タグ:お茶 ( 5 ) タグの人気記事

気がつけば、(不)健康ブログに?

ご訪問ありがとうございます。
ブログを始めて、5年7ヶ月くらいでしょうか?
早いです。

最近、読まれる記事のベストテンに、なぜか
『健康』ジャンルが入っています。
でも、数個/1792個です。
あまり綴っておりません。
アレルギー、メニエール、ホットフラッシュを
ちらっくらいで。
あ、マンモグラフィも ちょぴっと。

バラバラな時期に載せたそれらを
ピンポイントでお読み頂いているのが、
大変不思議です。
どうもよく解りません。

はっ!
タグの『健康』で拾って、読んで頂いているのでしょうか?
それなら納得。
見つけやすいですね。

もしも健康ニーズがあるのなら、努力するべきか?
でも、どうやって?
(どちらかというと、不健康ニーズのような気がする。)
ホットフラッシュも、本格的に来たような気がするものの、
本格的に来たのは『夏』かもしれません。
その辺りの素人判断の難しさ。

でも、少しでも分かったことがあれば、載せてみたいと思います。
でも、それがいつになるかは 分かりません。

ところで、ご飯食べた後とか、ずっと立っているときに
頭の後ろ辺りが部分的に熱くなるのが『のぼせ』ですか?
ホットフラッシュの症状ですかね?



c0325278_12161528.jpg
水出し緑茶


ペットボトルの水に、新茶を入れました。
茶葉をバラバラで入れたのと、パックに入れたのと。
どちらが美味しいか 実験。
このままそーっと 冷蔵庫に入れますよ。

結果。
濃いめ、薄めの違いがありますが、ともに甘露。
紅茶で水出ししても goodですよ。



by Taseirap | 2019-07-30 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

台湾のお茶

大好きなお茶の話です。

ツアコンさんが言われたことですが
「よくお客様から
『前に台湾で買ったお茶、貰ったお茶が美味しかったから、
同じものを買いたい。』と言われます。
ありません。
パッケージも変わる。
味も毎年変わります。
飲んでみて、決めてください。」

「『一等茶がほしい。だから、赤い袋ね。』
これも違います。
お店毎に一等茶を入れる袋の色は 違います。
赤、黄色、緑。
お湯を注いで均等に広がる。それがベスト。」

「ティパックがお土産に人気です。
確かに便利ですね。
でも、1杯だけ。
凍頂烏龍茶は、3回注げます。
黒い烏龍茶は安いお茶。
良いお茶は、6回飲めます。」

c0325278_14124421.jpg


「阿里山茶は、1200M以上の山で栽培され、
手作業で作ります。
摘んでから24時間以内に製品にします。
だから高級品。
緑茶に近いけれど、香りは花のようなフルーツのような
なんとも言えない半発酵茶です。
阿里山産が20%入れば、阿里山茶を名乗れます。
%の違いは、すぐにわかります。
値段。」
ちなみに、阿里山というのは 18もの高い山のある地域だそうです。

「1000M以上の高地で栽培された烏龍茶が、高山茶。」

「プーアル茶は、コレステロールを下げます。
烏龍茶は口直しと体内の掃除。
阿里山茶は、お客さまへ。
これらをミックスして淹れたら、爽健美茶。」

「最高級品は、10年物、15年物のプーアル茶。
何万円もしますが、効きます。
袁世凱第一夫人は、毎朝飲んでいました。
大事なことは、飲む時間。
毎日一緒にする事。
体内をリセットして、毒を出します。」


お茶好き、書道好き、食いしん坊には
台湾は楽園かもです。
コーヒーも美味しいです。



by Taseirap | 2019-05-14 07:30 | 台湾ロマンチック街道2019 | Comments(0)

『お茶の平野園』(西条)

西条の酒蔵通りに、『お茶の平野園』。

c0325278_21050412.jpg

以前は、西条プラザに入っていましたね。
茶筒がほしくて、寄ってみました。

c0325278_21062159.jpg

c0325278_21065201.jpg

c0325278_21071266.jpg

目移りしている間に、一服淹れてくださいました。

c0325278_21082974.jpg

今日は、八女茶の煎茶。
甘い。
甘露 甘露。

永年の憧れ『開化堂』の茶筒もありました。
使う年月が、美に変わる茶筒。
クー、素敵。

でも、また今度にします。
楽しみは、細く長く。

今日は、これだけ。
100グラム入る茶筒を、2個。

c0325278_21102523.jpg


☆『お茶の平野園』東広島支店
東広島市西条本町9-19
11:00-18:00
不定休



by Taseirap | 2017-03-22 07:30 | Higashi hiroshima | Comments(0)

Tea trico (ティ トリコ)

素敵な手土産をいただきました。
紅茶は大好きですが、これは初めてです。

c0325278_12204017.jpg

静岡県牧の原市に自社工場があるそうです。
牧の原台地は、昔からお茶の製造で有名ですね。

このお茶の特徴は、茶葉も一緒に食べられること。
では早速。

c0325278_12341193.jpg

No.311 ティート ヨーグルトミックス


ハイビスカスティみたいです。
メキシコで飲んだハマイカティにも似ている。

具(?)は、フルーツシリアルのフルーツ部分みたい。

全く抵抗ありません。
美味しいです!
ありがとうございました。

あー、誰か来ないかな~(笑)
一緒に飲むのに。



ちょうど、西条のパティシエール、
菓子工房 Mike(みけ) の『Mike小判』がありました。

ご一緒に。

c0325278_12410548.jpg
抹茶味とチョコレート



この小判は、マカロンでもなく、ケーキでもなく、
クッキーからは少し遠い。
柔らかいのにサクッとしています。

「西条の人のお土産は、『さくらや』か『ノエル』ばっかりね。」
の風評を変えるべく
あれこれ試しております。



☆ ティトリコ
(株)リンクサプライ
www.teatrico.jp

☆ 菓子工房 Mike(みけ)
東広島市西条町御園宇6035
コンチェルト御園宇 1F
TEL:082 490 4466





by Taseirap | 2016-04-21 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

一日台北市内観光tour

さて、台湾2日目。
今日は一日市内観光ツアーの日です。

途中、お茶屋さんと民芸品店、
足つぼマッサージと
また別の民芸品店が入ります。
これが入るから、キックバックかなにかで
安く旅行代が設定できるのね。

なるほど、なるほど。
国内旅行でも、宝石店に寄るのとかありますね。

さて、コースとしては
① ホテルスタート(7:25)
一番にお迎えされるホテル(-_-;) 
時間厳守。

② 行天宮(ぎょうてんきゅう)
三国志の関羽を祀る商業の神様。

c0325278_20110487.jpg
記念撮影ポイント

c0325278_20124439.jpg
関羽 顔が真っ赤

c0325278_20140646.jpg
外の公衆電話も同じ色で



③ 休憩のため、お茶屋さんに。
茶芸店『大山茶芸』
買った商品はホテルまで届けてくれる細やかさ(?)。


c0325278_20175783.jpg
おいしく試飲
(だけで終われず、買いまくる)


④ 総統府(そうとうふ)
台湾のホワイトハウスは、車窓から見学
赤いレンガ造りの建物は、東京駅とそっくり。
明治の時代に同じ建築家の設計だそう。
1919年完成。

⑤ 中正記念堂(ちゅうせいきねんどう)
中国国民党政府の蒋介石総統を記念し、
1980年に建てられたもの。
毎正時の蒋介石の像の前での
衛兵の交代式が人気。

c0325278_20284772.jpg
3人で行進。ゆっくり。(1階)

c0325278_20311940.jpg
途中はエレベーターを使用し、3階で交替式


⑥ 民芸品店 『ポンパイ』(台北市新生北路二段28巷1号B1)
からすみ、ふかひれ、パイナップルケーキ、
北投石のネックレスなど。
同じく、購入品はホテルまで届けてくれます。

⑦ お昼ご飯 台湾料理『梅子』
期待していなかったのに、意外や。
おいしくてびっくり。
ツアーでも、ご飯はちゃんとしているのね。
失礼しました。

⑧ 忠烈祠(ちゅうれつし)
抗日戦争や共産党との内戦で戦死した
33万人の中華民国兵を祀る。
1969年創建。
毎正時の正門の衛兵交代式が人気。

c0325278_20510887.jpg
正門からスタートして、向こうの建物まで


c0325278_20522737.jpg
5人で行進 気温34℃ 蒸します


c0325278_20534684.jpg

2名交替して


c0325278_08571217.jpg

また帰ります


身長178㎝以上、体重70キロ以下。
容姿端麗でないとなれません。

⑨ 国立故宮博物館
言わずと知れた博物館。
そう混んでいない日でも、”白菜”(ヒスイ製)は
20分~30分待ち。
白菜は、3つあるらしい。
海外で展示していても、台湾でも見られる理由。
ご希望の白菜より、少し小さいかもしれないけど。

私たちは、出口からふと見たら”白菜”が見えたので、
「あ、もう見たね。よし。」
と、青銅文字を見に行ったりしました。
 
”書”も、とても見ごたえがありました。
白菜より、書です。
教科書に載っていた文字が、ほらそこに!
また、古代中国の優れた工芸品は、
日本人好みの職人技、匠の心とシンクロして、
見ごたえがあります。

⑩ 足つぼマッサージ (滋和堂)
肩のマッサージ付きで900元(3600円)。
お願いする。
漢方薬を薦められる。6000元(24000円)。
断る。

⑪ 民芸品店『金龍』解散 16時すぎ

これで、一日市内観光は終了。
濃い、濃い、暑いツアーでした。
台北はどうやら駐車スペースがないみたい。
観光バスは、客を降ろしたらどこかへ行って、
お迎えの時間に正確にサーッと寄ってきて
ピックアップ。 

少しずつ事情が分かってきて、みなさん5分前には
集合場所に揃う感じ。
日本人の正確さが出ていました。
私の友人は時計を忘れてきて、ない。
私の時計は秒まで正確な電波時計。
なれど、刻む時間は日本時間。
ふたりで焦りながら、いつも1時間引いて
ちょっと考えて、時間を確認していました。
(1ぐらいすぐに引けるだろう、とは思うのですが・・・。)

さてと、おつかれさま。
ホテルに帰りますか。

ではなく、夜のツアー『ナイト十分』がスタート。
ランタン飛ばしに行きますよ。
お母さん達 がんばります (^-^ゞ


by Taseirap | 2015-07-21 07:30 | 台湾旅行 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る