タグ:お酒 ( 75 ) タグの人気記事

どぶ 見参

窓辺に置いたシクラメンから
どんどん花芽が上がって。
780円のが1280円くらいに見えますよ。
それにしても、毎日相当量の水を吸い上げています。
こんなにお水が必要なのね。
水やりが忙しいです。

さて、初 どぶ。

どぶ 見参_c0325278_20131621.jpg

純米酒。
噴出系です。
かつて 獺祭で痛い目にあったなぁ。
今回は がんばるぞ!
受け皿にのせて、タオルも膝に置く。

どぶ 見参_c0325278_22363621.jpg

瓶の上半分 泡


少しキャップをゆるめると、シュー。
ガスが抜けて、液面上昇。
すぐ キャップをしめる。
これをひたすら繰り返す。

どぶ 見参_c0325278_20170805.jpg

成功。
10分かかりました。
写真を撮っていた携帯電話が
ちょっと濡れました。
日本酒のシャンパンみたいです。

庄原市の花酔酒造です。


by Taseirap | 2020-01-22 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

今年もお疲れさま

大晦日です。
早いですね~。
1年間のご訪問ありがとうございました。

年末にコトコトと煮炊きをしております。
実は、今年は一切するつもりはなかったのです。
だって、『ハイアット・リージェンシー東京』のお節を
お取り寄せしましたもの。
冷凍で3段届きました。
完成したお節を使うのは、初めてです。

今年もお疲れさま_c0325278_00102076.jpg
へー
こんな感じなんだ


冷たい。
ま、良いのよ 良いの。

壱の重は 和食。
弐の重は 洋食。
参の重は 中華。
食事の24時間前に、冷凍庫➡冷蔵庫。
そして 1時間ほど室温に、だそうです。

我が家では、壱の重をいただいて。
参の重は、横着で帰省しない息子に差し入れ。
弐の重は、2日のお年始に持っていこう。
例年ワインと日本酒の会になるので、
洋食が良いでしょう。
料理上手な義母の超美味しい手作りお節もありますよ。

すると、ご近所様から岩国れんこんを
頂いてしまいました。
岩国れんこんは、普通のよりも
穴がひとつ多い高級品。
『先を見通せる』縁起物。

せっかくだから お煮しめを作りましょう。
例年なら 筑前煮ですが、今年は
大人の煮しめにしました。
蓮根と牛蒡と手綱こんにゃくです。
地味旨です。
元旦は、お赤飯と白味噌仕立てのお雑煮。
あとは お節とお造りとお酒で。
夫婦ふたりなので、あっさり。

新年は、できるだけ美食に走らず、
健康的に暮らしたいです。
目標は『慎む』です。


今年もお疲れさま_c0325278_18370949.jpg


と 言いながら 日が落ちたらすぐ始める。
酢レンコンと干し椎茸の甘煮がつまみ。
干し椎茸は、友人の友人の手作り。
自家製だそうです。
純米酒 瑞冠は、三次の酒です。


by Taseirap | 2019-12-31 07:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

奥出雲酒造の道の駅

こちらが、『奥出雲酒造』の道の駅。

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08245229.jpg

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08251287.jpg
杉だまをくぐる


試飲できます。

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08253734.jpg

酒米を使った日本酒。
仁多米を使った日本酒。
水は同じ。
醸造用アルコールは使っていません。

全部、味が違います。

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08260423.jpg

悩んで決めたのは、
『仁多米コシヒカリ純米大吟醸』とこちら。
一切 火を入れていない日本酒。
『500万石 ふなくち 裏奥出雲の一滴』

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08263278.jpg

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08264908.jpg

奥出雲酒造の道の駅_c0325278_08271244.jpg

生(なま)です。
お酒は、お米を蒸して、麹菌を付けて
室に置きます。
そして、蒸し米、麹、水が合わさり発酵し
醪(もろみ)となります。
醪を袋に入れて濾します。
その際に使われるのが、
槽(ふね)と呼ばれる道具。
醪(もろみ)を圧縮して、濾過。
清酒と酒粕に分けます。
下の受ける槽の先は、尖っているので、
そこをふなくち(槽口)と言います。
初めに出てくる酒を『荒走り』と呼ぶなど
日本酒の世界は、面白い日本語が溢れています。

日本酒は分量を入れて、一気に作るのではなく
少しずつ入れて調整しながら作るそうで、
その都度 味わいが変化します。

生酒として販売する日本酒は増えましたが、
大体は製造過程で1度は火入れをしています。
火を入れないと、発酵が進むので。
でも、こちらは 全くしていないそうです。
いわゆる ふなくち無濾過生原酒。
だから、ずっと冷蔵庫に保管する事。

さあ、急いで飲もうっと。

含むと米の甘さが感じられますが、
ゴクっと飲むと キリっ。
水のような美味しさの日本酒。
驚く。
スピード感のある 初めての味です。

『一滴』も非常に旨いお酒ですが、
ラベルが裏の『裏一滴』は…。
別世界です。
日本酒のピュアな世界。

一升瓶で¥3000いくらだったので、
もっと買えば良かった。
こちらで販売していた『胡瓜の青唐辛子漬』も
めちゃくちゃ お酒に合います。


奥出雲酒造の道の駅_c0325278_11494751.jpg
お酒にあうものは 炊きたてご飯にも
合う!





by Taseirap | 2019-12-17 07:30 | 島根県 | Comments(0)

『雫 別邸』

前回は苦戦して 撃沈した仕事が
次は そこそこできました。
わーい。
かすかすになって帰宅。
夕方7時から寝ました。
10時に目が覚めて、ふと思い出して
『あっ、アレできてなかった!』

完璧は遠いな~。
課題がまた増えましたが、
全体のレベルは上がりました。
たぶん。

とりあえず、お祝いしましょう。
平日の忘年会、第3段。
予約できた『雫 別邸』に 主人と出かけました。

『雫 別邸』_c0325278_08154918.jpg

『雫 別邸』_c0325278_08164459.jpg

なにから 行きましょうか。

『雫 別邸』_c0325278_08173878.jpg

『雫 別邸』_c0325278_08180159.jpg

『雫 別邸』_c0325278_08181842.jpg

『雫 別邸』_c0325278_08183836.jpg

『雫 別邸』_c0325278_08185402.jpg

そして、鯵(1尾)のお造り。
桜を飾って登場。

『雫 別邸』_c0325278_08123806.jpg

カワハギの煮付け。

『雫 別邸』_c0325278_08141877.jpg


大満足。
ふたりで21500円。
きゃー。

鯵グラム13円にやられたか?
カワハギ15円の方か?
大吟醸か?
理由が多過ぎて分かりません。
(明細もないし…。)
結論は、
息子を連れて来なくて助かった!
魚が好きなので、お代が倍になります。

2019年の厄落とし。
お疲れさま。
お互いよくがんばりました。
(ということに しておこう。)


by Taseirap | 2019-12-13 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

ホットワイン

冬といえば ホットワイン。

ホットワイン_c0325278_08522631.jpg

ホットワイン_c0325278_08525506.jpg

立ち飲みで 300円でした。
赤と白がありましたよ。

ホットワイン_c0325278_08543277.jpg
シュテルンターラー グリューワイン


自分であれこれ入れなくても、温めるだけで
出来上がり。
楽ですね。
味もそこそこでした。
(ホットワインとサングリアの採点は
厳しいですのよ。)

大和屋酒舗の『タシナミバー』で。

ホットワイン_c0325278_08580692.jpg



by Taseirap | 2019-12-10 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

予約しないとダメですか

広島駅周辺で主人と忘年会を。
気になっていたところへ寄ると
予約でいっぱい!


残念です。
1階の産直は7時まで。


予約しないとダメですか_c0325278_08081319.jpg

予約しないとダメですか_c0325278_08083450.jpg

ひたすら よさそうです。

あきらめて、次に。
近くの2階に上がる炭火串焼き。
いっぱい。
ううう。

息子②は今頃『正弁丹吾』でフグを食べている。
お昼のランチなら、3800円でふぐ御膳が
あるけれど、夜はいくらだろう?
あの子、お金大丈夫かな。
「友だちが来た時のために、
実家の羽毛布団を1枚くれ。」
と言うくらいだから
しっかりはしているだろう。

自分で買いなさい。

ーと、考えるうちに エキニシに着きました。

『Sunny day beer(サニー デイ ビア)』に
ギリギリ入れました。
ハートランドビールが沁みる。
年末は 予約しないとダメですね。

布団の話を主人にすると
「いるんなら 何枚でも やりゃぁえ~じゃろ。」
甘い。
じゃあ、パパのお布団をあげますわ。





by Taseirap | 2019-12-04 07:30 | Hiroshima | Comments(0)

奥出雲にはまる

夏の間は、暑くていつの間にか投げていた
抱き枕用のペンギンのぬいぐるみが
ちょうど良い季節になりました。
毛布から普通の掛け布団に替わり、日暮れも早いです。
風邪も流行しているようです。
そうこうするうちに、また
あっという間に年の瀬でしょうか。
なにもかもが早く感じられますよ。

主人がすっかり奥出雲を好きになり、
一人でも出掛けています。
亀嵩温泉 玉峰山荘のお湯も
最高だったそうで、話を聞くうち
雪が降る前に 泊まりに行きたくなりました。

お土産は、高野の道の駅のりんご(紅玉)と大根。
奥出雲酒造の日本酒。
日本酒は、亀嵩温泉のすぐ近くの
『道の駅 酒蔵 奥出雲交流館』で購入。
こちらは、全国でも珍しい酒蔵の運営する道の駅。
バスで外国人がたくさん来られていたみたい。
試飲もできるから、大人気(だったらしい)。
とても混んでいたそうです。





奥出雲にはまる_c0325278_18204515.jpg

私も ついて行けば良かったかなぁ。
ま、いいか。
『純米酒 奥出雲』と
『奥出雲のすっきりじゅーしー 辛口原酒』を
いただきます。




by Taseirap | 2019-11-22 07:30 | 島根県 | Comments(0)

地酒『七冠馬(ななかんば)』

インフルエンザ注射の翌日。
なーんか、ちょっとめまいがする。
気のせいくらいの強さだけど。
肩こりも首こりもします。
効いているのでしょう。
今日はのんびり過ごしたいけれど、
そうもいきません。
えーん。

さてさて。
『そろばんと工芸の館』の隣に、地酒のお店がありました。

地酒『七冠馬(ななかんば)』_c0325278_12145751.jpg

人気のお酒を伺うと、
「ひかみの『ななかんば』ですね。」


簸上(ひかみ)は、ちょっと読めない、書けない。
簸は、竹かんむりに、其(それ)と皮。
簸(ひ)るとは、箕(み)で穀物をふるって
くずを取り去ることだそうです。
ほぉ。
(これは、先に箕(み)の字があって、
“ひる”という意味と音の“ヒ”のために
『皮』を足して書いたのではなかろうか?
なんて、全くの推測。)

七冠の馬というと、シンボリルドルフ号。
牧場主と蔵元が縁続きになられた際に作ったお酒だそうです。
冷蔵庫には、7の数字のデザインラベルのがありました。


地酒『七冠馬(ななかんば)』_c0325278_12135772.jpg

味わいは、すっきり まろやか。
辛口。

地酒『七冠馬(ななかんば)』_c0325278_12154389.jpg
純米酒 ひやおろし


でも、日本酒の甘さはある。
米と水の甘さ。

大吟醸好きな自分のために
『大吟醸玉鋼(たまはがね)』もゲットしましたよ。
貧乏なので 小瓶で。


地酒『七冠馬(ななかんば)』_c0325278_20334376.jpg

充実の奥出雲。


by Taseirap | 2019-11-08 07:30 | 島根県 | Comments(0)

カフェ?『青冥 (チンミン)堂島本店』

さあ、おしゃれなカフェへ。
「ちょっと行ってみたいところがある。近くだから。」
ま、良いけど。
「ここの辺だ。」
リーガロイヤルホテル大阪ですか?
やるね、父ちゃん!
ハロウィンのスイーツビュッフェですか?
女心 わかってる~。

建物を 通りすぎ…。
なんで通りすぎるの?
「ここだ。」

カフェ?『青冥 (チンミン)堂島本店』_c0325278_16373444.jpg
チンミン


希望は 最終日まで中華でした。
カフェは?

コスパの良いランチですね。
おいしいです。
でも、カフェはどこへ消えたの?

この人は、
「おやつをご飯にするのは いけんよ。」
と常々言う人で
パンケーキやスコーンは おやつに入るらしい。
サンドイッチなどのアフタヌーンティー系のものも
おやつ。
朝ごはんになら 良いらしい。
なんのこっちゃ?

子どもの頃の次男は、パスタなどの麺類を 晩御飯にするのが嫌い。
「麺はお昼に食べるの!夜は食べないの。」
と言うので、ひとり分のオムライスを作ると ご満悦。
長男は、何も文句は言わないけれど、
朝ごはんメニューの固定を無意識に嫌がる様子。
毎朝 変えると、喜んで食べていた。

クセのある人たち。



カフェ?『青冥 (チンミン)堂島本店』_c0325278_16380704.jpg
3種のメインを楽しめるランチ(1050円)


カフェ?『青冥 (チンミン)堂島本店』_c0325278_16382416.jpg
担々麺と麻婆豆腐丼のランチ






それから 歩いて大阪駅まで。
大阪駅前第3ビル。
主人は ここでも気になるお店があるそうです。
第3だけでなく、第1から第4まで興味があるみたい。



カフェ?『青冥 (チンミン)堂島本店』_c0325278_16393353.jpg

カフェ?『青冥 (チンミン)堂島本店』_c0325278_16395470.jpg

では、お互いに自由時間にします。
新幹線で会いましょう。
解放されて、主人はいきいき去って行きました。
たぶん100円ビール?を飲みに行くのでしょう。
私もスイーツに向かいますよ。
大阪自由第1。



12日分も かような旅にお付き合いいただき
ありがとうございました。


by Taseirap | 2019-11-05 07:30 | 大阪府 | Comments(0)

『大阪焼トンセンター』

陶器市で死んだような目をしていた主人に
そろそろ酸素をあげましょう。
「大阪に行こうか?」
「よし!」

念願の『黒門市場』の側のホテルにチェックイン。
周囲はアジア系外国人ばかり。
京都とは 雰囲気が少し違う。

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11132477.jpg

街に出ると、ますます外国人多い。
韓国からの訪問者が減ったと聞くけれど、
どこのお国でしょうか。
このグループのおじさんたちは …
耳を澄ませば、大阪弁。
もう、なに人でもかまへんわ~。
外見で判断できないし、言葉も聞き取れない。
日本に帰ってすぐは、電車の中の女子高生の広島弁も
聞き取れなかった私。
語学 激弱です。

主人のセレクト『大阪焼トンセンター』は、立ち飲みです。

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11140536.jpg

グイグイ行きますよ!

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11152011.jpg

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11160696.jpg

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11144245.jpg

席の名前は「テレビさん」です。

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11163557.jpg

テレビは向こう天井にありますが、以前は
ここにあったのでしょうか?

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11170974.jpg

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11174694.jpg

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11181664.jpg

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11220635.jpg

あのつり革を掴みたくなったら、帰りましょう。
目安ね。

『大阪焼トンセンター』_c0325278_11231287.jpg

まだ 大丈夫。
ぜーんぜん大丈夫。




by Taseirap | 2019-11-02 07:30 | 大阪府 | Comments(0)

メキシコと日本の暮らし


by Taseirap
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る