<   2018年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

すごい風

うわー。
すごい風。

台風の進路からずれているはずの我が家。
でも、朝からずっと 風の音がなりやまない。
北の窓には雨が吹き付けている。
ベランダが水浸し。

皆さまのお住まいは いかがですか?
大事ないように、お祈りします。

明日はよいお天気だそうですが、
暴風雨のなかにいると、
簡単には信じられません。
(人生みたい。)

なにもできないときは、耐えるのみ
ということでしょうか。

(耐える、というか寝てました~!
50歳過ぎたら、長時間睡眠はできませんが、
細切れなら、際限なく寝られます。)



by Taseirap | 2018-09-30 17:51 | 日本からの便り | Comments(0)

『スノー クリスタル 北海道』プリン

息子のお土産です。

c0325278_19432977.jpg
三種類

遅い夏休みをいただいたので、
「旅に出てくる。」
何日か居なくて、フラッと帰って来ました。
(どら猫。)
「あら、北海道行ったの?」
「いや、これは広島で買った。」
なーんだ。




「北海道フェアは、地震の影響で
届いていない品物があるんだって。」
「自然災害は、ほんま難儀なよね。」
この夏はどこも大変でした。

c0325278_19452692.jpg
食べて応援します!
牛乳プリン


c0325278_19480712.jpg
うずらたまごも美味しい





北海道はいつか行きたいところ。
食べて、買って、旅して 応援しますからね。

今週末は、西条は『酒まつり』。
JRも30日に完全復活したから、皆さまも
どうぞいらしてくださいませ。




by Taseirap | 2018-09-30 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

『英語 DE 茶の湯』

暇ひまに、読んでいます。
保科眞智子さん著『英語DE 茶の湯』。

c0325278_14075977.jpg

保科さんは、旧大名保科家の生まれで、
裏千家茶道をされているそうです。

茶道(ちゃどう)に興味のある外国のひとに
それを説明することは、
語学力+知識というダブルハンディがあり、
非常に難儀です。
参考にさせて頂こうと思います。

印象に残ったことは、外国人は一般的に
"Japanese tea ceremony"と、『茶の湯』のことを言いますが、
"The way of tea"と言うようにしていること。
茶の湯は宗教的な儀式(ceremony)ではなく、
人の道である事を示すそうです。

濃茶は thick tea
薄茶は thin tea
釜は kettle
茶碗は tea bowl
柄杓は bamboo Iadle
水差しは fresh water container

ほー。

きっと むちゃくちゃ高価でしょうが、英語で聞くと
そうとは思えない不思議。
バンブー・レードルなんて100均にありそう…。
国際化するお茶の世界は、脱権威の精神主義なのかな?
だったら、外国人枠で習いたいなー。
(ムリよね。でも、和のいけずはひたすら苦手なのです。)

茶道の精神『和敬静寂』『一期一会』の説明は、
相当難しいぞ。
日本語でもムリだぞ。

Harmony,Respect,Purity and Tranquility
a once-in-a-lifetime

そうなんですか。

『一座建立』は、
to build a seated-as-one experience
亭主も客も心をひとつに。

「なぜ?なんのために?」
と、外国人に聞かれたら、自分なら
「虚構の平和世界を作り、茶室を無限の宇宙と
するのです。」
なんて、インチキ宗教のような説明をしてしまうかも?
御本をちゃんと読まなくちゃ!




More
by Taseirap | 2018-09-29 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

この花は?

この花は?


c0325278_10535044.jpg

c0325278_10542157.jpg


答えは、あずき。
想像と違いました。

友人は白い花を想い、私は赤い花かと…。
意外と葉が大きい。

c0325278_10545804.jpg



太陽をいっぱい集めて、凝縮して実になる。
可憐な赤の小豆が待ち遠しい。

って、よそん家の畑でした~( ´∀`)



by Taseirap | 2018-09-28 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

Kusmi Teaを淹れましょう

クスミティーの白い缶(ホワイト アナスタシア)を
開けました。

c0325278_07583787.jpg
微妙な緑!

c0325278_07591242.jpg
ingredients:White tea,green tea,
essential oils of bergamot and lemon,
natural flavourings


c0325278_08050586.jpg
急須で淹れちゃいました



ほーほー。
こんな感じね。

ゴクリ。

森のなかで、魔女のおばあさんから
煎じ薬入りのお茶を飲まされているような…。
喉がスッキリするような、痛いような。
アナスタシアは、この味がお好みだったのかな?

ホワイトティは、白茶。
『WHITE ANASTASIAは、オレンジの花とベルガモットが
香るホワイト ティー。
クスミティーは、そのヴァリューと
豊かな歴史に真摯に向き合い、
アイコニックなフレーバード ティー
「アナスタシア」の誕生から100年を記念して、
新たに「ホワイト アナスタシア」を創り出しました。
春先の茶葉の新芽の白い産毛が取れないうちに採取する
希少なホワイトティーをベースにオレンジの花と
ベルガモット、レモンの繊細なコンビネーションが
バランス良く香るフレーバード ティー。
この類まれなるレシピに多くのティーラヴァーが
こころを奪われることでしょう。』
(HP による)



flavouringは 香料。
天然香料も入っているのね。
さぞかし美人になれるのでありましょう。

慣れるまでが、ちょっと。



More アイコニック
by Taseirap | 2018-09-27 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

パリのお土産

全く期待しなかったのに、お土産がありました。

c0325278_21233892.jpg
あら、今回はまとも

c0325278_21241929.jpg
カスミティとはうれしい!


ご一緒した若い人に教えていただいたそうです。
ありがとうございます。

元はロシア皇帝のお茶が、フランスの紅茶になったカスミ。
パッケージもキュートです。
わーい、わーい!

c0325278_21270291.jpg
チーズも教わったそうです



『エルベ・シャプリエ』は、
「買えたら買うかな~。」
とは言っていましたが、
コンコルド広場の近くの店に行けたみたい。

旅行前でしたが、
「お前のビニールカバンは、たくさん入るし、軽くて良いのー。」
「雨に濡れたんじゃね。水泡みたいになってるよ。」
「そうか。」
「それは『エルベ・シャプリエ』いうんよ。」
「名前があるんか?ゆめタウンで買(こ)うたんか思うとった。」
「2万円よ。(実は覚えていない…。)」
「ひぇ。」
まずいと思ったのか、今回買ってきてました。

でも、自分用みたい。
なーんだ。


More パリの地図
by Taseirap | 2018-09-26 07:30 | フランス | Comments(2)

エールフランスのおまけ(?)

主人が出張から戻りました。

エールフランスに乗ったそうです。
うらやましいです。
おまけ(アメニティ)も、フランスぽい。

c0325278_16104986.jpg
お洒落だわ

c0325278_16112467.jpg
中身はこれ


アイマスク、ボールペン、ティッシュペーパー、
クラランスのリップバーム(リップクリーム)、
クラランスのクールジェル(お肌のクリーム)、
眼鏡拭き、歯ブラシ、コルゲートの歯みがき粉、
耳栓、そして スリッパ。

白色の四角は、
『リンス フリーハンド クレンジング ジェル』。
パキッと割ったら、液体の薬剤が出る。

航空会社のアメニティは、私はすごく楽しみ。
もう大好き。
そりゃ、たいしたことないといえばそうだけど、
ホテルに歯ブラシすら無かったりするから、
うれしい心遣いです。
(エコノミークラスではもらえないし…。)

なのに、主人は全く興味がないみたい。
もったいない!
スリッパしか使わない人。

ま、捨てなかっただけで良しとするか…。
エールフランスは、クラランスなんだね。

はー、乗りたかったなぁ。







by Taseirap | 2018-09-25 07:30 | 乗り物 | Comments(0)

のんびりスペイン語

もはや趣味です。

c0325278_10383287.jpg

旅するスペイン語


いつの日にか、
スペイン(のバスク地方)に行きたいから、お勉強。

さらば!
La lavadora no funciona. 系。
(洗濯機が動きません。)

こんにちは!
プエデ れコメンダールメ アルグン 
れスタウランテ ブエノ イ セルカ
ノ?
(近くの良いレストランを紹介し
てもらえますか?)

焦らず 優雅に続けたいの~ ( ´∀`)

(おいおい、綴りは捨てたのか?)





by Taseirap | 2018-09-24 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

鳥取砂丘 『すなチョコ』

鳥取砂丘に旅行された方から、お土産を
ちょうだいしました。
ありがとうございました。

美味しい梨と、… なんだろう、これ?
石鹸かな?

c0325278_12525196.jpg
すなチョコ


砂まみれ?ククク(^^)
きな粉でしたー。ゴマもついてる。
甘いです。
チョコレート部分は、ザクザクとした触感。
まるで砂です、砂。

こどもの頃、水溜まりが干上がると
底にドロッとしたのが残りまして、
我々はあれを『チョコレート』と呼んでいました。
壊れないように持ち上げるのは、技術がいりました。
裏返すと、砂の粒がいっぱい付いていた。

ほんとにチョコレートになったのね。
すごい!




by Taseirap | 2018-09-23 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

草刈りとか

いい歳をして知らないことばかり。

団地に住む友人が、夏に自治会の草刈りが
あったそうで、ご主人様が出られたらしい。
ため池の回りを半分刈って、終わり。
残りの半分は、隣の自治会。
朝からお昼前までで、お弁当貰って帰ったそうだ。

若い時はなんともなかったけれど、
いまは相当疲れるらしい。
昼からは睡眠。

草の根が土を止めるので、根こそぎにしては
いけないらしい。
川の土手も、除草剤を使った堤の箇所がきれて、
決壊するそう…。
(今はヌートリアという敵も潜み、土手に穴をあけ
友人母の畑を荒らす。)

草刈りは、地域を守る作業だったみたい。
私は何も知らなかった。

近くの小学校は高台にあり、児童の通学路の
のり面は草。
やっぱり、夏が終わる頃、草刈りをされる。
業者さんがされていたから、公的な土地なのでしょう。
草刈りは、防災の技だったのですね。

他にも、砂防ダムについて。
あれは土砂がたまったら、適宜流すか 汲み出すか
するものだと思っていました。
作りっぱなしだそうですね。

いっぱいになったら… どうするのかしら?
また作るのかな?
昭和の頃に一気に全国に造って、
そろそろどこもリミットが近くなっているかも。
気をつけなくっちゃ!

それから、小銭の必要性。
『停電になったら、カード決済ができない』
までは、理解していたけれど、
『お店が万札を拒否する』
は、知らなかった。
お釣りが準備できないので、大きいお金では
商品を買えなくなるそうです。
小銭の備蓄が必要ですって。

私は、小銭が嫌いで、極力払いきっていました。
防災の逆に逆に進んでいたみたい。
『アリときりぎりす』の童話を思い出しました。

『車を置いて逃げるときは、鍵はかけずに。
車検証は持って逃げる。』
(盗難、転売ができないように)など、
今さらですが、防災・防犯ミニ知識を
読んだりしております。



by Taseirap | 2018-09-22 07:30 | 日本からの便り | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る