タグ:『Olio Fino』 ( 2 ) タグの人気記事

『Olio Fino』は、はずせない

サンミゲルに行ったら、〆はやっぱり『Olio Fino』。

c0325278_22070795.jpg
凄い美人の看板娘がお出迎え


家に帰る道筋でもあります。
ただ、このあたり駐車場がやや難。

バスの通る路駐禁止地帯でもありますので、
どこかにparkingしないといけません。

店内では、バルサミコ酢やオリーブオイルの
試飲をさせていただきました。

購入したオリーブオイルやお酢が無くなったら、
空瓶を持参すれば10ペソ値引きが
あるそうです。

希望の物を選べば、その場で瓶に詰めて
バーナーでアルミのシール封をしてくれます。
たくさん種類があるから、とても迷います。

わたしは今回の目的は、
「良いのがありましたよ。」
と教えていただいた…

こちら!

c0325278_22104103.jpg
なんでしょう?


c0325278_22141053.jpg
香水みたい?


実はこれ、バルサミコ酢と
オリーブオイルのセットです。

すべて味が違います。

サラダドレッシングを作るのなら、
隣り合っているもの2つを
組み合わせるのが、
ベストマッチングだそうです。

順に左から
Durazno& Hierbas de Provence
(桃の風味のバルサミコ&
プロバンスのハーブの風味のオリーブオイル)

Arandano y Pera & Limon Persa
(ブルーベリーと洋梨風味のバルサミコ
&ペルシアのレモン風味のオリーブオイル)

Jarabe de maple & Chipotle
(メープルシロップ風味のバルサミコ
&燻製にした非常に辛い唐辛子)

どうです、この組み合わせ?

最後のチポトレが
一番興味が湧きますね(笑)

発泡スチロールのクッションがあるので、
飛行機でも大丈夫。

お土産にしやすいかもしれません。

ただ、お値段がなかなかよろしくて・・・。

発泡スチロール入りひと箱(6本)は、
320ペソ。
(1本あたり、430円くらい)

重さも結構ありますので、
たくさんは買えそうにありません。

ご自宅用にいかがでしょう。

発泡スチロールケースではなく、
編んだ小さいかご入りなら、
同じく6本入りで、
300ペソ(2400円)です。



無事にオイルも買えたら、一路家に帰りましょう。

サンミゲルは、いつも時間が足りない!
(女性)




☆ 『Olio Fino』
Zacateros 83-A,Col.Centro/415.152.3946


*51号線でサンミゲルのセントロに向かうと、
街の入口はメガ・コメルシアルのある
”カメ仙人”(ピピラ?)のグロリエッタ。

そこを直進して、坂道を上れば
サンミゲルのセントロに着きます。

カメ仙人のこの辺りは、対向車線のある道路。

"いよいよ街中に入るぞ"という
坂の上り口まで来たら、
道路が 登りと下りで一方通行に別れます。
(Vの字のイメージ)

オイル屋さんは、その分岐点(V)のすぐそば。
ですが、残念。
下りの方の一方通行。

向かって左側の坂道
(=セントロ方面から下りてくる道路)
の沿いにあります。
 
坂の下から見ると、\ こっち側 。)
 
なので、坂を少し上って、途中でUターンするか、
どこかに停めて、
歩いて店まで行かれるが良いと思います。












by Taseirap | 2015-03-14 07:30 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

サンミゲル オイルの店 『Olio Fino』

坂を下りて、やっと『Olio Fino』に着きました。
こちらは、店内でオイルの試飲ができるお店です。
スタッフさんが流ちょうな英語で説明。

c0325278_02514880.jpg

たくさんの種類のオイル



「これがよくあるオリーブオイルです。」
と、我が家でいつも使っているものを
出してこられ、試飲。
「お、いつものうちの味だな。(日本語)」
と、主人。
お店の人「古い油の香りと味がしますね。」

『え~???』

続いて、試飲したエクストラ・バージン・オイル。
まったくオイル臭さがありません。
なにか草のような香り。
「おぉー。」

ほかにも、フレバー付きのオリーブオイル。
ガーリック、マッシュルーム、パセリ、などなど。
ごま油まで。
サラダ用にオレンジやリンゴと半々くらいで
混ざり合ったものもあります。

イラプアトのステーキのおいしいレストラン
『アルゼンチーノ』にも卸しているそうです。
『アルゼンチーノ』のパセリと塩の入ったオリーブオイル、
おいしかったんですよね。

そうか、ここのオイルだったのか。
購入。

説明してくださった方はママさんで、
店内に8カ月の赤ちゃんとパパがいます。
赤ちゃんはとても愛らしい。
金色の髪にパッチンと留めるピンクのリボンつけて、
ピアスして、足をピンピン動かして。

そして、顔がとても小さい。

このころからかなり違うのね、と納得。

でも、赤ちゃんはどこの国もみーんな可愛いよね。
あーあ、欲しくなってきた。
どこかに落ちてないかな~?
(って、それじゃ誘拐。)



by Taseirap | 2014-02-21 01:44 | サンミゲル・デ・アジェンデ | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る