<   2017年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

『こぶしロマン』でランチ

息子と平日にランチ。
広島の八丁堀辺りは、たくさんランチするところがあります。
1000円以下で。

『お魚、お肉。パスタも良いな~。』
と、息子が
「自分では行けないところが良いです!」

(この子は、この手のお願いごとは、
元気に敬語で言います。)

仕方ない。
「お母さんも、ひとりで入りにくいところが良いです!」

悲しい似た者同士。


c0325278_13462395.jpg

お昼のランチは、6種類。
土鍋で炊いたご飯が美味しい。

c0325278_13485733.jpg

c0325278_13493939.jpg

c0325278_13495538.jpg

息子は悩みに悩みます。


c0325278_13534142.jpg

「何に、悩んでるん?」
「茶碗蒸し。」

あ、なるほど。茶碗蒸しが好きだから。
「『こぶし御膳』いかせてもらいます!」

ー (ノ_<。) やっぱりか!

c0325278_13521097.jpg

c0325278_13532149.jpg

c0325278_13543265.jpg

私は、刺身御膳。

c0325278_13554374.jpg


美味しい。
美味しいけれど、
『向かいの店なら700円で食べられた。』
雑念が…。

とはいえ、待ってる間、食べている間、
たくさん話ができた。
向かいなら、会社員さんで混んでいて
こんなにお話はできなかったね。

プライスレスな時間。

『働き出して、ずいぶん賢くなったなぁ。』
と、びっくりした。

はじめが無力な赤ちゃんだから、なんだか無限大に
成長しているように思える。

親ばか度も、無限大。

お仕事関係の人やお友だちに感謝です。
いつもありがとうございます。
これからも助けてやってください。



☆『こぶしロマン』
広島県広島市中区鉄砲町9-3
広電を『胡町』で降りて、
三越の反対側へ。徒歩2分。

TEL;082-511-1701
[月〜土、祝前日]
11:00〜14:00
18:00〜22:00
(日)(祝)はお休み



by Taseirap | 2017-10-10 07:30 | こどもたち | Comments(0)

三原にドライブ

「ランチ行きません?」
と、誘って頂いて
「行きましょうか。」
「『チャオ』に行きましょうよ。」

チャオ?
三原の家庭的なイタリアンレストランでした。
車で行くところですが、お客さまでいっぱい。

c0325278_11105575.jpg

サラダ、パン、コーヒー付きのランチが
1080円。
マルゲリータは、700円。
安い!

c0325278_10593917.jpg

c0325278_11000824.jpg

c0325278_11003737.jpg

帰りには、すなみ海浜公園に寄って、海を見る。

c0325278_11025509.jpg

「海が畳 みたい。船まで歩いて行けそうね。」
「行きますか?」
「5メートル歩いて、急に消えたりして。」
「わ。怖い~。」


「空が秋だね。」

c0325278_11112220.jpg

「船、よく通るね。」

c0325278_11045848.jpg
「歩いてたら、ひかれるね。」

あ、まだ心は歩いてたんだね。


ついでに、忠海のアオハタジャム工場で、
ジャムを買って。
海沿いをずっとドライブ。
(おばさん2人。)

秋の海もきれいだった。


by Taseirap | 2017-10-09 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

最近気をつけていること

個人的に最近気をつけていることは、
ブログに載せる写真。

縦横真っ直ぐにすること。
(水平と垂直)

建物等が、画面で斜めにならないように、
私の写真は、ほとんど携帯で撮っているので、
ラインのアプリで調整しています。

"ピザの斜塔が真っ直ぐに立つ"
そんなイメージです。
(正確には、真っ直ぐな建物を斜めに撮って、
またもとに戻す空しい作業。)

例えば、鞆の浦の露地を。

c0325278_16565633.jpg

電柱を基準に、真っ直ぐに。

c0325278_16583660.jpg


あれ?
あんまりかわらないか… ( ・◇・)?

実は、雑誌に『上手な写真の取り方』って
載ってたんですよ。
気のせいかも知れませんが、画面が少し端正になるようです。

でも、中にはどうやっても違和感が残るものもあり、
『建物自体が歪んでるんじゃない?
と、八つ当たりしてしまいます。

しかし、このテクニック。
もっと早く知りたかった!

メキシコ時代の写真を、全て直したいよ~ (T-T)



by Taseirap | 2017-10-06 07:30 | Comments(0)

『ウタマロ』に夢中

春には、液体漂白剤を使って
ワイシャツ汚れに対応していましたが、
間に合わない息子のシャツ。

夏からは、ウタマロ。

c0325278_10321356.jpg

めちゃめちゃきれいになります。
ありがたや。

c0325278_10324388.jpg

洗面台でつけ置き洗い。汗を抜きます。
主人のは色シャツだし、そんなに汚れないから、
洗濯機のつけおきコースで大丈夫。

息子は、袖まで汚して帰るくせに、
「入社1年目は、白で!」
と、白シャツしか着ません。

変なこだわり。

自分で洗っているであろう長男のシャツが心配です。




by Taseirap | 2017-10-05 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

すっかり秋めいて

朝晩が涼しくなりました。
秋ですね。

c0325278_17105349.jpg

この終末は、酒まつりです。
会場周辺では、準備が進んでいます。
例年、酒まつりが終わったら、
夏物を片付けるようにしています。

晴れたら、昼間はTシャツ1枚で歩ける
酒まつり。
でも、夜は急に冷え込む。
西条は、盆地なので。
羽織るものがあると安心。

c0325278_17142475.jpg

かめむしも新緑でお待ちしていますよ。
かめむしが多い年は、冬が寒いそうですね。


そうそう。
ハローズに、行ってみました。
ワインが安い!(気がする。)

c0325278_17162110.jpg

c0325278_17195551.jpg

少しだけ買うつもりが…。

c0325278_17203874.jpg

ぎゃあ!

ワインとカバと牛乳とチオビタと酢…。
水分系の重いものばかり。
持てるかしら?

ハローズの良いところは、1Fの駐車場に
全く段差がないこと。
だいたい、水路(?)のコンクリートの
ブロックのところで、
カートがガッタンとなりますよね。
あれがない。

滑らかーに進むと、うれしい。
ベビーカーや車イスも、ガタガタしないで
安心でしょう。

公共の場のバリアフリーは、大切だわ。

ところで、お肉等のトレイ。
あれは止めていただけないものか…。

東広島市は、10月からゴミが有料になって、
ゴミ袋が1枚10円➡40円。
トレイ込みで商品買って、トレイ捨てるのにゴミ袋買って。
ムダなお金と労力の連鎖。
トレイ無しなら、冷凍庫にも直接入れられる。

どなたか よろしくお願いします。





by Taseirap | 2017-10-04 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

思いがけず、佐世保に

さて、次はどこに行く?
私は島原が良いな~。
湧水庭園 四明荘に行ってみたい。

主人は、博多で遊んで帰りたい。
昼はラーメン食べたい。

えー。

等々、意見が違う。
でも、せっかく晴れたから、
九十九島と綺麗な海がみたい。

ということで、大村湾を回って、佐世保方面に。
ハウステンボスは、初めから候補にも上がらない。

(おしゃれとサヨナラな残念な夫婦。)


c0325278_21443569.jpg

c0325278_21451878.jpg

なんか、最後だけ晴れたね。
湾の色がきれいで、穏やかで いい感じ。

佐世保に着いた。
佐世保は、呉と似ている。
ドックに船に米軍駐留地。

展望台に行かなくても、たくさん海が見えた。
「もう、ラーメン食べて帰ろうか?」
佐世保の商店街近くの『ラーメン独歩』へ。
濃厚醤油とんこつ。

ラーメンとネギ飯。

c0325278_21495205.jpg

c0325278_21502429.jpg

ネギラーメン。
c0325278_21532064.jpg

お店からの提案は、
にんにく、豆板醤、胡椒を足してみる。

c0325278_21534178.jpg

これだな。

c0325278_21554867.jpg

うーん。
入れなくても 美味しいよ。

九州とひとくちに言っても、表情は多彩。
2度目の長崎は、暮らしの中から歴史が見える気がした。

実は、私には秘めたるマニアックな
九州旅プランがあるんだけど、
実現できる日は来るのだろうか?

B級どころか、Cか、D級の旅。
いつかご紹介できたら!

Anyway,
九州の一部を 細かく長々と綴ってしまいました。

お付き合い下さったかた、
(は 貴重な少数だと思いますが)
どうもありがとうございました。


海外でお過ごしの方の故郷が、
少しでも重なっていたらうれしいです。
日本語も恋しくなりますよね。

今はネットがあるから、便利ですよね。




by Taseirap | 2017-10-03 07:30 | 長崎県 | Comments(0)

『ブレッド・A(アー)・エスプレッソ』

朝ごはんをどこで食べようかな。
主人は「中華粥が食べたい。」

もう、まったく。
神戸でもそんなこと言ってた。

基本、中華街の朝は遅いのよ。
早朝に中華粥やってる店なんて、ないの。

「あったぞ。」
「どこに?」
「北京。」

ここで「○ねや!」と言わないことが、大切。

さて、近くにチェーン店のカフェもありますが、
えらく評判の良いパン屋さん
『ブレッド・A ・エスプレッソ』。

長崎駅の方ですね。
行ってみましょう。

c0325278_18355556.jpg

c0325278_18362088.jpg

c0325278_18364515.jpg
ラ・マルゾッコのマシン



コーヒーをテイクアウトして、
長崎水辺の森公園へ。
中国のクルーズ船が泊まっている。

c0325278_18370978.jpg


c0325278_18382589.jpg

c0325278_18373955.jpg

素敵な公園。
ワンちゃんがいっぱいお散歩してる。

ブレッド、激ウマ!
人気に納得。



☆『ブレッド・A(アー) ・エスプレッソ』
長崎市五島町6-3
095(823)6078
6:30-16:00
お休みは、(火)(水)(木)

https://m.facebook.com/bread-A-espresso-213331375377931/




More
by Taseirap | 2017-10-02 07:30 | 長崎県 | Comments(0)

長崎『吉宗(よっそう)』

ある友人が、
「私は、子どもの頃から茶碗蒸しが大好きで、
いつも『どんぶり鉢いっぱい食べたいなあ。』
って、思っていたの。
だって、大抵ちょっとしかないじゃない?
大人になって、結婚して、
『よし!やったろ!』
で、作ったのよ!
お昼に。
どんぶり鉢いっぱい。
私の作るものだから、味は美味しいのよ。
でもね。
食べても食べても、茶碗蒸し。
きりがないのよ。
あれは、あのサイズがちょうど良かったのね。
もうちょっと食べたいなあ、くらいが。」

「なるほど。」
「でね。プリンも好きなのよー。」
「はっ。まさか!」
「作ったのよ。どんぶり鉢いっぱいのプリン。」
「ああ。」
「味は最高よ!でもね。
食べても食べても、プリンよ。
途中からゼリーにはなってくれない。」
「…でしょうね。」
「なったらびっくりよね。あはは。」

前置きが長くなってしまいました。
『吉宗(よっそう)』に行きました。

お店のホームページには、
慶応二年(1866年)、長崎市万屋町(現在は浜町)で、
吉田宗吉信武が【吉宗】を屋号として、
茶碗むし、蒸寿し専門の店として
開業したのが始まりです。

食文化豊な長崎で育まれた当店の
茶碗むし・蒸寿しは、
吟味された材料と独特の手法で調整し、
その素朴な味は、永年皆様にしたしまれております。

浜町の吉宗本店は、
昭和二年(1927年)に建設され、
平成二十四年(2012年)に父、徹の代において、
代々の念願であった改修工事を叶えることができ、
吉宗独特の趣はそのままに、
長崎町家の伝統的意匠である中庭を再現、
おかげ様で「長崎都市景観賞・激励賞」を
いただくことができました。

とあります。

よしそうきち だから、よしそう→よっそう。
(で、良いのかな?)
将軍よしむね ではないのね。

c0325278_12551307.jpg

古い建築のようですが、清潔できれいです。

c0325278_12554906.jpg

玄関で靴を脱ぐスタイルで、下足番の方が、
2階に順次通して下さいます。

c0325278_12560801.jpg

同じ番号の木札を、カーンと鳴らして
2階に合図。
緋もうせんのひかれた階段をのぼります。

c0325278_13001630.jpg

お茶をいただいて。
あら、さっぱりした器。

c0325278_13005075.jpg

やって来ました。

c0325278_13014263.jpg

区別がつくようにしてある。

c0325278_13021410.jpg

オープン!

c0325278_13030326.jpg
左の蒸し寿司は
酢飯にゴボウの笹がき、はんぺんを刻み入れ
穴子蒲焼きのそぼろに
たらのおぼろと錦糸卵



よろしいのではないでしょうか!
蒸し寿司とペアになって、夫婦蒸し。
1350円。

これにしっぽく料理をつけて、
ミニ卓袱セット(3456円)もあります。

広島のデパートの催し物で、よっそうの
冷凍茶碗蒸しの元を買ったことがあります。
おいしかったです。

こちらでいただくと、雰囲気もあって、
益々美味しく感じます。

食べていると、上の友人の話と、感化されて、
パンナコッタが好きな息子たちに、
ボウルいっぱいのパンナコッタを作った日の自分を
思い出しました。







by Taseirap | 2017-10-01 07:30 | 長崎県 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る