言葉の多い子で、それはそれで気掛かりでしたが、
今は人の良いとっちゃん坊やです。
(親バカなので、リアルは違うかもしれません。)


さて、次男。
大人になって、唯一 食べられるらっきょうを
自分で見つけて来ました。

c0325278_10405414.jpg

c0325278_10412304.jpg
葵らっきょう始次郎(もとじろう)


臭いも少なく酸っぱさも控えめですが、
美味しいです。
「刻んでおむすびに混ぜても旨いんで。」
らっきょうの酢漬けではなく、炉端漬けなので
抵抗少なく食せるようです。
日光の方で製造されていて、おつけものも美味。



会社のホームページを見ながら、
『らっきょうを並べると可愛いわね~。』
小さいものが並ぶとすごく可愛いですよね。
生き物もです。
子どもとか 子犬とか 子猫とか… ( 〃▽〃)

あ、話が逸れました。
らっきょうのワイン漬けもあるみたいです。
いつか取り寄せてみたいです。


by Taseirap | 2019-03-26 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

桃です!

今日はひな祭りですね。

お友だち(のご主人さま)から、桃をいただきました。
まだ寒いのにね。
まー、岡山の桃。本場じゃね。


c0325278_17340394.jpg
ありがたや

c0325278_17351582.jpg
でも、なんか小さい…

c0325278_17362181.jpg
切りましょ


c0325278_17375623.jpg
おお!桃の香り。

小桃かな?
そんなんある?


c0325278_17391548.jpg
って、まんじゅうやん!


おいしい!

香りは桃。
白餡だけど、桃餡風。
(そんなんある?)
あー、完全に騙された。

小さい桃 可愛い。
全部食べられる けど、食べちゃダメよね。
2個だけにしましょう。
い・ま・は。

家族 早く帰って来ないかな~。





by Taseirap | 2019-03-03 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る